DSCF1685.jpg

2019-09

世界一周! - 2019.05.06 Mon

DSC01971.jpg

最後の目的地⇒JAPAN へ !! @上海


▼PLACE:【中国】蘭州⇒上海

蘭州からフライトでピューンと一気に移動。
この旅最後の街・上海へ。

人人人まみれの都会にうもれる。
さて私(拓ちゃん)はどこでしょうクイズ。

DSCF5303.jpg

見つかった?中国の人の多さに驚愕。

中国では自分は1/13億
そして世界では1/70億 という存在。

70億人...果てしない数。
色んな国があって色んな人がいて異なる文化があって、それぞれの価値観があって。

世界をウロウロしてきて、まだまだほんの一部だけど
そんな世界のイロイロを感じられたことは私にはとても有意義な時間だったと思う。

DSCF5270.jpg

上海さんぽ。
小籠包の食べ歩きに夢中。

DSCF5276_201905011114003ed.jpg

小籠包とタピオカミルクティーさえ食べれば上海はそれで満足。
旅の最後に上海で働く友人・あすみちゃんに会えたのも楽しい時間でした。

DSCF5287.jpg

夕暮れ時から夜にかけての外灘はキレイ。

DSCF5294.jpg

川沿いをてくてく外灘さんぽ。
旅の最後の夜。

DSCF5315.jpg

長かったようであっという間のような847日間。

思い残すことはないくらいに満喫した。
さぁ日本へ帰ろう。


帰国した当時に書いた記事はこちら★
↓↓
帰国しました!
約3年越しでやっとやっとここにつながった~

DSCF5329.jpg

2016年3月13日 帰国

大阪でも東京でもなく謎に香川。
うどん食べたかっただけ。

DSCF5333_20190501111603ff5.jpg

香川チョイスのもうひとつのワケ。

付き合い始めた当初初めての旅行が直島旅だったから。
2人旅の原点かな。

その頃からすでに2人で世界旅を計画してたのが懐かしい。
ホントにあの頃話してた場所に行ってきて、再びここに帰ってきたと思うと感慨深し。



Before
2013年11月17日 @成田空港
narita1.jpg



After
2016年3月13日 @香川空港
DSC01986.jpg


29歳から32歳になっただけ。(年齢に深みが増したともいう)
所持品がボロくなっただけ。(使い込んで味が出たともいう)
ますます日焼けしただけw

そんなに大きなことを成し遂げたわけでもないし
大きく人生観が変わった!とかいうわけでもなく
ただただ毎日を楽しんだだけ。
それだけで充分。


でも不思議と旅が終わっても、「楽しかった非日常」で終わってしまうのではなくて
その先の日常の暮らしの中でも繋がっていくような。

旅する時間が教えてくれた
自然の豊かさや
モノやお金や時間の使い方や
心地良さの基準とか
そんな私たち2人ならではのスタンダードを築くことができたのが一番の収穫かな。




結婚した20代最後の年に2人で仕事を辞めて日本での生活から離れ、
世界一周というひとつの選択肢をチョイスした私たち。


夫婦として歩んでいく長い人生の始まりが世界一周からっていうのは
我ながらステキな選択だったと自信を持って言える。


きっと年を重ねても何年経っても私たちの人生に彩を添えてくれるような
特別で大切な847日間の世界旅 。

DSCF5331_20190501111601b47.jpg

世界一周コンプリート!!











かなり放置していつ終わるのか終わらないのか謎のこのブログだったけど、
自分の中では平成時代のハイライトだったこの旅を平成が終わる一区切りとして書き切ってみました。
これにて旅のブログもコンプリート!


平成が終わり新しい令和の時代がスタート。
次の時代をどんな風に生きていくのかなぁ




やっぱり私は旅が好きで異国の地が好きだから人生を通じてまた色んな所へ行きたいな。
さすがに世界一周とかはもう言わないけどw 


またどこかに行きたければ時間をつくって行けばいいし
どこかに行かなくてもどこにいても
旅している時のような旅ごこちを感じる暮らしを続けていければいいな。

日常の暮らしに旅のスパイスがふんわりどこかにいつも漂って香っているような
人生にいつもいつまでも旅ごころを。





チベットの世界広がる夏河のすゝめ。 - 2019.05.05 Sun

DSCF5234_201904302325123eb.jpg


独特で神聖なチベットの世界観    @夏河


▼PLACE:【中国】蘭州⇔夏河(甘南チベット族自治州)

DSCF5142.jpg

夏河のつづき。
蘭州からショートトリップでやってきた小さな町・夏河。

バスを降り立った瞬間から思ってた以上のチベット感に嬉しくなったけど
歩き進めてくうちにもチベット文化のディープさがどんどんと上昇。

DSCF5129.jpg

あっちこっちで五体投地してる人の姿も。
ラサで見た光景!

DSCF5169_20190430233059d64.jpg

今まで行ったことあるチベット自治区のラサやら東チベットのリタンやらインドのレーやら
チベット文化圏って標高高いしアクセスのハードル高いし、パーミットが必要だったり。

行くには気合いと時間が必要だった。

DSCF5173.jpg

でもこの夏河は蘭州からバスで片道4時間ほど。
日帰りでも行けるアクセスしやすいチベット。

気合も時間もそんなに必要とせず気軽に行けるのがうれしい。

DSC01907.jpg

それでいて「チベット自治区のラサよりもチベット文化が残っている」とも言われてる、
本格的な穴場チベット。

DSCF5171_20190430233205c48.jpg

町で一番存在感あるお寺・ラプラン寺。
チベット独特の赤と白ベース+細やかな彫刻が刻まれた建物が美しや。

DSCF5178_20190430233206fe6.jpg

たくさんの僧侶たち。とその靴。

DSCF5180.jpg

みんなおそろ。
自分ならきっとどれが自分の靴やったか見失う状況w

DSCF5192.jpg

小高い所から見渡す夏河ビュー。
山肌と茶色い建物とチベットのお寺。趣のある風景が広がっていました。

DSCF5214.jpg

行き交う人はみんなチベットらしい民族衣装や装飾品を身にまとってた。
この町の8割がチベット族が占めてるらしい。

DSCF5221.jpg

熱心にコルラする信仰深い人々の姿が印象的だった夏河。
モフモフもいた夏河。

DSCF5242.jpg

蘭州からどこか行けるとこないかな~と、たまたま見つけた行先だったけど
期待以上の場所だった。

この旅で行ったチベット文化圏はインドの北部のラダックだけだったから
ここで甘粛省のチベット自治州を見ることができて良かったな。



東チベットのラルンガルゴンパ、ブータン、
インドのマナリ周辺のチベット文化圏・スピティやキナウル....

まだ行ってみたいチベットはまたいつか。
気合と時間がある時に。






脱シルクロード!からのチベット文化圏。 - 2019.05.04 Sat

DSC01898.jpg

くるくる。マニマニ。 
久しぶりのチベット文化圏へ     @夏河



▼PLACE:【新疆ウイグル自治区(中国)】カシュガル⇒ウルムチ⇒蘭州


DSCF5094_20181231153245de8.jpg

カシュガルを出発して飛行機でビューンとウルムチへ!

列車移動も考えたけど時間がかかる上に値段も飛行機と変わらないから、
サクっと飛んで移動してしまおう。

と、楽する方法を選んだのに悪天候で飛行機飛ばず...
カシュガルの空港で足止め。

やっと飛行機飛んで深夜に着いたウルムチでは予約した宿がなぜか存在してなくて
深夜に宿が見つからず寒さに耐えながら街中を数時間徘徊するという苦行を。

DSCF5079.jpg

そんな負の連鎖しか起きなかったウルムチ。

同じ新疆ウイグル自治区でもカシュガルのようなシルクロードな雰囲気はあんまりなくて
そこそこ大きい都会。

DSCF5069.jpg

一部の地区にはウイグル文字の看板があったり。

DSCF5083.jpg

イスラムっぽい文化も少しだけ。

DSCF5085.jpg

ウルムチは移動の中継地、と割り切ってサクッと次へ移動。
次なる目的地は蘭州。

DSCF5098_20190101110914f30.jpg

蘭州といえば、コレ!
蘭州ラーメン。

ここ数年日本でもじわりと人気が広がってるやつ。
蘭州ラーメンの名店「馬子禄(マーズルー)」が日本に初上陸したとかで噂になってたな。

DSCF5100_2019010111091543c.jpg

写真見るたびにまた食べたくなる美味しさ!

麺の太さや種類を選べるんだけど平たい太麺がモチモチで好き。
蘭州滞在中何度もリピートしました。


蘭州からショートトリップで夏河へ。
蘭州南バスターミナルからバスで約4時間ほど。

DSCF5251.jpg

夏河はアムドのチベット文化圏。
甘粛省にある甘南チベット族自治州の小さな町。

DSCF5244_201901011123129f0.jpg

バスを降りるとそこにはチベット文化が広がっていました。

DSCF5121.jpg

チベット文化には欠かせないマニ車も。
とりあえずくるくる回します。

DSCF5124.jpg

久々のチベット文化。
チベットの独特の雰囲気に心わくわく。





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (337)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*キルギス (4)
*中国 (4)
*帰国 (2)
◆帰国後の日々 (8)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム