DSCF1685.jpg

2017-07

"バンスカ・シュティアヴニツァ" しっとり東欧の田舎町巡り。 - 2016.01.23 Sat

DSCF0623_20160125055201398.jpg

バンスカ・シュティアヴニツァ*


▼PLACE:【SLOVAKIA】Biely Potok→Banska Stiavnica

ヴルコリニェツの次に向かうのは"バンスカ・シュティアヴニツァ"という街。
これまた言いにくい。スロバキアの地名、全く聞き慣れませぬ。

またここからの移動がややこしい。
バスを3本乗り継いで行きませう。


*Biely Potok→(BUS/所要15分/0.8€)→Liptovska Osada

*Liptovska Osada→(BUS/所要1時間/2€)→Banska Bystrica

*Bansuka Bystrica→(BUS/所要2時間/3€)→Banska Stiavnica


東ヨーロッパは地方都市に行けば行くほど交通が不便。
しかもオフシーズンで本数少なくて苦戦。言葉も英語は通じないこと多々(;゚Д゚)

マイナーどころは多いけど、ポテンシャルを秘めた東欧の田舎町の美しさに気づいてしまった。
昔はイタリアとかフランスとか王道で華やかなヨーロッパが楽しいと思ってたのに。

大人になったからか、最近は"しっとり東欧の田舎町巡り"がしっくりくる。
不思議ω


そんな交通がちょっと面倒な東欧の地方都市めぐりに我々が活用してるサイト↓↓
Rome2rio

前にアルバニア行った時に発見して以来、たまーに使ってる。
ルートに困った時・調べても交通情報が出てこない時、とりあえず検索♪
バス会社がひっかかってきたり何らかの手がかりになる。かも。


DSCF0628.jpg

Liptovska Osadaとバンスカ・ビストリカで乗り換えて、バンスカ・シュティアヴニツァ到着。
バス降りたら道凍ってて、宿まですり足でそれでもツルツルなりながら牛歩の歩みでたどり着くw

バンスカ・シュティアヴニツァはスロバキアの最古の鉱山都市で世界遺産の街。
鉱山堀り堀り風のおじちゃんオブジェいた。

DSCF0600.jpg

バスを乗り継いできたのに、びっくりするくらいの天候の悪さったらない( ;∀;)
雲ドヨーン。霧ドーン。

DSC00295.jpg

街並みはヨーロッパって感じの綺麗で整った雰囲気。
ところどころパステルカラーの可愛い色した建物。

DSCF0624_201601250601090bb.jpg

DSCF0619_20160125060107f28.jpg

ただ少しヨーロッパの同じような街並みに飽きてきてた頃だっただけに
"うわーきれい"とまではならず。コレと言った特徴が見つけられない…。

鉱山の街やから鉱山に入りに行けばよかったのかな、と今更。

DSCF0610.jpg

丘にのぼってみる。
路面ツルツル。景色ぼやーん( ゚Д゚)

丘の上の開けた場所から街が見渡せる。ハズだった。
この日はあいにくの霧ブロックにやられる。

DSCF0614_2016012506010645f.jpg

せっかく滑りながらのぼったけど写真撮るものがなく、凍った花を撮るという始末。

DSCF0611.jpg

のぼったはいいけど、下りはもっと恐怖。
道が凍っててツルツルで滑る滑る。

牛歩の歩み中。

DSC00302.jpg

"恐る恐る歩くより、滑ってった方がいいよ。スケート気分で"
雪国・新潟育ちの拓ちゃんからのアドバイス。

・・・コケる。(涙)


世界遺産なのに観光客が1人もいないというね。
イマイチ見どころがわからなく、でも一応観光ポイントっぽい丘の上の教会へ。

DSCF0625_20160125060302a6e.jpg

滑りすぎてのぼれずMAI挫折。



こうなったらもうカフェしかない。
カフェごもり(゚∀゚)

DSCF0604.jpg

泊まってた宿のおじさまのオススメかつ割引券もらったお店へ。
"GAVALIER"

DSCF0633.jpg

洞窟っぽい内装がステキでした。
コーヒーで温まり、ついでにベリーのチーズケーキも食す。

まったりしながら作戦会議。

DSCF0641.jpg

次行く街までの移動手段と時間、宿の予約。
そろそろ年末をどこで過ごすか決めて宿も探し始めとかねば。

ヨーロッパ旅は交通も宿も何通りもあって、ネット予約した方が安い場合も多い。
なかった時の金銭的な損害が大きい分、"行って探せばいっか"が通用しないし。

便利なんだけど選択肢が多い分、調べることも多くて意外と時間かかりますな(;´∀`)
スロバキアは特に地方都市のバスのルートと時間調べるのに苦戦した~

DSCF0630_20160125060823042.jpg

夜の広場。

あいにくの霧だけど、ぼんやりしててツリーのライトがホワンと幻想的に見えた。
この街で初めて霧もいいかもと思った瞬間。



この街に2泊して我々は悟った。

バンスカ・シュティアヴニツァは夏に行くべき、ということを。
夏というか、冬以外の季節に行きましょう。

別の季節の天気が良い日のこの街の写真をみた限り、同じ街とは思えぬ綺麗さやったよ。
景色霧でぼやけてないし、路面凍ってて歩けないということもないはず。

季節を間違えたため街は不発感否めなかったけど、
泊まってた宿は居心地抜群やった*

DSCF0588.jpg

<バンスカ・シュティアヴニツァ宿情報>
・Penzion Kachelman/1泊1室25euro

メゾネットタイプの2階建て。1階はシャワー室&トイレ、バルコニー。2階が寝室。
広々してて家具も充実。特に2階の部屋が屋根裏部屋風でオシャレ物件でした。




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】






スポンサーサイト

"ヴルコリニェツ"スロバキアの山道を8キロ歩いていく価値がある場所。 - 2016.01.21 Thu

DSCF0562.jpg

ヴルコリニェツ村*


▼PLACE:【SLOVAKIA】Spisske Podhradie→Biely Potok→Vlkolinec

スピシュ城の城下町、スピシュスケー・ポドフラディエを出発。
バスを乗り継ぎ移動開始。

*スピシュスケー・ポドフラディエ→(BUS/所要3時間/6€)→リュジョンベルック

DSCF0476.jpg

スロバキアって来るまでノーマークで正直どんな国か全然知らなかったけど、自然豊かなところ。
特に山景色がめちゃキレイ。

DSCF0477.jpg

途中休憩でポプラト(Poprad Tatry)に停車。
運転手さんが全く英語を話さないから一体何分休憩なのか謎・・・。

近くのスーパーにお昼を買いにダッシュ。
バスに置いてかれたら悲劇なので必死に走る( ゚Д゚)

DSCF0482_2016012105182047f.jpg

リュジョンベルック到着。

屋根の造りが可愛い駅。
列車駅の前のバス停から市バスに乗換え。

*リュジョンベルック→(BUS/所要15分/0.5€)→Biely Potok

DSCF0485.jpg

町外れのバス停で下車。
とりあえず町の方へ行きそな買い物帰りのおばちゃんを尾行。テクテクついてく。

古い木の民家とか、並べられた薪とか。
なんだか素朴な田舎町の景色にワクワクしながら、しばらく歩いて予約してきた宿へ。

DSCF0511.jpg

<Biely Potok宿情報>
・Penzion pod Vlkolincom/1泊1部屋30€ 朝食付

この辺はあんまり宿自体少なくて値段も高め。だけど、ロッジ風のバルコニー付の部屋が良かった。
朝食はメニューがいくつもあって好きなの選んで作ってもらえた*

DSCF0493.jpg

宿の近くをさんぽ。
しずか~そして、のどか~(´∀`*)

町というか村レベル。
この地方独特の木彫りの人形と。

DSC00272.jpg


翌朝。
宿のおじちゃんが作ってくれる美味しい朝ごはんとコーヒーでほっこりした後は、
ここへ来たミッション遂行。

"ヴルコリニェツ村"へ!!

山奥にある世界遺産の村"ヴルコリニェツ"
スロバキア共和国ジリナ県ルジョムベロク郡ルジョムベロク市内の街区の一つで、低タトラ山脈の中腹にある村落.
1993年世界遺産登録。


行きにくそうやったしスルーしようかとも思ったけど、気になる存在だったから。
行っちゃいましょう。

宿から歩いて山道を片道4キロの道のり。

DSCF0516.jpg

スタート30分後。
まだまだ。


DSCF0519.jpg

1時間後。
そろそろ?

あまりに気配がなくて不安になりかけてた頃に看板出現。



DSCF0523.jpg

1時間半後。
ようやく!!

それらしき集落発見。

DSCF0529.jpg

山の奥にひっそりとある村。
秘境感漂ってる。

村の入り口。
独特の木彫りの象がお出迎え。

DSC00279.jpg

入村料を払う受付窓口みたいな小屋があって、窓をトントンってしたけど誰もおらず。
オフシーズンだから?人の気配全くなし(-∀-)

・・・お邪魔しますw

DSCF0534_201601250519037ed.jpg

独特な造りの木造の民家にユニークな木彫り。
中世以来の昔ながらの工法で建てられた家が残ってる。

家の色もカラフル*
綺麗な青の家。

DSCF0538_20160125052055ede.jpg

その向かい側には淡い黄色とピンクの可愛い家並みもあったり。


村の一番上の方まで登ってきました。
ここから振り返って見る景色が一番ステキやった♥

DSCF0556.jpg

山の景色と可愛い独特の家。
こんな場所にこんな村があったのね。


ここのおもしろい所は観光地として保存されてるってだけじゃなくて、
実際にこの村に住んで生活してる人がいるってこと。

それぞれの家もよく見ると窓に小物飾られてたり、電気が付いてたり、
人が生活してる気配が感じられます。

DSCF0567.jpg

村人発見。
おばあちゃんがたらい持ってきて、水道のとこで洗濯物ゴシゴシ手洗いしてた。

"おばあさんは洗濯へ"って昔話のフレーズがふと浮かぶ。
この寒い中わざわざ外に出て水で洗ってるという事は、家に洗濯機はないってことなのかな。

昔ながらの生活が垣間見えました。

我々も旅中はずっと洗濯物手洗いしてるけど。
ズボン洗う時の手で絞る大変さ、ね。毎回洗濯機のありがたみを感じてる。
けど、実はこういう原始的な生活も嫌いじゃない。

DSCF0577.jpg

ヴルコリニェツにゃん。
チビっ子♡


ここも、もれなく寒かった。
山の上だけあって下界よりもさらに。

DSCF0586.jpg

背筋が"しゃん"とするような体がキュっとなる冷たい空気と静かな山々の景観。
寒かったけど、この時期ならではの冬の美しい山景色が見えました。

DSC00294.jpg

雪がチラつく中、下山。
また4㎞の道のりを歩いて宿まで帰ろーと。

ちょっと行きにくかったけど、行って良かった場所・ヴルコリニェツ。




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】






-10℃・・・バスがない!?スロバキアの山道でピンチ。と天空の城。 - 2016.01.18 Mon

DSCF0457_20160119014953dc5.jpg

スピシュ城とその城下町*


▼PLACE:【POLAND】Zakopane→【SLOVAKIA】Velky Slavkov→Spišské Podhradie

ポーランドの山岳都市・ザコパネから次に向かうのは、お隣の国・スロバキア
ザコパネのバスターミナルからスロバキアのポプラト(Poprad)行きがあることを移動前日に確認。


移動当日。

ポプラト行きに乗り込む気満々でバス待ってたけど、
冬のオフシーズンのこのルートはバスがまさかの運休中っていう事実を知る。ガーン。


このルートのバスがないとなると、一度クラクフまで戻ってかなりの遠回り。

地図上では近いのに(`ω´*)
ポーランドを出るつもりで残ったお金もスーパーでお水買ったりして使い切ったとこなのに。

しかたなくクラクフに戻るためのバス代がないので両替屋へ走るTAKU。
そこで救世主登場。両替屋のおじちゃんから"ローカルバスを乗り継げば行けるハズ"との情報を入手。

DSCF0377.jpg

行ってみる。

ザコパネのバスターミナルの向かいあたりの教えてもらったミニバス乗場でウロウロしてたら
"どこ行くの?" "スロバキア?" ってその辺にいたおじちゃん・おばちゃんがお世話してくれる。

ポーランドの地方都市じゃ英語ほとんど通じないけど、みんな優しい。
運転手さんも"こっちこっち"って。

人が集まり次第出発っていうローカル感満載のバスに乗り込み、まずはスロバキアとの国境付近"Stary Smokovec"へ。

DSC00213.jpg

*Zakopane→(ローカルバス/2.8€/40分)→Stary Smokovec

雪の残る山道をぐんぐん登ってきます。

"ここから先は歩いて橋を渡って進んでくと国境ね"って運転手さん。
雪山を前に山道に下車。

DSC00215.jpg

神々しい雪山よ。美しや。

ポーランドとスロバキアの国境。
シェンゲン協定なので入国審査とかは何もなくスロバキア・イン+゚。*(*´∀`*)*。゚+

DSC00216.jpg

道凍っとります。寒いです。ものすごく。
乗って来たミニバスのドライバーさん情報では、国境越えた辺りからポプラトの方へ行くバスが出てると。


・・・・見当たらないのですが。

ささやかなバス停があるにはあったけど、全く稼働してる気配なし。
近くにいたおばちゃんに聞き込み。
"ここには来ないけど、この先の山道進んでいったバス停からバス出てるよ。2キロくらい先かなぁ"と。

DSCF0389.jpg

歩きます。
山道を。荷物フル装備で。

歩いても歩いても登り道。
人も車も通らず、一体ホントにこの道で合ってるのか、いつまで歩くのかもわからない遠い道のり。

DSC00217.jpg

バス停を見つけた時は2人で健闘をたたえ合いました。
2キロ・・・?より絶対もっとあったやろ。心折れかけた日。

が、
貼られてた時刻表を見ると次のバスが来るのは、3時間半後ですってよ。
しかも車もほとんど通らずホントにバスが来るのか定かではないという不安。

DSCF0404.jpg

気温-10℃。

お茶をすすったり
紅の豚を鑑賞したり

凍えそうな寒さに耐え忍びながら、ひたすら時が過ぎるのを待つのみ。

DSCF0406.jpg

皮肉にも景色めっちゃ良し。
日陰では体が芯から冷えるから、なるべく日なたで待機を。

DSCF0408.jpg

3時間半を過ぎ、絶望しかけた頃・・・バスが来た!!
この日ほどバスの到着を待ちわびた日はかつてあっただろうか。

ヨカッター(o´∀`o)

*Polny Smokovec→(BUS/2.5€/1時間)→Velky Slavkov


DSC00220.jpg

DSCF0416.jpg

15時半には日が暮れ始めるこの時期のヨーロッパ。
日照時間短すぎ。

このバスが来なかったら、山道で日が暮れて真っ暗なうえ寒すぎて完全にアウトやったと思うと恐ろしや。

DSCF0410.jpg

この日はVelky Slavkov泊。山あいの小さな町で1泊。
予約してきたホテルがステキで癒された。

DSCF0412.jpg

キッチン付きのアパートメントタイプ。

移動で疲れた日だからこそくつろげるお宿はうれしい。
しかもこのクオリティで1泊1部屋18€は安し。

大した距離移動してないのに朝出て移動1日がかり。
オフシーズンのヨーロッパの地方都市の交通機関の乏しさを思い知った1日。

DSC00231.jpg

ティータイム♡

<Velky Slavkov宿情報>
Aplend Tatry Holiday/1部屋1泊18€
部屋も広くてキレイで快適アパートメント。家みたいにくつろげた*

DSCF0421.jpg

DSCF0423_20160119033408a9e.jpg

翌朝。この日も朝から移動。
*Velky Slavkove→(電車1駅/1€/5分)→Poprad Tatry

バスに乗換えてスピシュスケー・ポドフラディエへ。
*Poprad Tatry→(BUS/2.8€/1時間)→Spišské Podhradie

DSC00269.jpg

スピシュスケー・ポドフラディエは"スピシュ城"の城下町。
町からドーンと堂々たるお城の姿が。

DSC00246.jpg

DSC00256.jpg

町の色んなところからその、どしりと構えたカッコイイお城が見えてる。
存在感スゴイ。

ただ時期が悪すぎた。
写真で見たスピシュ城は"青空で緑に映えた美しいお城"って感じだったけど、冬は曇っててどうにもこうにもw

DSC00244.jpg

天空の城。
ラピュタのモデルになったとも言われてる世界遺産のお城。

よくあるジブリの舞台になったシリーズのひとつ。

DSC00238.jpg

交通はちょっとめんどくさかったけど、なかなか雰囲気あるお城でヨカッタです。

それにしても、スロバキアの町の名前が読めない。
それにややこしやすぎて全然覚えられーん。






■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (328)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム