DSCF1685.jpg

2017-11

十字架で埋め尽くされた丘@リトアニア・シャウレイ - 2014.05.13 Tue

DSC03420.jpg

こんなにたくさんの十字架を目の前にするのは初めて。

インパクトが凄い。

▼PLACE:リトアニア(ビリニュス/シャウレイ)→ラトビア(リガ)



DSCF2069.jpg

リトアニア・ビリニュスからラバ・ディエナ(こんにちは)!

十字架の丘に行く前にビリニュスでの締めくくりは見ておきたかったウジュピス地区へ。

この日もチャリンコで。

DSCF2092.jpg

旧市街を少し行って川を渡ったあたりがウジュピス地区。

小さな独立国・ウジュピス共和国でもあります。

DSCF2072.jpg

芸術家が多く住むアーティスティックな地区。

ひっそりとして静かな場所でした。

ビリニュスの旧市街とはまた少し違った独特の雰囲気が漂っておりました。

DSCF2074.jpg

ビリニュスの次に向かうのは、

リトアニアに来たら行ってみたかった場所・『十字架の丘』です。

十字架の丘はリトアニア北部のシャウレイという街から行けるようなので、

この日のミッションはビリニュス→シャウレイ(↔︎十字架の丘)→リガ(ラトビア)へたどり着くこと。

色々調べてみても、この辺りは交通の便が悪くてバスが接続できなかったりと
同日中にラトビアのリガまで行けなかったと書いてる人が多い...さて、行けるかな。

DSCF2108.jpg

まずはビリニュスからシャウレイへ。

バスor列車??
本数は少ないけど、バスよりも安かった列車をチョイス。

〈移動〉
ビリニュス→(列車所要2時間半/33.4リタス)→シャウレイ

マニアックだけど、この列車のチケットの左上に新幹線マーク。日本の新幹線の0系(?)らしきモデル!!??

DSCF2113.jpg

シャウレイ着。列車の駅からバスの駅まで5分少々歩いて移動。

十字架の丘行きのバスをリサーチ。

バスターミナル内にある荷物預かり所でバックパックを預けて身軽に。

DSCF2114.jpg

十字架の丘に行くのはヨニスキシュ行きバスに乗りドマンタイで下車。

見たまんまほぼアルファベット読みすればいいスペイン語とは違って、リトアニアの言葉や地名はわかりにくいの多くて困る。。

記号や句読点?みたいなのが特に謎。

〈移動〉
シャウレイ・バスターミナル→(バス所要15分/3リタス)→ドマンタイ

DSCF2121.jpg

ドマンタイびっくりするくらい何もありません。

運転手さんにも着いたら教えてねって言ってたのに英語通じずノーリアクション。

同じような風景が続くからどこで降りたらいいかタイミングに困る。

一応、十字架の丘へ伸びる道への看板あります。

ドマンタイで降りてそこから何もない緑豊かな田舎道をまーっすぐ歩くこと20分。

DSC03408.jpg

十字架の丘のお目見えです。

目の前に広がるのは無数に所狭しとたてられた十字架。

DSCF2137.jpg

DSCF2127.jpg

スゴイ数!5万本以上あるそうな。

リトアニア独立戦争の死者や、旧ソ連による圧制とシベリア流刑の犠牲者を悼むため十字架が建てられたんだとか。

巡礼地であり世界遺産。

DSC03416.jpg

こんなにもあるとちょっと不気味な気もするけど、そのひとつひとつの十字架に色んな人が色んな想いを詰めて建てたんだろうな、と思うとすごく神聖な場所に思えてくる。

ちなみにお土産屋さんでも十字架が売られてて自分の名前を書いて訪れた記念に建ててく人も。
以外とライトなのねw

今もなお十字架は増え続けているそう。

思ってた以上の数に圧倒された十字架の丘でした。

DSCF2140.jpg


帰りも何もない一本道を歩いてバスを降りた場所まで戻ります。

ドマンタイ→シャウレイの帰りのバスも本数はかなり少ない(1時間半に1本くらい)うえに、時刻表の文字がほぼ消えてて解読できず。

なんとか読めたけど、バスは予定時刻より7,8分早く来てそのまま発車。

あくまで時刻表は目安な模様。早めに待ってた方がいい。

DSC03423.jpg

十字架の丘に行けて満足。

だけど、この日のミッションは同日中にラトビアのリガまでたどり着くこと。

シャウレイのバスターミナルからリガ行きのバスがあります。
あるにはあります。。

というのも本数も少ないうえ、20人程度しか乗れないミニバス。

定員が少なすぎて当日チケットを買おうとしても満席で乗れないことが多いとのこと。

しかもバスターミナルの窓口では売ってくれずバス内でのみチケットが買えるという不便なしくみのせいで、バスが来るまで早めに並んでても席は予約席でいっぱいでチケット売ってもらえないという。

ネットで調べてもこのバスに乗れなくて泣く泣くシャウレイ泊したという人が多数(゚Д゚)

どうしよ〜となかなか情報が見つからない中、前日の夜に何とかそのミニバスのネット予約できるサイトにたどり着くことに成功。

★OLLEX BUS(シャウレイ→リガ運行)
http://www.ollex.lt/index.php?lang=en&back=1

残席2席´д` ;すぐさま確保!!

十字架の丘へのバスの時間もよめなかったから出来るだけ夕方の遅い時間の便にした。

〈移動〉
シャウレイ〈リトアニア〉→(ミニバス所要2時間/40リタス)→リガ〈ラトビア〉

*国境越えるけど途中車内で簡単なパスポートチェックのみあり。


『十字架の丘に寄って同日中にリガにたどり着こう計画』クリア。

13カ国目はラトビア。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**
スポンサーサイト

湖と森のトゥラカイ - 2014.05.09 Fri

DSCF1990.jpg

リトアニア・トゥラカイからラバ ディエナ(こんにちは)!

ビリニュスの旧市街は1日で見れてしまったので、この日はビリニュスから足を延ばして日帰りでトゥラカイへ。

<行き方>
ビリニュス→(バス/所要30分/料金6リタス)→トゥラカイ

ビリニュス・バスターミナルから6,7,28,29番のバスが運行

DSCF1992.jpg

トゥラカイは湖と森、自然公園と景観が綺麗な所。

静かでのんびりしてて良い。

DSCF1994.jpg

DSC03376.jpg

バスターミナルからゆっくり湖沿いを歩きながら、トゥラカイ城の方へお散歩。

トゥラカイでは民族料理のキビナイ(KIBINAI)という窯で焼いたパイが有名。

DSCF2001.jpg

DSCF2004.jpg

湖沿いにもキビナイが食べれる山小屋風の可愛いカフェがたくさん。

腹ペコだったので昼食も兼ねてカフェへ。

DSCF2015.jpg

ライ麦のパンがお皿になってるというオシャレーゼな食べ物をチョイス。

サワークリームとなんだかわからない苦味がちょっと苦手で・・・

食べる前はパンのお皿まで食べることを楽しみにしてたのに無念。。

DSCF2010.jpg

バスターミナルから20-30分歩いて、トゥラカイ城が浮かぶ湖へ到着。

オレンジのとんがり屋根のお城が可愛くて中世の雰囲気たっぷり。

DSC03379.jpg

トゥラカイ城までの橋を渡って近づいていきます。

近づくにつれて迫力あるお城の存在感がスゴイ。

DSCF2036.jpg

DSCF2058.jpg

お城の前まで来たところでしばらく眺めていると、日本人の団体ツアーのおばさま方に遭遇。

『こんにちは。日本の方ですか?個人旅行ですか?何日間くらいですか?』と色々と気さくに話しかけてくれるおばさま方。

『今、世界一周中でして色々周ってるところなんです』と言うと、かなり驚かれた様子で興味津々で更に質問攻めw

DSCF2040.jpg

『えっ5ヶ月かけてアメリカ大陸周ってきたの!?』『1年間新婚旅行!?いいわね~!』

ねー聞いてこの子たち世界一周してるんですって、と次から次へ伝言ゲームのようにツアーのおばさま方に伝えられ、取り囲まれる。

こんなにたくさんの日本人に会ったのは久しぶり。

中米や南米にいた頃は世界一周してる人にたくさん会ったしそんなに珍しいことでもないような気がしてたけど、

おばさまたちの反応を見て、そうじゃなかったことを久々に実感したような。

『気を付けて楽しんでね!』と陽気なおばさまたちに見送られる。

DSCF2044.jpg

それにしても、トゥナカイってツアー旅行でも組み込まれるようなメジャーなところだったことを初めて知るw

お城の周りをくるり散策。

DSC03391.jpg

表からの眺めも良かったけど、裏手はもっと静かで湖畔沿いのゆったりした雰囲気がステキでした。



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

世界遺産の街並みをチャリンコで巡る - 2014.05.08 Thu

DSCF1933.jpg

リトアニア・ビリニュスからラバ ディエナ(こんにちは)!

イギリス・ロンドンからLCCのウィズエアーで飛んで約3時間半 12ヶ国目はリトアニア。

社会の授業で習ったリトアニア・ラトビア・エストニアのバルト3国の国です。

ヨーロッパとはまた違った雰囲気のバルトの国。また違う文化圏に来ると新鮮でとてもワクワクする。


ビリニュスの空港に深夜に着いたので、この旅3回目の空港泊。

空港泊の時はこのサイトを参考にしつつ寝れそうか一応リサーチしてから行ってますw

ビリニュスの空港は小さいけど24時間空いててフリーのWIFIもあり。ちょっと寒いけどまぁ寝れる。

DSCF1886.jpg

ドミトリーの安宿なのにインテリアや造りがすごくオシャレ。

まるでIKEAのショールームみたい。

バルト3国は北欧にも近い位置にあるので、シンプルで美しいデザイン性溢れるものが多いのです。

DSCF1984.jpg

宿で無料で貸出してる自転車を貸してもらって散策開始!

まずは近くの市場へ。

DSCF1891_201501291927497ef.jpg

買い物中のマダムたち。

リトアニアの人は色素が薄くて色白で髪は黄金な人が多い。

野菜や果物、魚の燻製などなど色々売ってておもしろい。

DSCF1893.jpg

DSCF1895.jpg

リトアニアの言語はリトアニア語。全然わかりません( ゚Д゚)

通貨はリタス。1リタス=約40円くらい。

イギリスから来たからか、リトアニアの物価は安い!特にビールが安くて種類も豊富。

DSCF1919.jpg

ビリニュスの見どころは世界遺産にもなってる旧市街の街並み。

レンガ造りの古い建物が現代の街並みにも溶け込んでいます。

DSCF1916.jpg

バロックの都・ビリニュス。建物がステキ。

ずいぶんと北に上がってきたのでリトアニア寒い。

天気もどんよりで吹き付ける風が非常に寒くて、チャリンコこぐ手が凍えそう。

DSC03364.jpg

街が一望できる展望台からの街並みはまるで中世の世界。

とても綺麗でした。

DSCF1965.jpg

旧市街の中心・大聖堂。

とてもひろーい広場。広いので自転車でぐるぐる。

DSCF1982.jpg

聖アンナ教会。

レンガ造りの重厚感ある教会。

雨が降ってきたので雨宿り。ただでさえ寒いのに更に体が冷える。。

DSCF1952_20150129192937ae5.jpg

最近まで常夏のラテンで陽気なブラジルにいたからか、リトアニアは気候的にも人もクールな印象。

かつてはポーランドと連合し、1990年と割と近年まで旧ソ連に統治されてた複雑な歴史の背景からか

街並みはすごく綺麗なんだけど、なんだか閉鎖的でどこか寂し気な影も感じるような。

DSCF1958.jpg

新市街で発見。日本にも参入した安くて可愛い北欧雑貨のお店『Tiger』

まだ日本にいた頃テレビで見て、一回行ってみたいと思ってたところ。

確かにデザインも可愛くて機能的でお手頃価格の商品が。
今は長旅中で自粛してるけど、日本だったら普通にちょこちょこ色々と買ってしまうと思うω

DSCF1943.jpg

宿で借りてきた自転車が足も届かないうえ鍵も壊れてて、よく言えばレトロ、はっきりと言えばボロイのですが

サドルもカッチカチでクッション性ゼロなのでちょっとの段差でもお尻痛すぎるのです。

それでも『世界遺産の街並みを自転車で2人乗りさんぽ』なんて、なんだかメルヘン。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (331)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*キルギス (3)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム