DSCF1685.jpg

2017-02

南米脱出。 - 2014.04.30 Wed

DSCF1601.jpg

南米最後の都市・サンパウロへ。

<移動>

ボニート→(バス所要5時間半/CRUZ DO SUR社 52レアル)→カンボグランデ→(バス所要13時間/MOTTA社 172レアル)→サンパウロ

ブラジルと言えばシュラスコ!

ということで、南米最後の晩餐はシュラスコを堪能。

『NO』と言わない限り、何度でも焼きたての肉が追加され続けるしくみ。

お腹いっぱいすぎてしばらく肉は・・・w

陽気なブラジルのお兄さんが目の前で肉を削ぎ落としてくれます。

DSCF1605.jpg

ブラジルの朝食は品数が多くて充実。

ケーキにパンにフルーツ盛り盛り。

チーズ入りのモチモチパン・ポンデケージョが美味しい。

DSCF1606.jpg

サンパウロは治安悪いと聞いていて、調べてみても強盗とか強盗とか強盗とか銃とか、恐ろしい噂しか出てこないという。

強盗に遭うから『サンパウロでは信号待ちで停まってはいけない』という暗黙のルールがあるらしい。

南米の最後の最後でそんな恐ろしい事態に巻き込まれたくないと2人で厳重警戒。

そんな噂ばっかり聞いてたからけっこうビビッてたけど、街歩きしてみると案外普通でした。

ブラジル人って陽気で親切な人がめっちゃ多いし、すごく助けてくれます。

DSCF1612.jpg

やっぱりサンパウロは大都会。

地下鉄も整ってて大体の所には地下鉄で行けちゃいます。1回乗車で3レアル。

地下鉄に乗ってCONSOLACAO駅下車。

DSC03119.jpg

表参道みたいにオシャレーゼなショップやカフェが立ち並ぶエリア。

ウィンドウショッピングしながら、目的地を探す。

探す。探す・・・探す。探しても探してもないんですけど。

ハワイアナスの本店が( ゚Д゚)

ちょうど絶賛リニューアル中でクローズ中。残念。

近くの支店へ。

そして、ちゃっかり靴購入。

DSCF1613.jpg

黄色と緑のブラジルカラー。

ハワイアナスはビーチサンダルが有名だけど、見たことないスニーカータイプやスリッポンタイプやさすが本場だからか種類豊富でした。

迷いに迷ってコレに決めた。せっかくブラジルに来た記念ということで。

DSC03125.jpg

せっかくにブラジルに来た記念パート2。ブラジルTシャツ。

ブラジルの人はブラジル愛国心が強いからか定かではないけど、ブラジル国旗マークのモチーフがついたものやブラジルカラーの所持品持ってる人多数。

カラーリングもいいし、旅行者で外国人の我々もブラジルグッズ色々見てると欲しくなってしまったし。

JAPANな私たちはと言えば、日本の日の丸のグッズは・・・欲しくないな。

DSCF1610.jpg

サンパウロの空港(GRU)へは空港行きローカルバスで約1時間。

空港行きローカルバスは地下鉄TATUAPE駅から257番乗車 所要約1時間(渋滞状況によりけり)
料金:4,45レアル 10分に1回運行(6:00-23:00)

いよいよ南米脱出です!!

DSC03131.jpg

ハワイからスタートして北米アメリカ入りから早5ヶ月。

約5ヶ月旅したアメリカ大陸は広くて広くてイヤになるくらいw

何回、夜行バスに乗ったことか。何十時間バスや列車に揺られたんだか。

特に気に入ったメキシコ、アルゼンチンでは1ヶ月近く滞在したし、5ヶ月なんかではとても周りきれない国がたくさんあって

大自然や人や文化、どれもこれも魅力的で刺激的な大陸。

充実の日々でした。

今回行けなかった場所は次の忘れ物ってことで。

アディオス南米。

アメリカ大陸旅が終わってしまうのは少しさみしいような。

でも遠いけど来る気さえあればきっとまた来れる!

DSC03133.jpg

南米脱出の手段に選んだのはロイヤルエアーモロッコ。

行先はヨーロッパ・ロンドン!

サンパウロ→カサブランカ経由(1泊)→ロンドンで燃油サーチャージ等込みこみで一人41,000円。

機内誌もアラビアンな雰囲気たっぷり。

DSC03136.jpg

そして南米からヨーロッパに飛ぶのに4万円ちょっととその安さが魅力的で決めた航空券だったけど

途中のカサブランカでの1泊乗継ぎもちゃんとケア付きなのがステキ。

トランジットホテル1泊・夕食朝食・空港⇔ホテル間送迎などなどすべて無料サービス!

DSCF1625.jpg

トランジットホテルもプール付きのちょっとしたリゾート気分で快適でした。

1泊だけだけと久々に全然違った文化圏でアラビアンな雰囲気を味わえたのも良かった。

モロッコはあとで戻ってくる予定なのでとりあえずロンドンへ。

DSC03140.jpg

久々のヨーロッパという響きに2人して浮かれ気味。

ヨーロッパ編・スタートです。



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

スポンサーサイト

天然水族館!ボニートが凄い - 2014.04.24 Thu

DSCF0602.jpg

まるで天然の水族館!

おそろしいほどに美しいボニートの水の中の世界へようこそ。



ブラジル・ボニートからボン・ディアω

コルンバから約5時間移動してボニートへ。

DSCF0461_20141227200628a86.jpg

<移動>
コルンバ→(バス所要5時間/Cruzeiro do Sul社・68レアル)→ボニート

※毎朝AM7:00発 この1本しかないから要注意

ボニートもこれまた暑い。

小さな町でヤシの木があって南国風。沖縄みたいだ。

パタゴニアのチャルテンで出会って一緒にキャンプしてフィッツロイを登ったじゅんいちさん&すみれさん夫婦と
ここボニートで1ヶ月半振りの嬉しい再会。

先にボニート入りしてたじゅんいちさんオススメの魚公園へ!

DSCF0459.jpg

宿でチャリンコレンタルしてサイクリング。

あっつい中、片道5kmの道のり。往復10km。

チーターのごみ箱発見。

DSCF0463.jpg

こちらはワニバージョン。

大自然で動物が多いところ?だからかどうかは定かではありませんが、

この辺りではアニマルモチーフのユニークな公共物がたくさん。

なんかこの遊び心が南米っぽいな

DSC03110.jpg

ボニートは町には特に何もなく、ボニートを起点に周辺のエリアにシュノーケリング等のツアーに参加するのが一般的。

自力では行けないエリアだからツアーに参加するしかないんだけど、それがまたお高いんです。

そんな中でもじゅんいちさんオススメの魚公園はチャリンコで自力で行ける距離かつ経済的。

(レンタサイクル15レアル・入園料25レアル)

地元っ子もたくさん遊びにきてて賑やか。

DSCF0464_20141227200634939.jpg

魚ウヨウヨ。

シュノーケリングセットをレンタルして上流から川の流れに身を任せ魚と一緒にプカプカ。

ちょっと邪魔レベルに魚が多すぎ。

泳ごうとしても魚にアタックされまくり。なんだこの状況w

DSCF0475.jpg

ここはここで魚いっぱい見れて楽しかった。

そしてメインのプラタ川へ*

こっちのプラタ川はツアーでしか行けないところでお高い方。

宿でツアー申込。
旅行代理店はいくつもあるけど取りまとめてるところは同じみたいでどこでも値段は一緒。

往復のシャトルバス台も込み込みで約8,000-9,000円なり。チャリーン。

ウェットスーツに着替えてプラタ川へGO

BONITO.jpg

水の中は全くの別世界でした。

目の前に広がる水の中のおそろしいほど綺麗な透明感と、神秘的な静寂。

写真では伝えきれないけど、ボニート凄い。

その美しさに感動。

DSCF0597.jpg

普通のシュノーケリングと違ってリバーフローティング

川の流れに身を任せて、約1時間半ほど川をずっと流れていくというもの。

大事なのは決して足をついてはいけないということ。

砂が舞って水が濁ってしまうし、サンゴなどの生物も傷つけてしまうためだそう。

このツアー自体、泳げる時間と人数制限もあったりしてこの透明度と美しさを保つための徹底ぶりがうかがえます。

BONITO4.jpg

流されながらすれ違う魚にこんにちは。

見たことない魚がいっぱい。

ここはまるで天然の水族館。

水族館の水槽の中を探検してるような気分。

BONITO3.jpg

黄金の魚・ドラードにも遭遇!!

迫力あってカッコイイ。

BONITO2.jpg

(ツアー代がお高かったこともすっかり忘れ去って)大満喫。

ここはホント来てよかった。


ボニート滞在を予定よりも長くさせたのは居心地のよいお宿。

おいしい手作りのケーキとフルーツと種類の多いパンが毎朝並ぶ。

DSC03117.jpg

看板ネコ・2匹常備。

癒しのハンモックあり。

できたばっかりなのか設備も新しくて部屋もキッチンもピカピカでキレイ。

コルンバではエアコンなしの暑さに干からびそうになってた我々には嬉しすぎるエアコンとプール付き!

DSC03059.jpg

オーナーさんも奥さんもすごくいい人。

やんちゃ盛りの子猫と遊びまくれます。

悪い顔ω

DSCF1560.jpg

<宿情報>

PAPAYA HOSTEL    予約はここから→

・バス停からすぐ(徒歩3分ほど)
・ドミトリー1人25レアル(種類豊富な朝食付き)
・ハンモック&プール&キッチン&洗濯スペースあり

やんちゃな子猫と落ち着いた大人CATな母猫が出迎えてくれます。

oba222.jpg

『ようこそ』

DSC03081.jpg

パンタナールに沈む夕日はいつもいつも綺麗でした。



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

パンタナールに行ってみよう - 2014.04.22 Tue

DSC02986.jpg

ブラジル・コルンバからボン・ディアω

南米最後の国、ブラジル入りを果たした我々。

ブラジル旅はボリビアとの国境の町・コルンバからスタート!


コルンバはパラグアイ川のほとりにある町。

穏やかに流れる広い川とどこまでも広がる広大な湿原。

DSCF1441.jpg

パラグアイ→イグアスの滝という王道ルートを辞めて、こっちルートにした最大の理由はパンタナール。

パンタナールはブラジルの広大な湿原地帯。野生動物と大自然が魅力。

せっかくビザも取ってブラジル入りするならパンタナールに行きたいね、と。

コルンバには蛇なんかもいたりします。

DSCF1443.jpg

ブラジルカラーの緑と黄色のココナッツジュースのお店。

パラグアイ川沿いは特にのどか。

DSCF1449.jpg

@博物館

私たちもボリビアからブラジル国境まで乗ってきた列車、昔からこの地域を走る古い列車で

資料や歴史が色々と展示されておりました。

DSCF1461.jpg

コルンバに着いたと同時に暑さとの戦い始まる。

湿地帯だからか湿気交じりの熱さがかなわん・・・不快指数90%。

たまに降るスコール。その後うっすら見えた虹。

DSCF1464.jpg

その熱さの状況化の中、重いバックパックを背負って宿さがしは苦行でした。

コルンバ宿・・・ない(゚Д゚)

あるにはあるけど高い、うちらが泊まれそうな安宿レベルでも他の街に比べて高い。

そのくせクオリティ低い。暑さに負けて歩き周るのにも疲れたから2軒目の宿に決める。


気温40度近くなうえエアコンなし・おんぼろプロペラのファンが回るエコな空調

リアル・クモの巣とヤモリという斬新な壁の模様

息絶えた蚊がシーツに多数転がっているというサプライズ

・・・素敵な宿でした。。

あまり部屋にいたくないため川へ散歩(避難)

DSCF1447.jpg

1泊だけして脱出!次の街へ移動!のはずが、

朝1本だけしかないバスに乗れず・・・

というのも、カード払いが不可でバス停にATMなくて離れた中心部にしかないというATMにダッシュしたけど間に合わず

コルンバ延泊決定( ;∀;)


昨日の宿に戻る気はさらさらなかったから、他を探す。

今度はバス停近くの家族経営なアットホームなお宿へ。もちろんここもエアコンなし。

DSC02991.jpg

気温40度近い暑さの中、部屋でトラベルクッカーでパスタ湯がいてスパゲッティ。

暑すぎた!食事のチョイスおかしいと、激しく後悔。

この街では半袖半パン、手には扇子という適当すぎるファッションでもOK。

もはや暑すぎて衣服などどうでもよいのである。

DSCF1466_20141227201337f07.jpg

コルンバでは暑くて何もする気がおきないうえ、やることも特にない。バスに乗り遅れたしw

せっかくなのでパラグアイ川の遊覧船へ行ってみようと。

川沿いを散歩するぐらいでいいかなと思ってたけど、遊覧船乗って大正解。

野鳥やワニ、カピバラなどなど野生動物見れた!

DSC03002.jpg

DSC03010.jpg

船はゆっくりと川を進みやがて夕陽が落ちる時間。

パンタナールに沈みゆく夕陽は格別。

DSCF1499.jpg

DSC03023.jpg

とてもとても大きくて真っ赤に燃える夕陽が印象的でした。

DSC03026.jpg

ドアのガラスもパンタナールの真っ赤な夕日を映し出します。

DSCF1544_2014122720133952e.jpg

明日こそはバスに乗り遅れないことを誓い、

暑い風しかこない気休めの扇風機を頼りに熱帯夜を耐え忍ぶのです。

DSCF1536.jpg

次はお魚天国・ボニートへ!!


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (317)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (11)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (4)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム