DSCF1685.jpg

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の国へ。 - 2018.03.09 Fri

DSCF4685.jpg

サリタシュの忘れられない凍てつく寒い日。  




▼PLACE:【Kyrgyz】Karakol⇒Bishkek⇒SaryTash

キルギス・カラコル編 『カラコルの日曜とイシク・クル湖』 からの続き。をしれっと再開。


可愛らしい町・カラコルを出発し、一度ビシュケクへと戻る。
そしてこの旅で最後の国になる中国へ向けて移動開始。

国をまたぐ最後の大移動は簡単には終わらせてくれないなかなかの険しさで
ハードな道のりなのでした。

DSC01780.jpg

この日の目的地はサリタシュ。
タジキスタンや中国の国境に近い町。

まずはビシュケクからオシュヘ。
ここの路線は陸路とほとんど金額変わらないからLCCのペガサス航空でピューンと。
オシュからは乗り合いバスでサリタシュへと。

DSC01781_20180305233931969.jpg

オシュの乗り合いバスターミナル。

一応下調べはしてきてるけど、このあたりの交通事情がなんせアバウトで...。
しかも冬のオフシーズンで雪で山道が閉ざされてる可能性もありというあやふやな情報のまま来てしまった身。

まずオシュのバス乗り場を探すのにてこずったうえ
サリタシュ方面へ行く乗り合いを探すのにまた一苦労。

DSCF4670.jpg

その日サリタシュ方面へ行く1本しかないという乗り合いバスをなんとか見つけ確保。

バス乗り場は物乞いも多くて治安はあまりよくなさそうで一刻も早く出発したいけど、
バスが一便しかなくてかなり待つことに。

日が暮れるまでにサリタシュにたどり着けることを祈りながら、車窓からののどかな景色を何時間も眺める。

DSC01784.jpg

いい景色~って眺めてたはずが、いつのまにやら真っ白の世界に。
えっ聞いてないw

DSCF4675.jpg

サリタシュに着いたぞ、と降ろされた場所は唖然とするほど何もなく
想像してなかった雪国の出現にただただ戸惑う我々。

DSCF4677.jpg

さ、さ、さ、さ、寒し!
サリタシュ実は標高3,000メートル越え。

雪と泥でべちょべちょの地面に転がるはずもないキャリーケース(お土産運搬用)を引きずり歩く。

DSCF4679.jpg

牛も寒そう。

この時非常にドキドキしていた。もちろんときめきのほうじゃなく怯えのほうのドキドキ。
今日の寝床を確保せねばというミッションに。

DSCF4681.jpg

下調べしたのは

“有料のホームステイや民宿が数件ある。
ただし、冬場は、一部の宿しか開いていない。

という情報。
この雪の中、宿がなければ終わったなという恐怖と寒さでブルブル。

しばらく歩くと民宿を発見。
も、扉を叩くも誰も出てこず...しばらくあきらめず誰か出てきて~って呼び続けた寒空の下。

DSCF4686.jpg

なんとかこの日の寝床を無事確保に成功。

寝床があるだけで十分。
たとえ暖房器具が壊れかけの戦力にならないホットカーペットのみだったとしても。

夜通しどう頑張っても暖かくならなくて心折れた。
だって部屋の中にいるはずなのに気温は氷点下。
吐く息も白くて寒くて寝れないんですもの。。

DSCF4687.jpg

夜明け。
朝になって日が昇れば少しは暖かくなるかなぁという願いは叶わない。

この日は国境を越えて中国入りし、目的地のカシュガルへたどり着くこと。
ここから国境までの公共の交通手段はないに等しく、国境方面へ行く車をヒッチハイクする方法だけ。

DSCF4689.jpg

車を見つけるために早朝に宿を出発し、通りに出陣。
が、一台も車が見当たらないw

DSCF4693.jpg

通りすがるのはロバのみ。

DSCF4697.jpg

ロバを尾行するも解決策が見つかるあてもなく

DSCF4692_20180307002011452.jpg

ただ途方に暮れる。

DSCF4691.jpg

状況変わらず数時間経過。

数台だけ通るトラックがいたけど、荷物大量で乗れるところなし・・・
トラックが簡単にヒッチ出来ると聞いていたけど、冬の時期はほとんどないみたい。

....失敗。


ガソリンスタンド前でさらに数時間ねばったけど乗せてくれる車が見つからず、
スタンドにいたおじさんにタクシー交渉してなんとか国境へ。

DSCF4700_201803081536318af.jpg

ようやく国境に向けて移動開始。

DSCF4702.jpg

すごい雪でまばゆい。
そして運転が怖いw どうか滑らないでくれ。

DSCF4703.jpg

モフモフ横断。
もちろんモフモフ優先。

DSC01795.jpg

後進国あるある。
たいていフロントガラスはヒビ割れている。
そしてちっとも気にしない。

DSC01800.jpg

サクッとキルギス出国手続きをして、中国国境①で荷物チェック。
念入りにいろいろ、開けられる。
ねっとりしつこく長い嫌な時間。

やっと解放されたと思ったら、検査官に渡したパスポートが返ってこない。
タクシー運転手が決まったら返してくれるというけど、検査官とタクシー運転手がグルになってボッタくってくる。

全然、思ってた金額と違う。。
かなり粘って、100歩譲って妥協出来る金額に。

中国国境②(入国管理)へ
中国国境①と②はキルギスとの緩衝地帯でかなり距離がある。
途中、お昼をとったり入国側のお昼時間で国境が開くまで数時間足止めくったり....。

中国国境②で無事入国手続き終了!
も、ここからもまた同じ感じで、人も車もほぼいないし移動の選択肢がない。

国境越えてくる人がいないか長らくねばって待って、中国の方と4人で1台をシェア。
それでも思ってたよりも高いタクシーでカシュガルへ。

DSCF4710.jpg

そして、ようやくカシュガル到着!

朝早く出たのに、結局カシュガルに着いたのは夜。
大変な国境でした。

DSCF4713_20180308161936e57.jpg

カシュガルはイスラムっぽくて中国感はまだ全然なくて中央アジアの延長という感じだけど、
雰囲気のある町でなかなかいい。

DSCF4714_20180308161937fef.jpg

1日ががりの移動で体力的にも精神的にもハードな移動に疲れたこの日。
とにかく腹ごしらえ。

夜市にわくわく。

DSCF4717.jpg

めぐりめぐってようやくこの旅最後の国にやってきた。
日本はもうお隣。

楽しみにしてた中央アジア旅も終わって、
失礼ながら正直中国はサラッと流すくらいにしか考えてなかったし

最後の国かぁってしんみりするかと思いきや、
カシュガルのステキさに心躍る*

旅はあと少しだけ続く。




スポンサーサイト

写真整理③2017 特別な夏と秋から冬へ。 - 2018.02.25 Sun


2017年の写真たちを振り返る。その3。


July

大野山の紫陽花を見に。

DSCF0569_20180205234000656.jpg

青と紫のあじさいがわさわさ。
好きな色合いですな。

DSCF0593.jpg

そろそろ臨月な頃。

それまでは友達に会ってもお腹そんなに目立たないね~って言われてたけど、そろそろお腹もポンポコリン。
お腹重くて山道&坂道が牛歩の歩み。

DSCF0572_20180205234001b95.jpg

キレイなあじさいに癒された*

DSCF0584.jpg




August

8月1日。
拓ちゃんの誕生日。

DSC03494.jpg

焼いた土台のタルト軽く欠けたし
カスタードクリーム少々もっさりなったかもやし
4の下部分ぽっきり骨折してしまったけど

Happy Birthday*

DSCF0641_20180205235412151.jpg

味は美味しかったのでヨシってことにしておこう。
パン作りもお菓子作りも時間はかかるけど食べるのは一瞬というはかなさよ。




8月18日
息子誕生。

DSCF0687_20180208131836b1d.jpg

WELCOME TO NEW WORLD *

自分が母になるという実感もイメージもあまりなく
お腹の中の神秘的な存在にフワフワそわそわしてたけど

産声を聞いて初めて抱っこしたとき
やわらかくて、温かくて。小さいんだけどその重みを実感。

初めましてなんだけどずっと前から知ってるような不思議な存在で。

息子よ、お誕生日おめでとう。


DSC03549.jpg

安産とは言い難い想像以上の肉体の崩壊具合にヨロヨロだったけど、
入院中のごはんの美味しさに癒された。

病院で予約してた産後のご褒美のお祝いディナーおいしかったなぁ。



October

マルシェに出店。
コーヒー豆で看板つくってみる。

DSCF0879.jpg

絶賛大雨でしたけどw

雨のせいでテント張り&荷物搬入やらに手間がかかった。
生後間もない赤子連れのやることではないw

DSCF0894.jpg

木で作った雑貨とか家具とか旅のポストカードやらを販売してみる。

DSCF0899_20180208135436ce6.jpg

DSC03760.jpg

新たな試みで楽しかったけど、ずぶ濡れのテントの撤収のややこしさよ。



November

DSCF1011_20180210100926f4f.jpg

里山の秋。

DSCF1068.jpg

毎日色づいてゆく山の色がとても美しいこの季節。

DSCF1152.jpg

まだ生後2ヵ月半くらいの小さなこびとさん。
遠出はまだハードル高しなので秋は近場でお出かけ。

DSC03860.jpg

ワサワサの茅葺屋根を見たり

DSC03883.jpg

池を眺めたり

DSCF1006.jpg

薪窯のパン屋さん行ったり。

DSCF1061_201802082348235b2.jpg

色とりどりの山と秋の涼やかな空気が気持ち良い。


実家に帰った時に見た地元の紅葉。
鮮やかな赤。

DSCF1103_201802082348400e0.jpg

秋が好きなのは木々の彩りと、何より大好物の栗とキノコのシーズンだからに違いない。
モンブラン...ララン♪



December

冬の訪れ。
部屋のインテリアにも冬っぽくふわふわのコットンフラワーが仲間入り。

DSCF1368_20180212231715091.jpg

寒いけど冬の朝のシャンとした空気がとても心地良くてなんか好き。

DSCF1182.jpg

またひとつ年を重ねる。
Happy Birthday to me *

DSCF1167_20180212231713378.jpg

エスコヤマの小山ロールとモンブランと実家から届いたデリチュースのホールケーキに囲まれて
ケーキ祭り!も、私も赤子も絶賛風邪でダウン中で共倒れw


そうこうしてる間にあっという間にクリスマスが近づいてきて

DSCF1283.jpg

我が家もクリスマス気分。

DSCF1236_20180212233804673.jpg

Merry Christmas*
帽子をかぶらされたコビトとトナカイ気取りのラクダと。

DSC04096.jpg

年末は大掃除してスッキリ。
どこもお正月の買い出しで混んでるし、お家でゆるりと過ごす2017年の年の瀬。

DSCF1317.jpg

前年予約せずに買えなかった近所の十割そば今年こそは買えたし
ふるさと納税で届いたホタテと毛ガニで海鮮祭りもしたし
満足の年末。



ただごはんを食べるってことも
ちょっとした買い物もお出かけも旅行も
2人だけの時より格段にハードルは上がったけど

お腹の中のコビトとの一心同体の日々も
息子が産まれた特別な夏の日のことも
そこから始まった3人での新生活も
何気ない毎日も

2017年は思い出深い一年になったなぁと思う。






写真整理②2017  新緑。からのアウトドアな初夏 - 2018.01.27 Sat


2017年の写真整理つづき。


May

新緑が綺麗な季節。

近くの棚田ウォーキングへ。
田園風景と山の緑が清々しい。

DSC03332.jpg

DSC03336.jpg

近くの道の駅に野菜買いに行ったり、散歩しに行ったり。
暖かくなってきたし外を歩くのが気持ち良い時期。

DSC03326.jpg


篠山へ器探しの旅へ。
この時期は窯に火を入れて焼くのが見学できたから窯巡り。

DSCF0145.jpg



大野山でデイキャンプ。

町内にありながら山景色も良くて、しかも無料で泊りのキャンプもOKなありがたい場所。
標高が高くて空気が澄んでるから星空がめちゃキレイに見えるってことで度々行くところ。

DSCF0196.jpg

上空から迫りくるトンビ?らしき大きな鳥と必死の攻防を繰り広げながら
なんとか死守して食べ切ったBBQ。

DSCF0164.jpg


可愛い丸っこい屋根の天文台(アストロピア)が見えるここからの眺めがお気に入り。
サザエさんのオープニングの兵庫県版にも登場してた場所ω

DSCF0185_2018012211223054e.jpg



LOHAS FESTA @万博記念公園

DSCF0201_20180122114210540.jpg

雑貨屋とかコーヒーショップとか屋台とか色々。
出店多すぎて見切れぬほど。

DSCF0224.jpg

久々の地元。万博公園。
太陽の塔に挨拶して、お弁当持ってピクニックして、ロハス立ち寄ってのんびり。

DSCF0228_2018012211421360a.jpg

アンデス音楽ライブを聞いて愛しい南米の思い出に浸るのでした。



PAN LOVE @篠山
パン好きのためのパンのおまつり*

DSCF0260_2018012211485707c.jpg

好きなパン屋さんやら行ってみたかったパン屋さんがズラリ出店。
朝早く出発して並んだけど、それでも人気のイベントであっという間にパン完売。

DSCF0256.jpg

天然酵母のもっちりずっしりしたパン。ハード系のこんがりパリっとしたパン。
色々食べれて至福のひととき。

DSCF0272.jpg

安静期間の反動からか安定期に入ってからは外に出かけられるのがうれしくて。
やたらと野外イベントへ繰り出す我々w




June

琵琶湖へキャンプ旅。


予定日まで2ヵ月ちょっと。

臨月に入るといつ生まれるかわからんし、なかなか遠出できなくなるから
その前にキャンプへ行っておくことに。

DSCF0502.jpg

山だと朝晩冷えて寒くてまた体冷やすとよろしくないので
せめて湖へ。

DSCF0483.jpg

風が強くてコンロの火つけるのもテントたてるのも大変やったけど、
湖沿いのサイトは眺めも良くてのんびり。

DSCF0314_20180127104217d0e.jpg


琵琶湖をキャンプしながら数日で湖を一周もどき(半周?)してみた。

ラ・コリーナ  @近江八幡
DSCF0292.jpg

建築家・藤森照信さん設計のステキな草屋根。



J’oublie le temps(ジュブリルタン) @彦根
DSCF0363.jpg

ジュブリルタンでモーニング。
琵琶湖のほとりで優雅な朝時間。焼きたてパン食べ放題のしあわせを味わう*



黒壁スクエア @長浜
DSCF0375_20180127110022d37.jpg

長浜市旧市街さんぽ。
伝統的建造物がレトロで趣ある通り。


メタセコイヤ並木 @高島
DSCF0409_20180127110024280.jpg

滋賀ってことを一瞬忘れる海外にありそうな風景。
路肩には車が途切れるその一瞬を待ち構える人々。


などなど。


湖のほとりでのんびり休憩をはさみつつ
色々立ち寄りながらぐるりしてきました。

DSCF0223.jpg

夜明け頃、テントをモゾモゾ出てサンライズ。
神々しい朝日を拝む。

DSCF0453.jpg

湖を見ながらの気持ち良い朝。

DSCF0326.jpg

外で淹れたてのほっこり温かなコーヒーを飲むのがキャンプのささやかな楽しみ。

DSCF0339.jpg

2人旅行もこれで最後?というわけじゃないけど、しばらくはお休みかなぁとしみじみ。

残り少しになってきた気ままな2人時間を過ごしながら
お腹の中でもにょもにょポコポコ動く不思議で愛しい存在との時間を楽しんだ琵琶湖旅行でした。

DSCF0521.jpg

クラブハリエのバームクーヘンもちゃっかり買って帰宅ω







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (332)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*キルギス (4)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (8)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。