DSCF1685.jpg

2017-06

セマピチュ・モフピチュとチチカカ湖 - 2014.03.10 Mon

DSCF8682_20141227170648235.jpg

引き続きペルー・マチュピチュからHOLA

マチュピチュのアイドル、リャマ。

このモフっとした口元がたまりませんωωω

ムシャムシャ食事中。

DSC01958.jpg

癒されますな。

マチュピチュの敷地内にはこのモフっとした方がちらほらいらっしゃいます。

でもみんな耳に黄色いタグ?みたいのつけられてる。

飼われてるのかな。マチュピチュを守る影の可愛い番人です。

DSCF8799.jpg

モフ好きなのでもちろん買ってしまいました。

わが家の仲間入り。

毛がモフモフ&フワフワの可愛いやつ*

DSCF8789_20141227170649458.jpg

こちらの2匹もニューカマー。

私たちの小銭入れの小銭警備員として活躍中。

マチュピチュの麓のアグアスカリエンテス村の民芸品市場はたくさんのお店があります。

世界的観光地なので値段はめっちゃ高く言ってくるけど粘り強く交渉すると

ものによっては半額以下になる。

そもそも最初どんだけふっかけてきてるんやって話やけども。

買い物は戦いです。

DSCF8586.jpg

モフピチュもいいんですけど

私にとってのアイドルはやっぱりこのお方。

搭乗回数が少ないような気もしないけど

いつも貴重品扱いで私のバックに入って一緒に旅してます。

DSCF8741.jpg

もちろんマチュピチュだってご一緒です。

セマピチュ。

DSCF8764.jpg

思い出のマチュピチュスタンプもパスポートに

ポーーーーーーン!と押して(遺跡の入り口で押せます)

マチュピチュに未練なし。

世界遺産の神秘の遺跡マチュピチュはいつだってカッコよかった。

DSCF8772.jpg

さぁ下山。

行きはバス&歩きで来たから

帰りは楽チンな列車で。

アグアスカリエンテス→(列車)→オリャンタイタンボ→(コレクティーボ)→クスコ

ペルーレイル、前回乗った4年前より車両も綺麗に改装されてパワーアップしておりました。

車内はインカっぽい壁紙になってるし、車内サービス付き(飲み物&お菓子無料)

日中だと車内からの景色もすごくいいんだけど、その時間帯の便は値段がお高い。

早朝や夜便は比較的安いからうちらも夜便で帰ったけど、車窓真っ暗(゚Д゚;)

クスコに日付が変わる頃、深夜に到着。

DSC02019.jpg

翌日、目指すはチチカカ湖の町・プーノ。

クスコからバスで6,7時間。のハズが、私たちが乗ったのはローカルっぽいバス。

夜行や午前中発はもうちょっといいバスあったけど前日も深夜に帰ってきたし午後便に乗りたくて。

午後クスコを出発するもローカルバスはノロノロ走り

バスターミナルという概念を無視し続け、普通の道で人が乗ったり降りたり一向に進まない。

あのー、バスターミナルの存在って何なんでしょうか。

ただでさえ予定より3時間近く遅れた上に、めっちゃミスりました。。。

プーノだと思って勢いよくバスを降りたら、まさかの1つ手前のフリアカやった(;゚Д゚)

この時点で夜の10時半。プーノまではまだ1時間以上かかる。

しかも次のバスが来るのは予定では1時間後。(絶対遅れてるきっと実質3時間後・・・)

バスターミナルもなんだか治安悪そう・・・待てない。

作戦変更。この先はバスよりも便数が多いらしい乗合コレクティーボで行こう、と。

夜遅く降りしきる雨の中、わけもわからぬフリアカの町の中心の広場まで行き

ローカルの乗合コレクティーボに何とか乗り込む。プーノに着いたのは深夜12:00前。

つ、つつつつつつ疲れた。夜やし恐いし宿空いてなかったらどうしよ、とかとにかく不安でしたとさ。

DSC01995.jpg

翌朝、チチカカ湖に浮かぶ島・ウロス島へ。

標高3800メートル。もはや富士山の山頂よりも上の世界。

空気が薄い。空と雲が近い。

まいちゃんは連日の移動でお疲れのご様子で今日は欠席。

ウロス島には2回行ったことあるそうで、3回目はご遠慮しとくとのこと。

初めてのひとりで観光デビュー。

DSC02000.jpg

葦でできたプカプカ浮かぶ不思議な島。

そこに暮らす先住民の人たち。

上陸するときは皆さま歌を歌って陽気に手を振ってお出迎えしてくれたのに

誰もお土産買わなかったからか帰りはお見送りなし。。なかなかクールなのね。

DSC02034.jpg

午後、ボリビアへ向かうバスに乗車。

ペルー→ボリビア陸路で国境越え。

ペルー滞在1週間!短い!とにかく駆け抜けた!!

それもこれもボリビアで待つ奴らと合流するために。あの場所へ行くために。


大好きなペルー きっとまた来る*


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2186サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**(ほぼ)リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

スポンサーサイト

マチュピチュ・雨ピチュ・霧ピチュ・・・ - 2014.03.07 Fri

DSCF8448.jpg

ペルー・クスコからブエノスディアスω

今日の朝食会場はアルマス広場。

噴水を前に石造りのインカの街並みを見ながら。

というのも、この日は朝早くからあの場所へ出発*

DSCF8476.jpg

ペルーと言えば!アレですね。

マチュピチュへ。

クスコからマチュピチュへは列車でも行けるんだけど、

その列車が一番安いクラスでも往復で1万円以上もするという貴族価格のため、行きは歩きます!

何年か前に新しくなったらしい新バージョンの列車にも乗ってみたいので、

帰りだけ列車ということで。

VAMOS MACHUPICHU !!

<行き>クスコ→(コレクティーボ)→発電所 <30ペソ>
 
過酷なクネクネ山道をひたすらバスで7時間・・・(゚Д゚;)

DSCF8493_20141227170043942.jpg

発電所からはひたすら線路に沿って線路道をテクテク。

ひたすら3時間テクテク。

壮大な山と川と大自然の中を歩くから気持ちいい。

鼻歌はもちろん『線路は続くよ~どこまでも~♪』

あっ!町や! 夕暮れ前には無事マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)着。

明日に備えます。

DSCF0437.jpg

翌朝・・・ピチャピチャ・・・なんか嫌な音聞こえる

外見てみるとめっちゃ雨。チーン。。

雨季やからしょうがない。

マチュピチュ村から遺跡の入り口まではバス(片道10ドル)or 歩き(約2時間の坂道)

往復で20ドルのバスは高すぎる、ということで山道登ります。

急な傾斜の階段がひたすら続く。

クスコより標高は下がったとはいえ標高2,400mでの登りはなかなかキツイ。

しかも雨やし、カッパやし。

登ってるとかなり暑くなってきて、

もうね、カッパが蒸れて蒸れて蒸し暑さMAX。

サウナスーツか!マチュピチュダイエットやな、とブツブツ言いながらも2時間。

登頂(゚∀゚)

しんどいけど歩いた方がマチュピチュがいかに山の上の天空のすごい場所にあるかを実感できる。

DSCF8558.jpg

プルプル震える手でw高い入場料126ソル(約4700円)お支払して入場。

こんにちはマチュピチュ

DSC01899.jpg

依然、霧&雨ですが霧と雲が神秘的。

まさに天空都市!

DSC01907[2]

カッパでマチュピチュ・雨ピチュ・霧ピチュω

雲の動きが早い。

雲がこんなに近くてマチュピチュってすごい場所にあるな、と改めて実感。

DSC01937.jpg

ポストカードでもよくある景色は写真ポイントですが

遺跡内は広くて太陽の神殿や月の神殿などなど他にもみどころが点在。

いずれもインカの精巧な石造り。

この技術はスゴイ。

DSCF8565_20141227165648d7b.jpg

遺跡内にはせっせと修復に励むおじさまたち。

こうやってマチュピチュ観光できるのもおじさまたちのお陰。

DSCF8604.jpg

土砂降られながら、屋根のあることで雨宿りしながら

雨と雲のご機嫌待ち。

マチュピチュの天気はとても変わりやすい。

実はマチュピチュ私は3回目なのだけど、雨季は決まってこんな感じ。

朝は大体くもりか雨で、でも昼前からは雲が動いてきます。

雨でもあきらめずに気長に待つべし。

DSCF8712.jpg

今回もお菓子ボリボリ食べて気長に雨宿りしてると

昼頃、止みました☆

今だ!と再度ビュースポットへ駆け上がります。

DSCF8720.jpg

霧がかってたマチュピチュがくっきり。

祝・脱カッパ!!

DSCF8556.jpg

くっきりピチュもステキだけど

私はやっぱりマチュピチュは霧&雲がかった雲ピチュの方が幻想的で神秘的で好みかな。

雨ピチュは寒いから嫌だけど。

でも青空バックの青空ピチュも一度くらいは見てみたかったりもする。

かと言ってさすがに4回目はもう来ないかな(笑)

人生で3回もマチュピチュに来ることができたのは幸せもの。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2186サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**(ほぼ)リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

空港泊・搭乗拒否・・・南米への道は遠い - 2014.03.05 Wed

キューバからメキシコへ戻ってきた私たち。

カンクンに1泊して、アメリカ・マイアミへ!

カンクン(MEXICO)→マイアミ(USA)→リマ(PERU)と飛行機乗り継いで南米を目指します。

ひとまずお久しぶりのUSA。

なぜまたアメリカにわざわざ戻ってきたのかは、

南米へ飛ぶチケットがメキシコとか中米から飛ぶよりも

断然アメリカからのが安かったから。

マイアミ→ペルー 直行便 スピリット航空 US135ドル(TAX&受託手荷物代金込み)なり。

DSC01845.jpg

再びのアメリカといっても今回はマイアミ(フォートロダーデール)でのトランジットだけ。

アメリカの入国審査、3時間も待ちました( ゚Д゚)

ディズニーランドのアトラクション待ち並みや!

乗り継ぎ時間が短いフライトの人は乗り遅れる可能性高いのでアメリカは要注意。

マイアミINしたもののマイアミはビーチリゾート。

フォートロダーデールはどんだけ安宿探してもなくてなくてなくてなくて、もういっそ諦めて潔く空港泊。

翌日のペルー便まで27時間ほど空港で過ごしましたとさωヒマー!

マイアミの空港は24時間空いてはいるけど、お店が20:00くらいでほぼ閉まる。

そして売店でも飲み物も食べ物も高過ぎる!

うちらの救世主は24H営業&0.9ドルほどで買えるDUNKIN DONUTS。

夜、朝とドーナツ食べたけどさすがに飽きて禁断症状が出たため2日目の夜はお寿司★おほ。

DSC01841.jpg

27時間待ってやっとペルー便へ搭乗。やっと南米入りや♪

と、思ったら大問題。

チェックインしようとしたら片道航空券のため搭乗拒否。

もちろん片道チケットでペルー入国できないのは知ってて

(利用しないけど)アメリカへ戻る航空券を別のアメリカ系航空会社で仮予約して(支払いはまだしてない状況。通常予約から72時間以内が発券リミット)

予約番号もフライトスケジュールも控えてきてるし予約記録はすぐ出せる状態で準備してました。

日本語表記だしそこまでチェックしないだろうと思ってたら、カウンターで1時間程待たされ、、、

YOUR TICKET WAS CANCELLED!

とのこと。どうやらその航空会社に確認して調べ上げた様子。。

バレた!!!噂には聞いてたけど予想以上に厳しい。

結果、その場でペルーからアメリカに戻るチケットを買わされたけど

予約後24時間以内にキャンセルすれば全額返ってくるとのこと。

同じ便だった日本人も同じく搭乗拒否され買わされてた。

この路線は安いけどチェックがかなり厳しいので要注意。

DSCF8360.jpg

そんなこんなもあったけど、無事ペルー・リマ到着。

空港での27時間、搭乗拒否・・・遠かったw

リマに着いてすぐ空港で買わされたチケットの払い戻し手続き。

無料キャンセルできて全額返金もされ一件落着。


いよいよ南米旅のスタート*

私は南米大好きで学生の頃からの旅行も合わせると、通算4回目の南米上陸。

4年前ひとり旅で周った南米大陸。あれから4年。また来れた!!!

大好きな南米大陸を人生を共に歩んで行く人と一緒に旅することは、私の憧れであり夢でした。

また見たい景色、忘れられない光景がたくさんあって

次来るときはハネムーンで★って勝手に決めてました。

拓ちゃんと見どころ満載の南米を一緒に旅できるのがこれから非常に楽しみであります。

リマは特にすることもなく時間的に急いでることもあって、1泊だけ。

翌日にはクスコへ バスで約22時間 ながーい移動(゚Д゚;)



4年ぶり3回目のクスコは大好きな街。

ただいま!

DSCF8400.jpg

DSCF8393.jpg

インカ帝国の中心として栄えたクスコ。

赤茶色の屋根に石畳の街並み。

DSCF8408.jpg

カラフルな布をまとうインディヘナのおばちゃん。

あーペルーに来たんやぁという実感。

DSC01979.jpg

ペルーの民族衣装はカラフルで可愛い。

インディオのおばちゃんたちもみんなカラフルなスカート重ね着して

三つ編みあみあみして独特のコーディネートがおしゃれ。

DSCF8386.jpg

雑貨や小物もステキ。

靴をオーダーメイドしようかと迷ったけど、靴は荷物になってしまうからあきらめた( ゚Д゚)

DSCF8416.jpg

標高3600メートルのクスコ。

宿までの坂道往復だけでも息が上がってキツイ。

バックパック背負って登るのはもう修行としか思えないな。

でも坂の上から見る景色はすごく綺麗。

DSCF8804.jpg

宿の屋上からの眺めは最高。

DSCF8424.jpg

ペルーのお酒・ピスコサワー

を飲みながら聞くアンデス音楽。

DSCF8427.jpg

うちの母親も私が何度かペルーに行ってる影響でアンデス音楽が大好き。

よく家でペルーの楽器、ケーナ(笛)を吹いて練習してました。

今回もサンポーニャ(ペルーの民族楽器)買って来てほしいって言ってたな。

帰ったら私も練習しよう。

DSC01976.jpg


DSCF8445.jpg

アンデス山脈に囲まれたクスコは今日もキレイです*


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2186サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**(ほぼ)リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (325)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (4)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム