DSCF1685.jpg

2017-11

カラコルの日曜日とイシク・クル湖。 - 2017.11.15 Wed

DSCF4557_2017111313534884b.jpg

カラコルの日曜の朝。  



▼PLACE:【Kyrgyz】Karakol

カラコルの日曜の朝は少し慌ただしい。
日曜の早朝のみ開かれるアニマルマーケットがあるから。

DSCF4570.jpg

カラコルの町の中心辺りからマルシュに乗ってほどなく行った所
どんどん増える車の量。

いつのまにやら大渋滞。
進めないほどに。

DSCF4522.jpg

積み上げられた牧草を乗せた車がわんさか出現。

荷台の牧草のてっぺんに座るお兄さん。
いいな~その場所。一度座ってみたい(ΦωΦ)

DSCF4523_20171113140208726.jpg

会場に近づくにつれて増す人々の熱気。
と、ますます強まるなんらかの動物臭w

DSCF4579_20171113140237aa6.jpg

そう、ここはアニマルマーケット。
しかも世界第2位の規模を誇る巨大な動物マーケット!

DSCF4533_20171113141356b5a.jpg

育てた動物を売りに来てる人たちと商売に使う動物を買いに来た人たち。
そして、大量の羊たちでごった返す会場はなんとも言えない雰囲気。

DSCF4540.jpg

あっちにもこっちにもモフモフたちω

DSCF4535.jpg

も。
羊が一番見たけど他にも牛やらいろんな動物が。

DSCF4542_201711131414010d7.jpg

売り手も買い手も真剣そのもの。
至る所で気に入った子を見定めては必至の料金交渉が繰り広げられておりました。

DSCF4558_20171113141421f5f.jpg

日曜の朝、ちょっと市場に野菜を買いに...というノリで
ここでは日曜の朝ちょっと市場に動物を買いに...という日常。

当たり前だけどその土地にはその土地の暮らしがあるのですな。

DSCF4568.jpg

リアルなドナドナの世界。

"ヴェ~~"と鳴きながら引っ張られて連れていかれる動物たちの姿は...どこかせつない。
可愛そうだけど誰だって肉や魚も食べるし、普段目にしてないだけで生きるということはそういうこと。

DSCF4534_20171113141357bea.jpg

熱気立ち込める朝のアニマルマーケットは
少し複雑な気持ちになったけど良い社会勉強になった場所。

現地語がわからないから聞けなかったけど、羊1匹いくらくらいで取引されてるんだろうかω



カラコル滞在中に行っておきたかった場所がもうひとつ。
イシク・クル湖へ。

DSCF4605.jpg

カラコルの町からマルシュに乗り込んで約1時間。
町を離れて車は大自然の道を進み湖へ。

DSCF4644.jpg

周りには雪が覆ったカッコイイ雄大な山々・天山山脈。
そんな山々を背景に広がる大きくて美しい湖。

DSCF4616.jpg

緑の草原やユルタでのキャンプも山のトレッキングも真冬でできなかったけど
せっかくキルギスに来たからせめて湖だけでも味わっておこう(ΦωΦ)

DSCF4612.jpg

透明感...!
近くで見るとすごく透き通ってた。



先客。
放牧中のモフモフたち。

DSCF4627_20171114134929791.jpg

良い景色と良い天候のもとで日向ぼっこして
みな気持ち良さげ。

DSCF4629.jpg

DSCF4639.jpg

モフモフの毛皮、天日干し中。

DSCF4633.jpg

冬でも凍らない湖・イシククル湖。
蒼く美しい場所でした。とても。

DSCF4635_201711141349356ca.jpg

キルギスの大自然はどこかとても癒される。
良いところだなぁ







スポンサーサイト

カラコルでほのぼの。 - 2017.11.02 Thu

DSCF4501.jpg

カフェ(Karakol Coffee)の看板にゃんこ  @カラコル



▼PLACE:【Kyrgyz】Bishkek⇒Karakol

都会なビシュケクを出発し、
次はのどかな高原都市カラコルへとやってきた。

ビシュケクからカラコルへはマルシュで約7時間。350ソムなり。

DSC01709.jpg

カラコルっていう町の名前が可愛い響き。
ここはそんな名前にぴったりの町だった。

ほのぼのした空気が漂う。

DSCF4479.jpg

カラコルに並ぶ家は可愛らしい。

DSCF4601.jpg

ステキな窓の家が多め。
水色の出窓がとっても好み。

DSCF4512.jpg

小川が流れていて
後ろにそびえる雪山が雄大。

DSCF4519.jpg

歩いていると自転車感覚で普通に馬に乗っている人に出くわす。
ほのぼの。


そんなカラコル
の町をてくてくウロウロ歩き回る。
カラコルさんぽ。



市場
カラフルな野菜や果物がズラリ。

DSC01738.jpg



パン屋さん
小ぶりな食パンがズラリ。

DSC01734.jpg



教会
とんがり屋根のロシアっぽい玉ねぎスタイル。

DSCF4490_20171102153538947.jpg



薬局
看板がめがねヒゲおじさん。

DSCF4491.jpg



ワニ(?)
珍妙なオブジェw

DSCF4488.jpg

目をひくものが度々出現するから町歩きが楽しい。
雪でぐちょぐちょでめっちゃ歩きにくいけども。

写真に写りこんでいる大量の雪を見ればお察しの通り....真冬のカラコル。
ベストシーズンが夏って...知ってる?w

緑豊かな草原も
大自然の中でのゲルやユルトでのキャンプも
山へのトレッキングも

どれもやってなかったよ(ΦωΦ)ガーン
雪でどれもこれもシーズンオフですって。



そんな悲しみに暮れる中に見つけたささやかな出会い。
カフェ“Karakol Coffee”の看板にゃんこ。

DSCF4494.jpg

偶然お店の前を通り過ぎた時、カフェの窓際にちょこんと座るにゃんこと目があいまして...
迷わず入るよね。

DSCF4496_20171102155351442.jpg

定位置は窓際。
業務は招き猫。客引きなど。

人懐っこくて、柔らかくてフワフワ。

DSC01779.jpg

そりゃ通うよね。
毎日毎日Karakol Coffeeでネコとカフェω

DSC01721_20171102155348df3.jpg


もう一軒の行きつけの食堂。
こことKarakol Coffeeの往復がルーティン。

DSC01747_2017110215534960b.jpg

いつも地元の人で混んでるお店。他のお店でも食べたけどここのラグマンうまし!
今でも時たま思い出して無性に食べたくなるのです。


カラコルのお宿。
Riverside Guesthouse


DSCF4598.jpg

居心地よくて当初の予定よりも延泊。

しばらくここに泊まりながらカラコルでのんびりしてました。
シーズンオフの恩恵を受けまくり、ほぼ貸し切り状態。

DSCF4520_20171102160831551.jpg

宿のダイニングスペースで温かい飲み物淹れながら
窓から見える雪山に染まる夕日を眺める時間が好きでした。

朝ごはん付き。
キルギス名物の白いハチミツも◎

DSCF4653_20171102160836a15.jpg




カラコルのお買い物*

民芸品店で鍋敷き・ポーチ・アイマスク。

DSCF4600.jpg


フェルトのラクダとマット×2。
メイン通りのお店とKarakol Coffeeでも一部売ってたけど、これは無印×JICAとのコラボ商品。

DSC01775.jpg

日本でもFound MUJIで買えるらしい。(今もあるかは不明)
日本の無印で買うとカラコルで買う何倍も高いけどw

マットとかもっと買えばよかった~
今家で使ってるけど気に入っててもっと欲しい一品。

現地のお店には他にも商品もっと種類いっぱいあったし、
また買い物しにカラコルに行きたい。


次は地面が見えてて緑に覆われてて
雪に覆いつくされてなくて
山登りとかゲル宿泊できる季節に!w
きっと。


民族帽子が可愛い国・キルギス - 2017.10.27 Fri

DSC01696.jpg

キルギスのおじさまは長いフェルト帽が定番   @ビシュケク



▼PLACE【Kazakhstan】 Shymkent⇒【Kyrgyz】Bishkek

カザフスタンの次はキルギスへ。

カザフのシムケントを夕方18:30発のバスに乗って一晩の移動。
国境を越えて、AM5:00頃にキルギスの首都・ビシュケクに到着。

DSCF4433_20171027163236e23.jpg

早朝のバスターミナルは閑散としていて真っ暗でとても寒い。
寒さをしのぐため、ターミナルの喫茶店に避難。

コーヒー一杯で明るくなるまでねばる。
後ろの店主は眠くてやる気なしw ひたすら寝倒しておられました。

DSCF4435.jpg

キルギスの首都・ビシュケク。

キルギスのおっちゃんたちは写真の人みたいな高さのあるフェルト帽がトレードマーク。
カルパックという名の伝統的なフェルト帽。

DSCF4453.jpg

キルギスで一番大きな市場・オシュバザール

広い。ウロウロしきれないほどに。
あれやこれや積みあがってて何でも売ってる。

DSCF4454.jpg

キルギスのナン。
ちょっと分厚めタイプ。

DSCF4448.jpg

こんがり焼けた焼き色がキレイ。
フチの形が可愛い*

DSCF4458.jpg

日用品から食料なんでもあります。ごちゃごちゃ。
キルギス帽のすぐ隣にカボチャという謎の斬新な陳列w

DSCF4451_20171027175629373.jpg

ドライフルーツも種類豊富。

DSCF4452.jpg

グルグル見て回って冬の中央アジア旅を乗り切るべく
アンゴラのあったかソックスを購入。


キルギスごはん*

DSCF4443_2017102717562689b.jpg

近隣の中央アジアで食べたものとそんなには変わらず。
ラグマン、プロフにナンとか。

普通に美味しい◎

DSCF4465.jpg

ビシュケクでの我々の憩いの場所・SIERRA coffee

意外とモダンなおしゃれカフェ。
中央アジアってことを忘れる空間。

DSCF4462.jpg

お店のロゴ入りのグッズが可愛くて、コースターやら買ってしまう。
山にキルギス帽かぶったおじさんの柄がステキでした。


キルギスに来て思ったこと。
雑貨が可愛い(ΦωΦ)

好みのフェルト製品が多くて大量購入の予感がうずうず。
ネパールのフェルト小物も可愛いけど、またそれとは違ったシルクロード感をプラスした装いがツボ。

雑貨屋さんめぐり&ツム百貨店の民芸品コーナーを何度もウロつくのでありました。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (331)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*キルギス (3)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム