DSCF1685.jpg

2017-11

アルゼンチン北部の小さな村巡り*ティルカラ - 2014.04.11 Fri

DSCF0812.jpg

アルゼンチン北部・ティルカラ村からHolaω

本日のお出かけはウマワカ村→ティルカラ村。

DSCF0801_201501291845422a2.jpg

<移動>
ウマワカ村→(所要1時間/14ARS)ティルカラ村<TILCARA>

ウマワカ村に移動するときに休憩で少しだけ停車した時、

なんだこの岩山に囲まれた素敵な村は!!と気になってた場所。

DSCF0821.jpg

ウマワカ、ププママルカとはまた違った魅力がある村。

この辺りの村では一番雰囲気が好きかも。

DSCF0822.jpg

岩山がすごく近くて迫力を感じます。

ティルカラのお土産屋さんはクオリティが高い。

可愛くてセンスの良い小物がいっぱい、そして手に届く価格。

DSCF0808.jpg

広場にも民芸品の露店がたくさん並びます。

ティルカラでの収穫物*

DSCF0908.jpg

DSCF0927.jpg


ティルカラ村から30分ほど歩いたところにあるプカラ遺跡へ向かいます。

ミッキーマウスの耳みたいなサボテン発見。

DSCF0837.jpg

しばらく村を登ってゆくと橋を発見。

この向う側がどうやらプラカ遺跡な模様。

すれ違う羊を見送って我々も橋を渡るのです。

DSCF0884.jpg

橋から見える景色は綺麗。

DSCF0892.jpg

アルゼンチン北部に入ってからこういう景色よく見てるはずなのに

不思議と飽きない。

DSCF0843.jpg

標高が高くて日差しが強いし暑い。

干からびそう・・・

水分補給してひと休み。

DSC02836.jpg

ティルカラ村から歩くこと約30分

到着したプラカ遺跡は無数のサボテンの中に現れる石畳の神秘的な遺跡でした。

DSCF0874.jpg

もちろん入場する気でここまで歩いてきたのだけど

入場料が思ってた10倍値上がりしてるという事実。

その事実を受け止めきれず、入場はせず外からこっそり眺めておりました。

アルゼンチンの物価上昇率は想像以上。

私たちが持ってる4年前の地球の歩き方ではすでに記載されてる値段があまりに違いすぎて

ほぼ参考にならず。恐るべし。


ウマワカ村へ戻ると村は何やら大フィーバー!

普段あんまり人がいないのにこの日はたくさんの人が集まってお祭り騒ぎ。

この村に、こんなに人いたのね。普段一体どこにいらっしゃるのだか不思議でしょうがないんですが。

DSCF1002.jpg

そんなことより、何のお祭りだか訳もわからないけど

とにかく盛り上がってて音楽が鳴り響いてて

突然降りかかる水!!??

いろんなところから降ってくる水に必死でカメラ防御w

DSC02846.jpg

ボリビアでは水かけ祭りが色んな所で行われてるみたいで

ボリビアとの国境近いこのあたりでもそういうことなのかな、と。

DSCF1008.jpg

お祭りにも遭遇できて良かった!

なかなか見ごたえありました。

さぁ居心地の良いウマワカ村もそろそろ重い腰を上げてボリビアへ移動開始します。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


スポンサーサイト

迫りくるモフモフω - 2014.04.09 Wed

DSCF0946.jpg

アルゼンチン北部・ウマワカ村からブエノス・ディアスω

ウマワカ村での毎日は

お気に入りの宿のおじちゃんが入れてくれる優しい味がするコーヒーから始まる。

DSCF0951.jpg

食器が可愛くて全部そろえて持って帰りたい、

と思わずにはいられない。


この日はウマワカ村から少し北上、トレスクルセスへお出かけ*

ウマワカ村からバスでゴトゴト揺られ約1時間。

DSCF0741.jpg

トレスクルセス(標高3,693m)到着!

DSC02799.jpg

そこはバス停でもなんでもない、いや、なっんにもないただの道路で降ろされる。

『トレスクルセス?』って聞いたら、『si(うん)!』って運転手さんうなずいてたから間違いない。

このトレスクルセス看板を発見するまで、誰も降りないし

降りたところで誰もいないしどこへやってきたかと謎でした。

DSCF0745.jpg

誰もいない村。

ここに来た目的はウマワカ村の宿の地図に小さく載ってたトレスクルセスの景色が綺麗で見に来たくなったから。

あんまり情報もなかったけど、とりあえずフラっとやってきたここは

虹色の岩肌が造り出す不思議な景色が*

DSCF0790.jpg

なんとも独特な色彩が織りなす山肌の色がとても綺麗。

それにしても不思議なグラデーション すごーい!、と見てると

DSC02819.jpg

ん!!??

なんかおる!モフモフ!!??

モフモフやー!!

DSC02812.jpg

ドドドドドドドドドド

すごい勢いでモフモフ道路横断中。

DSCF0769.jpg

リャマ御一行さま。

こんなに団体で迫ってくるとなかなかの迫力。

DSCF0761.jpg

次から次へと迫りくるリャマ。

こんな数のリャマを目の前にするのは初めてで大興奮。

大好きなモフモフがこんなにも近くに。

ニヤニヤがとまりません。


1匹くらいまたがって乗ってみたいと追いかけまわしたけど

見事に逃げられた(゚Д゚;)

DSC02814.jpg


こっちこっち~とエサでつってみるも

またも見事に逃げられた(゚Д゚;)

でもこんだけいっぱいのリャマに会えたから大満足。

DSCF0789.jpg

さぁウマワカ村へ帰ろうと思ったら、

ただの道路なこの場所ではバス停の存在はどこにも見当たらず、

車もたまーーーにしか通らない。

はて、どうやって帰ったらいいんでしょう。。。

道路で風呂敷に荷物詰め込んで担いでる現地人のおばちゃんやおじちゃん発見。

便乗して、しばし道路で車が通るのを待つ。

待つこと30-40分。ボロボロの乗合バスのようなのが来た!

それに一緒に乗り込んで村まで運んでもらうことに成功。

DSCF0735.jpg

ウマワカ村唯一?のメルカドで野菜とフルーツを買ってお宿に帰ります。

すごく居心地のいいウマワカ村だけど、食糧買い物するところの選択肢がすこぶる少ない。

小さな小さなスーパーと商店はいくつかあるけど品数および金額が・・・・あんまりよろしくない。。

唯一ともいえるメルカドはシエスタ(お昼休み)が長すぎるかつ不定期w

好きな時に開いて、好きな時に閉じる。

自由なシエスタ制度いいなぁ

南米のこういう自由でのんびりしたライフスタイル、好きです。

ま~不便で困るときも多々あるはある。

でもそれも気にしないのが南米というところ。

**迫りくるリャマ動画UPしました**

[広告] VPS




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

うっかり通りすぎなくて良かった場所No.1 - 2014.04.07 Mon

DSCF0623.jpg

アルゼンチン・プルママルカからHolaω

アルゼンチン北部の小さな村・PURMAMARCA

『プルママルカ』ちと、言いにくい。呪文か魔法みたいな村の名前。

この辺り一帯は南米のグランドキャニオンこと、

世界遺産のウマワカ渓谷といわれる壮大な自然がとりわけ美しい場所なのです。

DSCF0619.jpg

この村のステキポイントは何といっても

村を取り囲むような山の独特な色彩のグラデーションが

『七色の丘』と呼ばれてる模様。

DSCF0627.jpg

村のどこからでも美しい山肌が見える。

広場にはたくさんの民芸品屋さん。

DSCF0631.jpg

南米の中でもアルゼンチンは物価が高い方。

でも北部に上がってくるとブエノスアイレスとかパタゴニアよりも物価は安め。

しかもこの辺りの民芸品がこれまた可愛い。

久々に手の届く価格のお買い物にウキウキ。

素朴で可愛い雰囲気の村でした。

小さくてついうっかり通りすぎてしまうとこだったけど、来てよかった(゚∀゚)


アルゼンチン北部にはプルママルカのような

日干しレンガでできた家が並ぶ小さな可愛い村がたくさん。

時間もあるしさっさとボリビアに抜けてしまうのももったいない、と

アルゼンチン北部の雰囲気がすっかりお気に入りになった我々はしばしこの辺りの小さな村巡りを楽しむことに。

その拠点に選んだのはウマワカ村。

DSCF0662_20150129184941901.jpg

地球の歩き方にも地図も乗ってないこの村。

何がどこにあるのかよくわからない( ゚Д゚)

と言っても小さな村。ウロウロしてるとなんとなーくわかってくる。

DSC02777.jpg

サボテンの村、といっても過言ではないほどサボテン祭り。

ニョキニョキそこら辺に生えてます。

DSCF0678.jpg

この村を拠点にした最大の理由はこのお宿。

【EL SOL HOTEL】
・ダブル1部屋200ARS(*2階の左の部屋がベスト!!)
・中庭、キッチン、洗濯スペースあり

DSCF0671.jpg

白い壁に木のぬくもりのある陽当たりのいいお部屋。

部屋にはさりげなくセンスのいい家具と小物が置かれてて。

部屋の窓からは青空と山が見えて、牛と羊がたまに遊びにやってくる。

1人1泊1000円ちょっとの安宿だしバスシャワーも共同なのに

ここの居心地の良さはこの旅一番のお気に入り宿に認定。

DSCF0992.jpg

ウマワカ村ではこんな陶器の食器や小物がたくさん作られてて

工房もあったり。

DSCF0652.jpg

特に食器が形も柄も可愛くて

見る度に、欲しい!→割れる(゚Д゚;)欲しい!→重い(゚Д゚;)

と負の思考のスパイラルを繰り返す日々。

DSCF0654.jpg

DSCF0651_2015012918513447c.jpg

ウマワカ村は標高約3000m。

この後ボリビアのポトシとか4000m超えの街に行くから高度順応にも良い環境。

DSCF0660.jpg

高度順応のため、という名目でしばしのんびり過ごします。

まぁ『しばし』が1週間以上この村に連泊し続けることになりますがw

DSCF0661.jpg

小さなウマワカ村の唯一とも言える観光ポイントは

村が見渡せる丘*

階段を登って登って登ります。

DSCF0955.jpg

2人ともここからの景色が大好きで

日課のように通っておりました。

DSCF0709.jpg

うっかり通りすぎなくて良かった場所No.1★



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (331)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*キルギス (3)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム