DSCF1685.jpg

2017-02

ミッション:ボリビア国境でブラジルビザ取得の巻 - 2014.04.20 Sun

DSCF1399.jpg

ボリビア・サンタクルスからHolaω

サンタクルス暑すぎるためアイス屋へ避難中の写真。


2週間近く習い事ライフを満喫したスクレを出発。サンタクルスに向かいます。

<移動>
スクレ→(バス所要15時間/SINDICAL FLOTA BOLIVAR社 70ボリ)→サンタクルス

久々の長距離移動。

夜通しガタガタの悪路という条件でなかなか過酷な15時間でしたとさ。

DSC02976.jpg

サンタクルスは一気に夏気候!

暑い。暑すぎる。

アルゼンチン北部→ボリビアのポトシ、スクレと約1ヶ月近く標高の高い場所にいたので

サンタクルスは空気が濃い気がする。標高もぐっと下がりました。

街角にはヤシの木が立ち並び、アニマルモチーフの電話BOXなんかがあったり。

南国な雰囲気です。

DSCF1395.jpg

中心部の公園ではおじちゃんたちがチェスで遊び中。

公園の何か所にもチェス盤用テーブルが完備されてて、至るところで繰り広げられるチェス。

ヤシの木に囲まれた公園ではのんびり散歩や休憩してる人たちも。

和やかで平和な時間が流れてます。

基本的には南米ではみんなマイペースというか暇を持て余してるというか、

全くもって『生き急いでない』というゆる~い姿勢がいい。

DSCF1392.jpg

サンタクルスではボリビア各地で見た三つ編みロングスカートのインディヘナのおばちゃんはもうほぼおらず。

びっくりしたのが、このオーバーオールなつなぎ男子たち。

私たちが泊まってた宿の近くはどうやらドイツ系移民の方たちの居住区な模様。

宿でも宿の近くでもすれ違う人すれ違う人みんな、ボリビアらしからぬ異国感漂う顔つきのつなぎ男子。

えっボリビアやけど!!??なんで??最初は何も知らなかったから意味不明で困惑。

ボリビアであってボリビアではない街、サンタクルス。

DSCF1401.jpg

ちなみに女性はみなさま青や紫の清楚なワンピースにスカーフ、しっかり編みこまれた編み込みヘア。

映画で見るような中世ヨーロッパの貴婦人、て感じの神秘的な雰囲気。

スーパーに買い物に行っても店内はオーバーオール男子と中世ヨーロッパ貴婦人風な人ばっかりで不思議な光景でした。

そういえば、旅行会社で南米セクションの航空券手配の仕事をしてた頃に『ドイツ経由ブラジル乗継のビルビル行き』
というルートをよく扱ってて、移民が多いと聞いたことがあった気が。

そのビルビルっていうのがこの街・サンタクルスの空港名だということを今、地球の裏側で知って

あ、だからか!と納得。

サンタクルスからはエアヨーロッパでスペインまで直行便が飛んでたりと意外にもヨーロッパとのアクセスが便利。


ケンちゃん(日本食屋)で久々に日本食食べたり、

アイス屋さんの多いサンタクルス、暑いし誘惑に負けてジェラート食べたりと

またも次なる長距離移動に備えてリフレッシュしたサンタクルス。

1泊だけして移動またまた移動です。

DSCF1406.jpg

サンタクルスから列車でブラジルとの国境近くの町・プエルトスアレスへ。

<移動>
サンタクルス→(列車・所要18時間/70ボリ+荷物5ボリ+使用料3ボリ)→プエルトスアレス
FERROVIARIA ORIENTAL号に乗車。

DSCF1413.jpg

ボリビアはバスはなかなかのオンボロ具合なのに列車はクオリティが意外にも高いのです。

しかも値段も安い。18時間も乗ってけっこうな距離移動するのに70ボリ(約1050円)

DSCF1412.jpg

18時間スローでゆーっくり進む列車に揺られガタンゴトン。

車窓からの景色もいいルート!

ブラジル方面に近づくにつれて緑豊かな湿原がどこまでも広がります。

DSC02982.jpg

翌朝、プエストスアレスに到着。

何にもない小さな小さな町。


プエルトスアレスにゃんω

猫はやっぱりトラ柄が一番好み。

DSCF1419_20141227171806fa4.jpg />

この町でのミッションはブラジルビザ取得!

到着早々、荷物を担いでセントロから1O分くらいの場所にあるブラジル領事館へ。

DSC02984.jpg

<必要書類>

・パスポート
・写真
・25ドル(近くの銀行で振込みする)
・クレジットカード

午前中行ったけど、担当の人がおらず『すぐ来るよ』って案内されて待つこと・・・2時間半

全然すぐじゃない。まぁ南米人の言う『すぐ』はこんな感じなのは知ってるから諦めw

担当の人が来てからの手続き自体はすぐ。15分ほどでブラジルビザ取得完了。


ちなみに25ドルは銀行振り込みが必要。近くに(領事館から10分程度?)にあり。
1人が銀行班、1人がパソコンでオンライン申請書の必要事項の入力班、と手分け。

ブラジルビザのオンラインサイト、久しぶり。
ビザ業務を担当してた頃は代理申請で1日何人分も入力してたから懐かしい。

ブラジルビザを取るだけにパラグアイに行こうかとルートを悩んでたけど

パラグアイでは特に見たいところもなかったし、ボリビアでも意外と簡単に取れることがわかって
プエルトスアレスでの取得を選びました!

DSC02985.jpg

ビザの状況ではここに1泊してから国境を越えようと思ってたけど

スムーズにビザも取れたしこのままブラジルインすることに。

プエルトスアレスから車で約15分 ボリビア側の国境の町・キハロ。

ここのボリビア→ブラジル国境はかなりやっかいで常に激混みで出国入国に6時間以上かかる人もいる、

と恐ろしい噂が有名だったから心配してたけど

めっちゃスムーズでした。全く誰も並んでおらず5分ほどで終了。

イミグレの人に聞くと昔はそうだったけど最近はそうでもないよ!とのこと。良かった!


さぁ南米最後の国・ブラジル入国!!

■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

スポンサーサイト

スクレde習い事~織物教室編~ - 2014.04.18 Fri

DSCF1155.jpg

ボリビア・スクレからHolaω

スクレ周辺ではインディヘナの伝統的な織物がさかん。

タラブコの日曜市に行った時にもクオリティの高い民芸品がたくさんあって気になってました。

ということで、スクレにある織物博物館へ行ってみた。

DSCF1149.jpg

ここの博物館はとても見ごたえあり。

それぞれの村や町の昔からの高い技術の織物がたくさん展示されてます。

実演して編んでるおばちゃんも間近に見れます。

『やってみたい!』という思いがフツフツ&グラグラ湧いてくる。

教室とかないかなぁと探してみたりインフォメーションで聞いても特に情報なし。


織物博物館からの帰り道にフラっと立ち寄ったお店、Inca Pallay

DSC02906.jpg

店内にはたくさんのステキな織物や民芸品が並んでて

どれもこれも気になる。

DSCF1308.jpg

DSCF1216.jpg

お店のおばちゃんに織物教えてもらいたい!と、お願いしたところ

ほんとは特に織物教室とかやってるところじゃないけど、おばちゃんに値段などなど交渉して

教えてもらえることになりました!

織物教室は自力では見つけることはできなかったけど、いい形でおばちゃんに弟子入りすることに成功。

午前中はスペイン語教室があるから、午後からって話になりました。

ということでスクレでの習い事パート2 織物習い始めます*

・毎日午後2:30~4時間程度(織り具合によって好きなだけ)
・料金:ハーフday(1日何時間織っても)2人で50ボリ(750円)

DSCF1303.jpg

教えてくれるこのお店のおばちゃんは伝統的なjalq'a(ハルカ)織りの担い手。

ハルカ地方の赤と黒を基本とした伝統的なハルカ織り。

赤と黒。

力強くカッコイイ色彩に描かれる繊細な模様。

師匠おばちゃんの作成中の作品。ハードル高すぎる(゚Д゚;)

DSCF1214.jpg

うちらはいきなりこんなのは到底ムリムリなので

小さなしおりを織ることに。

織物教室スタート!!

まずは何もない状態で木の枝に糸をかけるところから1からのスタート。

ハルカカラーの赤と黒の何回も繰り返しまきまき。

DSC02909.jpg

教えてくれてるお店のおばちゃんはもちろんスペイン語しか話せない。

スペイン語教室にも同時進行で習い事中なので、スペイン語のやりとりも勉強になって一石二鳥。

身振り手振り必死な我々。

見た目以上にやってみると複雑で繊細で気の遠くなるような作業。

DSCF1245.jpg

DSC02929.jpg

織物教室と言っても、お店の一角でおばちゃんにレクチャーしてもらう形なので

お客さんがけっこう来る。興味深々で話しかけてきてくれる人もけっこういたり。

店内の写真。見えづらいけど、左の木のオブジェの下あたりで拓ちゃんが奮闘中。

DSCF1310.jpg

大雑把な私には苦痛なこの繊細な行程。

でもかなり楽しい。熱中できる。

おばちゃんに『Muy Bien(Verry Good)!!』と褒められる度にニヤニヤ。

DSC02933.jpg

基本の編み方を覚えるのに2,3日。

やっと動物の柄に取り掛かれるようになったものの、数段編むのに2人で何時間もかかる。

DSCF1278.jpg

私よりも繊細なことが得意で手先が器用な拓ちゃんと一緒に織り織り。

数段織っては交代して共同作業で頑張ります。

柄を編むときに赤と黒の色を取るこの作業が一番の難関。

1本でも違う色が入ってしまうと織った時に明らかにおかしくなってしまう。

DSCF1297_201412271724030da.jpg

リャマのような動物は比較的織り易かったのに

私たちを悩ませたのは『鳥』。羽の部分の難易度が驚異的(゚Д゚;)

DSCF1343.jpg

毎日通って数時間織り織りしてできた、

私たちの世界でひとつだけのハルカ織りのしおり。

とても思い出深いお土産になりました。

DSCF1354.jpg

お店のおじちゃんたちも毎日声かけてくれて、差し入れくれたり親切にしてもらいました。

みんな温かいなぁ。

遠い国・日本から来た私たちがボリビアの文化に興味を持って、わざわざ習いたいって来てくれることが

とても嬉しいって言ってた。

おばちゃんありがとう*

私たちがお世話になった織物のお店【Inca Pallay】
Street Audiencia N° 97, Sucre, Chuquisaca, BOLIVIA.
(ステキでクオリティの高い民芸品がたくさんあるので、スクレに来た際にはぜひ*)


スペイン語教室と織物教室、約2週間の暮らすように旅したスクレは

濃い時間を過ごせた思い出深い場所になりました。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

スクレde習い事~スペイン語教室編~ - 2014.04.16 Wed

DSCF1368.jpg

ボリビア・スクレからHolaω

ボリビアの首都はラパスだと思い込んでたら、スクレが首都だったという事実。

スクレでの我々の第一ミッションはスペイン語教室。

DSC02901.jpg

メキシコ以降ほぼずっとスペイン語圏を旅して早4ヶ月目。

でも、たいして話せない私・・・

大学でスペイン語専攻してたお嫁ちゃんのおかげで、旅するにはあまり困らないけど

やっぱりせっかくだから話せるようになりたい。

毎日、麻衣ちゃん先生のプチ講座とGoogle留学で自力で少しはやってきたけど限界が。

ちなみにGoogleの翻訳機能、音声で発音も読み上げてくれるし結構使える。

スクレにはスペイン語学校がたくさんあって、外国人も多い。

DSCF1335.jpg

いくつか学校を見に行って決めたのが、Continental Spanish School

宿からも徒歩3分という好立地とアットホームな雰囲気が決め手。

DSCF1327.jpg

<スクレ・スペイン語教室情報>【Continental Spanish School】

・料金:プライベートレッスン(1対1) 1時間/42ボリ
セミプライベートレッスン(1対2) 1時間/35ボリ
    その他グループレッスンも相談可

・時間:フレキシブル!基本1日4時間レッスン(希望によって変更可)
    
・共有スペースあり、コーヒー・ティーfree、アクティビティ(料理教室・スポーツなど)あり

DSCF1331.jpg

私たちは週5日毎日午前中8:30-10:30の2時間、それぞれプライベートレッスンを。

お嫁ちゃんは大学時代の記憶の復元及び更なるスペイン語向上を、

私は一から学びます。

久々の学生気分。楽しい!毎日宿題も出ます。

DSC02938.jpg

宿で宿題中。

スペイン語向上のため2人でいる時もスペイン語しか話してはいけないゲームをしたりして楽しんで勉強に励んでました。

プライベートレッスンなので先生とマンツーマンでみっちり。

2時間だけでも覚えることはいっぱい。。。

朝早い時間のレッスンだったから午前中には授業が終わるし、

その後は自分で勉強したり時間を有効に使えるので良かった。

DSCF1389.jpg

スクレは習い事も始めたし今までで一番長くいた街。

それほど大きな街でもないし2週間近くいたから、ちょっとはスクレ通になれたかも。

☆スクレオススメ情報

<メルカド(市場)編>

白い街並みスクレはそれほどボリボリしてないボリビアらしからぬヨーロッパ風。
でもやっぱり市場はボリビア。

肉がぶら下がってたり、野菜転がってたりインディヘナのおばちゃんが色々売ってます。

①現地人にも大人気・安くておいしいフルーツパフェ!
 
マンゴー、キウイ、パパイヤ、イチゴ、バナナ、パイナップル、チリモヤ、リンゴ、モモ、
などなど10種類近くのフルーツがゴロゴロてんこ盛り。

DSCF1293.jpg

それに程良い甘さのモフモフ生クリームホイップをオン。

料金設定は7ボリ、9ボリ、12ボリ。

うちらはいつも9ボリを2人でシェア。2人で食べてもボリュームたっぷりなので十分。

フルーツは驚くほど甘くて、約140円でこんなにフルーツいっぱい食べれるってあんまりない。

DSCF1287.jpg

何人もいるけど19番(写真左)のおばちゃんがオススメ!19番のおばちゃんのスタンドに連日通い。

②B級グルメ・チョリソー

ボリビア人にも大人気。ジューシーなチョリソーが美味!


<食堂編>

スクレではスープ&メイン&ジュースORデザートがセットのスペイン語でアルムエルソって言うランチメニューが
150円程度で食べれます。

DSCF1340.jpg

メインは3種類から選べる。

連日行ってたお気に入りのお店。お店のおじちゃんやお兄ちゃんたちともいつの間にか顔見知り。

肝心なお店の名前忘れた・・・大通りに面した場所で入口が黄緑のお店。

食事の選択肢が少ない(ほぼ肉しかない)ボリビアにしては毎日違うメニューなのが嬉しかった。

ボリビアは外食安いから自炊とそんなに変わらなかったりもする。

でも飽きてくるし、宿もキッチンありなので夜は自炊。


<宿編>

しばらく滞在するし生活のベースになるのでスクレの宿選びは比較的慎重に。

他にもあるかなと思って一応色々見に行ったけど初日に泊まった宿が良くて、結局ずっとそこに滞在。

HOSTEL CRUZ DE POPAYAN

DSCF1337.jpg

・料金:ツイン1部屋1泊 100ボリ(ドミは45ボリ)*朝食付

広い中庭がいい感じ。

キッチンあり。洗濯スペースあり。屋上あり。

DSCF1376.jpg

屋上からの眺めが良い。

洗濯物もよく乾くし、テーブルもあってスペイン語の勉強もしたりとか。


ボリーバル公園っていう憩いの公園もあったり

週末には大学生のイベントがあったり。

ラップにブレイクダンスに、バンドなどなど幅広く。

若者は意外にも今風っていう。



ひとつの場所にじっくり滞在してみるもの色んな発見があっていいかな。

スクレ滞在中は午前中はスペイン語学校、午後は織物教室に通って習い事な日々。

次回は織物教室編。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (317)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (11)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (4)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム