DSCF1685.jpg

2017-04

静かな漁村で感じる素朴バリ@アメッド - 2015.10.03 Sat

DSCF5974.jpg

塩田のまち"アメッド"へ。


▼PLACE:【INDONESIA】Amed

DSCF5997.jpg

バリ旅の最後はバリ東部にあるのんびりした漁村"アメッド"へやってきました。

この町では"塩づくり"が盛ん。
色んなところで塩を作ってる姿が見られます。

DSC08175.jpg

DSCF5992.jpg

こんな風にして塩ができるのか、と興味津々。
乾かし中の塩が色んな海沿いの色んな場所に置かれてるから、塩づくりを観察がてらのお散歩です。

DSCF5996.jpg

海に近いからこの町のごはん屋さんでは魚メニューが充実。
バラクーダは・・・だったけどマヒマヒがうまし。

どこも大体、ごはんと野菜の付け合わせとサラダとお魚のワンプレート。(200円弱)
ここぞとばかりに毎食魚メニューをチョイス。
海のまちの楽しみのひとつであります。

DSC08188.jpg

浜辺さんぽ。

この"アメンボウ風"な形の船はこの漁村でよく見られる"ジュクン"
インドネシアの伝統的な船の呼び名でもあります。

これで男性陣は漁へ。

DSCF6008.jpg

夕暮れ頃、浜辺で夕涼みしてるとちょうどジュクンがご帰還。

家族が駆け寄って重そうなジュクンを岸へと運ぶ風景。
"漁から帰ってきた勇ましい姿のお父さん、とそれを迎える家族"というステキな光景。

DSCF6001.jpg

興味深々で見てたら、捕れた魚を見せてくれたお父ちゃん。
いっぱい釣れておりました。

よっ お父ちゃん**

DSCF6010.jpg

アメッドの夕暮れはとても幻想的。

綺麗な三角のかっちょいい山・アグン山。
富士山かグアテマラのアンティグア山を思い出す。

特に夕刻のアグン山は美しや。

DSCF6020.jpg


アメッドはバリ有数のサンゴ礁が広がるダイバーに人気な海でもあるのです!
我々はダイビングよりもシュノーケラーだけど。

小高い丘の上から眺めたアメッドの海は青くて緑でキレイ。
海+山&緑がこれまたイイ。

DSCF6029.jpg

こんな海見たらもちろん泳ぐしかない。
シュノーケリングへGO。

魚はそこそこ。海はまぁまぁ。
でした。

でもウブド周辺よりも数段暑いアメッドなので、ひんやりした海にプカプカ浮いてるのが心地良い。

DSCF6030.jpg

バイクをレンタルしてアメッド周辺をドライブに出かけたりもしました。
この辺でタコの串焼きの屋台があるって本に書いてたから。
・・・ありませんでしたけどね。(見つけられず)

タコの串焼きを食べるっていう目的は果たせなかったけど、
自然が多くて気持ちいいドライブでした。

この辺は観光客もほとんどいなくて"素朴バリ"が感じられる場所だった。

DSCF6031_20151003055608d6e.jpg

自然の中でゆったりと過ごしたアメッド。

漁へ出る勇ましい姿の男性陣。
塩づくりにせっせと励む女性陣。
海沿いで遊ぶ陽気な子供たち。

そんな姿が印象的でした。


そして、2週間ぶりにバリ旅のスタート地点・クタに戻ってきました。

DSCF6058.jpg

バリの最後の夜は市内のショッピングセンターで催されてたケチャダンスを鑑賞。

ウルワツかタナロットにサンセット&ケチャを見に自力で行こうとバイクのレンタル探したけど、
帰りが夜遅くになって店が閉まるとこが多くてなかなか貸してもらえず・・・手軽にすましたっていうねw

バリは旅っていうよりバカンス気分でした**
気が緩めないアフリカへ乗り込む前のワンクッションです。





■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】


スポンサーサイト

古き良きバリ。バリの伝統村"パンリプラン"とギニャール。 - 2015.09.29 Tue

DSCF5901.jpg

バリの伝統的な村"パンリプラン"


▼PLACE:【INDONESIA】 Ubud⇒Gianyar⇒Penglipuran

"素朴なバリも見たいね"ってことで、ツーリスティックなウブドを抜け出し
バリ島南東部に位置するギニャールへ。

DSCF5909.jpg

DSCF5913.jpg

なにやらセレモニーの準備中。
興味深々で近づいて行ったら、快く話しかけてくれたバリのおじちゃんたち。
何を作ってたかは聞いたけど解明ならず。

バリってホントに至るところで日常的に何らかの儀式の光景を見かける。
バリ・ヒンドゥーが生活、文化、風習とかバリの人たちにとってあらゆることの基礎になってるんだなと思ふ。


ギニャールの市場へ。

ローカル感漂う市場。地元の人たちでいっぱい。
夜には屋台もいっぱい出てもっと賑わうらしい。

DSCF5921.jpg

ごはん系の屋台も出てるし、服に雑貨に生活用品などなど。
要するに何でもありのゴッチャリ感満載のマーケット!


キラキラしたカラフルなゼリー。
ゼリーにフルーツやシロップやアイスかけたその"パフェ風"なスイーツのお店は地元バリの女子たちに大人気。

DSCF5923.jpg

激甘そうなので我々はトライしなかったけど、このお店でフルーツシェイク飲みました。
"おじちゃん、マンゴーとアボガドね!"ってそれぞれオーダー。

でてきたのは、マンゴー&アボガドのミックスシェイク1つ・・・w
混ぜちゃいましたか。どっちの味も殺し合っててビミョーすぎた。できれば別件で頂きたかった。

DSCF5924.jpg

この辺は英語がほとんど通じない感じでした。
つまみ食いで買った、バリ版焼き鳥こと"サテー"も身振り手振りで何とかゲット。

生活感漂うローカル・バリに触れられる市場はとてもおもしろかった**



ギニャールから少し先にあバンリ。
バンリの山道をさらに進んだところにある、バリの伝統的な集落"パンリプラン(Penglipuran)"へ。

DSCF5893.jpg

すーっと通った一本道の両脇にバリの伝統的な家屋の家が並ぶ独特の造り。
木の屋根瓦がステキ。

DSCF5896.jpg

バリの建物ってどこも門構えが立派なのが多いけど、この村の門と表札は特に立派でカッコイイ。
ぎっしりかかれた文字は、この家の家族の名前や家族構成がかかれてるそうな。

DSCF5895.jpg

お宅によっては家の中を見学させてもらえるところも。
どんな風になってるのか気になって、拝見させてもらいます。

DSCF5890.jpg

日本昔ばなしに出てきそうな感じ。
非常に素朴でシンプルを追及した内装になっておりました。

昔ながらのかまどが渋かった。

DSCF5870.jpg

このパンリプラン村は、"バリの伝統的な集落・生活習慣を現在まで保存している村"として
1993年にインドネシア政府に観光村として認定されました。

それ以来、一般の人や観光客に開放され外部の人を受け入れるようになったらしい。

DSCF5900.jpg

インドネシアのドラマの撮影場所に使われたり、旅行番組で取り上げられることが多いこともあって、
ここパンリプラン村はインドネシア国内の観光客に大人気**

我々が行ったときもインドネシア人だらけでしたね。

DSCF5887.jpg

政府から保存されている伝統村ということもあり入場料かかる、という点と
日本でいう映画村みたいなちょっとテーマパーク化してる感が否めない感じが少々したのがホンネ。

DSCF5888.jpg

それでも、保存されてる伝統集落の景観はタイムスリップしたみたいに情緒あるし
民家で暮らす人たちの生活をのぞくことができ、古き良きバリが感じられる場所でありました。


村人みな伝統衣装を着て伝統家屋もさらに煌びやかに装飾されるという、
お祭りの時期にきてみたい!




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】


ウブドあれこれまとめ。 - 2015.09.26 Sat

DSCF5933.jpg

おいしそうなパンを見つけてしまったので、朝カフェ。


▼PLACE:【INDONESIA】 Ubud

素敵バンガローは期間限定(2日間だけ)のプチ贅沢で、庶民の宿へお引越し。
庭の藁ぶき屋根スペースが良い感じ。

DSCF5836.jpg

素敵バンガローの近くの景色が気に入ったから、徒歩10mほどの宿へ移りました。
こちらもバッチリ田んぼビュー。

DSCF5835_20150925170622093.jpg

朝食付けるとプラス100,000ルピア(820円)って言われたから、お断り。
それぐらい出したらバリの物価からすると他のカフェとかでも食べれそうだし。
たまには外で朝ごはんもいいかな、と*

なので、朝ごはんを求めて丘の上の方へ朝さんぽ。

【Kue Bakery and Cafe】
DSCF5936.jpg

ショーケースに並べられた美味しそうなパンに引き寄せられて入ったカフェ。
ケーキやマフィンもいっぱい。おいしそ♡

シナモンクロワッサン(MAI)とチョコクロワッサン(TAKU)、そしてバリの豆を使ったオーガニックコーヒーを。

DSCF5934.jpg

皮がサクサクしてておいしかった。
人気店のようで欧米人で賑わっておりました。

朝からカフェって優雅な気分に浸れます。


ウブドには1週間いました。
のんびり。田んぼに囲まれて。

DSCF5939_20150925170652d5a.jpg

バリって物価に対して交通費が高い。
そしてどこ行くにも交通が不便(自力じゃ難しい)
近場だったらバイク借りて行けるけど、遠出だと車チャーターしたりしないといけないし。

なので、今回のバリ旅ではあっちこっち移動して移動費かかるなら
1つの町でのんびりして、ちょっと良い宿泊まったり、おいしいご飯食べたり、バリ雑貨買ったり、マッサージ行ったり・・・
とそっちに予算使おうと。

島(ロンボクとかギリ)にも行こうかと思ったけど、海はその前にアジアとオーストラリアでいっぱい行ったしバリではいいやってなってしまったw


*ウブドあれこれまとめ*

<ごはん編>

【Warun Biah Biah/ワルン ビアビア】
DSCF5733.jpg

ゴータマ通りにある人気ワルン。夕食時はいつも並んでる。
ちょっと量は少な目。
小皿料理の種類多く、ちょこちょこ頼んでつまめる。


【warung laba-laba/ワルン ラバラバ】
DSC08060.jpg

ハノマン通りにあるレストラン。
オシャレカフェ風なごはん屋さんが多いウブドはどこも金額高め。
どうせならって雰囲気いいとこに入ってみた。

料理おいしくて雰囲気よくて、お手頃価格(良心的なTAX込みの金額設定)で大満足。
特に"ガド・ガド"(温野菜にピーナッツソースかけたインドネシア料理)うまし♥


【Warung Ijo】
DSCF5839.jpg

王宮通りの市場から東へ行ったあたりにある穴場ワルン。
我々の行きつけワルン。見つけてからというもの毎日通ったオススメ店。

ローカル価格でおいしいごはん。
いつも混んでる。
ナシチャンプルのビュッフェも種類多し。

飲み物もクオリティ高し。
一押しはアロエベラがゴロゴロ入ったレモンジュースとアボカドジュース。


【和るん あんかさ】
日本食が恋しくて。お刺身めっちゃ美味でした!
飲んでないけど、自家焙煎のコーヒーが人気みたい。



<マッサージ編>

オーストアリアで農業に励んでた頃、体の色んなところが痛く、そんな時はいつも
"バリでご褒美にマッサージに行ってやる。しかも長めのやつ"って言ってた。

念願のスパってヤツへ行かせて頂きます。

タイで足つぼマッサージか、かつて出張で行かせてもらったスリランカでアーユルベーダ体験したことある以外、
スパなんて行ったことない私。楽しみすぎる。

とは言ってもそんなホテルの高級スパなんて行けるわけもないので
"お手頃価格・上手い・景色良い(できれば田んぼビュー)"の3本柱で調べたところ、一番気になったのがkarsa spa。
前回の記事でチャンプアンの散歩道の先にある藁ぶき屋根のカフェに併設された人気スパ。

DSCF5759.jpg

前日予約入れるもフル。(5日先まで空いてなかた・・・)
あきらめきれず当日直接行ってキャンセル出てないかトライしにいったけどダメでした。

その次の候補だった"Bali Botanica Day spa"もフル。(4日後まで空いてない・・・)

そもそもスパ行くのに予約が要るとか知らなかったし(拓ちゃんにした方がいいと促され・・・初めて気づく己の愚かさよ。)
いくら人気店でもこんなに予約できないほど混んでるとは。


で、結局行ったのが、"Jiwa Raja Spa and Wellness"ってとこ。
看板ネコがお出迎え。
DSCF5850.jpg

TAKUはバリニーズマッサージコース90分(1,100円程度)を
MAIはバリマッサージ&ハーバルヘアートリートメント120分(1,400円程度)を。

2時間もやってもらえてこの料金はステキ。日本じゃありえない。

DSCF5848.jpg

夢見心地♥
癒されました。


ウブドはジュリアロバーツの"笑って、祈って、恋をして"の映画そのままのバリが感じられる場所でした。
ウブド好きやリピーターが多いのもわかる気がする。

DSCF5940.jpg

DSCF5946.jpg

我々もちょっとは"ウブダー"になれたかな。






■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (321)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム