DSCF1685.jpg

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウズベキスタンの最後の街・首都タシケントさんぽ。 - 2017.07.10 Mon

DSCF4341.jpg


首都へ  @タシケント



▼PLACE:【Uzbekistan】Samarkand→Tashkent

ウズベキスタン旅で最後の街・タシケントへ。
さすが首都。都会そのもの。

広場には立派な銅像が。

DSCF4332.jpg

街は栄えてて、中央アジア&シルクロード感がないロシアっぽい無機質な感じ。
教会もキンピカでロシアっぽい玉ねぎ屋根。

DSCF4335_201707101123077b1.jpg

大通りでやっていた骨董市。
絵やら骨董品が並びます。軽く物色(ΦωΦ)

DSCF4345.jpg

DSCF4344.jpg

買うに至るまで気に入ったものは見つからなかったけど、
年季の入ったレトロで渋い雑貨がステキでした。

DSCF4346.jpg

タシケントには他の街で見かけなかったショッピングモール的なのもあって、
ウロついてみたけど特に何もなく・・・。

やっぱりバザールとかのほうが面白い。
タシケントでもバザールへ。

DSCF4288_20170710113718d9f.jpg

青いドーム型の屋根の大きな建物が特徴的なタシケントのバザール。
中に入ってみるとごちゃごちゃ色んなものが並んで売られてるのが見てて楽しい。

DSCF4317.jpg

食品に日用品とバザールには色んなコーナーで分かれてて
外は外でナンの屋台が並んでいたり、とても広い。

DSCF4324_2017071011372178c.jpg

このキラキラしたかたまりは砂糖。
イランあたりからよく見かけたヤツ。

日本ではコーヒーにも紅茶にも砂糖入れないけど、この辺りで飲むチャイはあまーいのが好きで
よく砂糖入りの飲んでたな。

DSCF4313.jpg

白いサラサラのじゃなくて、中東とか中央アジアのは粗くてザラメみたいで
なんせ見た目のキラキラがなんとなく良いなーって、つい出てくるとまぜまぜしてた。

特にイランの棒状のキラキラ砂糖がステキで2箱ほど買ってきたけど、
未だに日本で使う機会なく戸棚にくすぶり中w

DSCF4314.jpg

ラグマンの麺も量り売りで売られてます。
日本のうどんっぽくて普通に美味しい。

うどんが恋しい我々は麺を買って帰り、だしと野菜やらの具を入れて煮込みうどんを楽しんでおりました。

DSCF4316.jpg

どこのバザールに行っても一番好きなコーナーは間違いなくナン!
パン好きにはたまらない幸せ空間。

DSCF4299.jpg

焼きたての香ばしいかほりと美しい焼き色。
芸術作品みたい。

DSCF4303.jpg

ウズベキスタンではいつも食事の時にナンが出てくるし、
各都市のバザールでも美味しそうな焼きたてのを買って食べたりとナン!ナン!ばっか言ってた気が。

DSCF4301.jpg

その町やお店によって形や厚さも違ってて好みのナンを探すのが楽しみでありました。
いつかナン窯を庭に作って焼きたてのナンを朝から庭で食べるという妄想がささやかな夢のひとつ。

DSCF4294.jpg

こういうインドとかでもよく見かける壁にペタってやるタンドール窯みたいなやつが欲しい。
チムニーみたいなレンガ風のピザ窯も可愛いな。拓ちゃんがいずれDIYで作ってくれるはず。




タシケントのお宿
"Sunrise Caravan Stay - Boutique Guest House"


ウズベキスタンで泊まった宿の中で一番モダンな快適宿でした。
綺麗でインテリアとか部屋の作りとかも色々良くてオススメ宿。

DSCF4282.jpg

くつろげる共有スペースも広々。
キッチン付き。

DSCF4279.jpg

コーヒーとかのホットドリンクやお菓子がフリー(゚∀゚)
カフェみたいでついついのんびりしてしまう空間。

快適空間でこの後の旅の予定を考えたり移動手段調べが実にはかどりました。




ここタシケントでウズベキスタン旅も終わり。
やっぱりヒヴァやブハラとかウズベキスタンの田舎の方の町が特にシルクロードの雰囲気たっぷりで
好きでした。

ウズベキスタンにはまた来たい。
またきっと行っちゃうんだろな~と2人の中で再訪リストの上位に食い込んできた国。

DSCF4329.jpg

タシケントにゃん。
プシカに似た白黒にゃんこ。プシちゃん…元気かなぁω



次なる国・カザフスタンへ*







スポンサーサイト

止まらぬ物欲。スザニを求めて@ウルグット - 2017.06.28 Wed

DSCF4238.jpg


ウルグットのスザニ市へ*



▼PLACE:【Uzbekistan】Samarkand

青の都・サマルカンド滞在中、ウズベキスタン雑貨を色々と物色。
市内のシヨブ・バザールの民芸品のお店もたくさん見て回ったけど、郊外にもお買い物に出かけました。

帰国まで残り少なくなってきた我々の物欲に火が付く…w


◆伝統工芸"サマルカンド・ペーパー"

サマルカンドペーパーの工芸品が買いたくて、サマルカンド郊外にある工房へ。
市内からミニバスに乗ってお出かけ。

DSCF4134.jpg

サマルカンド市内から車で15分ほど走り下車。

里山の緑と小川が流れる穏やかな景色の中にある「コニギル・メロス紙すき工房」。
紙すき風の可愛らしい看板が目印。

DSCF4137.jpg

工房とショップを兼ねていて、紙漉き体験をすることも。
中を見学してみることに。

DSCF4158.jpg

工房ではこんな風に作ってるんだよ~っていうのを見せながら説明してくれます。

DSCF4142.jpg

木の皮をコトコト煮て
型に入れてすいて…

サマルカンドペーパーは丁寧な手仕事で作られてゆきます。

DSCF4151.jpg

出来上がったサマルカンドペーパー。
手作り感溢れる味のある質感。だけど触るととっても丈夫。

DSCF4156.jpg

昔は王宮の人が手紙を書くのにも使われていたそうな。
歴史あるサマルカンドの大切な工芸品・サマルカンドペーパー。

渋くてカッコイイ紙。

DSCF4155.jpg

工房と併設されてるショップ。
サマルカンドペーパーの絵葉書とか雑貨やらが並びます。

DSCF4163.jpg

サマルカンドペーパーでできたしおりを大人買い(ΦωΦ)♡
ウズベキスタンっぽい柄や形が可愛かった。

DSC01600.jpg



◆ウルグットのスザニ市

ウズベキスタンに入ってからというものずっと狙っていたもの、スザニ。
刺繍をほどこされた色鮮やかで伝統的な織物布。

ブハラでも小さめのはすでにいくつか買っていたけど、大物狙いでスザニのバザールで有名なウルグットの市へ買い出しに。

DSCF4229.jpg

ウルグットはサマルカンド市内から40分くらいの郊外。
乗り合いバスで。

到着すると巨大なバザールが。
お目当てのスザニが売られてる市場の奥へ奥へと進みます。

DSCF4226.jpg

待ち構えるスザニ売りがズラリ登場。
噂通りのアピール合戦スタート!w

DSCF4222.jpg

みんな自分のご自慢のスザニを広げて必死にアピールしてくる。
特におばちゃんたちの勢いがすさまじい。笑

DSCF4224.jpg

完全なる包囲網に取り囲まれるカモな我々w
ゆっくり見たいし色々選びたいのにそれどころじゃないくらいにもみくちゃ。

勢いには圧倒されるけど、こっちも気に入ったスザニを手に入れるのに必死の攻防。

DSCF4217.jpg

ひとつひとつ手作りで模様も色も違ってて、次々に目移りしてしまう。
ウルグットのスザニの特徴でもあるティーポットのモチーフが入ったのが欲しくてティーポット大捜索。

DSCF4220.jpg

結局このウルグットのバザールでは狙ってた大きいサイズのスザニ2点をお買い上げ。

オフシーズンで全然他の観光客もおらず、売り手も1枚でも買ってもらうのに必死そうだったからか
値段交渉したらかなり下がったし大満足。

DSC01605.jpg

ウルグットのバザールで満足して帰ろうとしたところ、
帰りに乗り合わせたおじちゃんが家がスザニ屋だから見においでって。

怪しいかもと警戒心は持ちつつ、今買ったばっかりだから見るだけねって話でおじちゃん宅へ立ち寄り。

DSCF4234.jpg

おじちゃん宅へ着くと、そこには無数のスザニが!
期待してなかったけど…意外と種類も豊富っていう思わぬ展開。

スザニへの物欲はまだ終わらず、買い物2回戦へと突入。

DSCF4233.jpg

おじちゃんの所にはウズベキスタンだけじゃなくて、
タジキスタンやカザフスタンなど他の中央アジアの国々のスザニもたくさん。

中には100年以上も前のアンティーク布だったり。
こちらでも目移りが止まらず。。

DSCF4236.jpg

全然押し売りとかしてこないおじちゃんの人柄にも好感が持てたし、
旅も終盤ですっかり財布の紐がゆるんだ私たちはここでも追加で何点かお買い上げ。チャリーン!

ちゃっかりお昼をごちそうになる。


サマルカンドの宿に戻って、宿のおじちゃんに買ったスザニを見てもらってると
良いのが安く買えたな!そりゃ良い買い物だ!って言ってもらえて大満足のスザニ・ショッピングでした。


◆絨毯工場

スザニやウズベキスタンの布に興味深々だった私たちはサマルカンド市内にある絨毯工場にも行ってみた。

DSCF4241.jpg

立派な工場内には作業中の女の子たちが。
ひとつひとつ手で織り上げる緻密な作業中。

DSCF4258_201706281706335a4.jpg

トライしてみようと頑張ったけど、複雑かつ細かすぎる作業に心…バッキバキ。
恐ろしく私には不向きであろう繊細なお仕事。

DSC01614.jpg

仕上がった絨毯は手織りとは思えないクオリティの高さ。
艶やかで高級感ある美しい絨毯が並んでおりました。

DSCF4262.jpg

DSCF4263.jpg

絨毯をはじめ、ここで売られてる製品は私たちに買える値段のものは何一つ存在せずw
絨毯工場は買い物目的ではなく作業の見学目的なら楽しめる場所。



買った大きいスザニは折りたたんでもなかなかのかさ張り具合。
そして、ずっしりと重い。

またしても荷物の重量を大きく増やしたサマルカンド滞在でした。




青の都!サマルカンド・ブルーの世界。 - 2017.06.20 Tue

DSCF4083.jpg


青の都へ @サマルカンド


▼PLACE:【Uzbekistan】Bukhara→Samarkand

1週間ちょっと、と予想以上にのんびり滞在したブハラをようやく出発。
次なる目的地はサマルカンド。


◆列車でサマルカンドへ

ウズベキスタンに入ってからはシェアタクシーか乗り合いバスで移動してきたけど
サマルカンドへは列車で行くことに。

DSCF4020.jpg

ウズベキスタンでの初の列車移動に、電車好き鉄子は浮かれ気味。

青と緑色の車両。
ウズベキスタンの国旗カラーリングがステキ。

DSCF4016.jpg

可愛い親子と一緒にガタンゴトン揺られること約3時間。
ブハラを出発した列車はからサマルカンドへ到着。


<移動>
ブハラ→(列車/32,000スム/所要3時間)→サマルカンド



◆青の都

"サマルカンド"なんしかその響きがカッコイイ。
「青の都」って言われてる。これまたカッチョイイ呼ばれ名を持つサマルカンド。

そして中央アジア最古の都市という、とてもながーーーーい歴史ある街。

DSCF4196_20170619143722f08.jpg

あちこちにサマルカンド・ブルーの映える建物が。
青い玉ねぎモスクと青い空がキレイ。

DSCF4085.jpg

タシケントに次ぐウズベキスタン第2の都市だけあって、大きくて栄えてる。
ヒヴァ→ブハラを経てサマルカンドに来て、田舎からどんどん都会になってきたのを感じます。

DSCF4087.jpg

色あせた土壁に青いタイル使いが可愛い。
ウズベキスタンの建物はどこもめちゃ好み。


◆レギスタン広場

サマルカンドで一番メジャーな観光地がココ。
レギスタン広場!

DSC01552.jpg

3つのメドレセから成る広場はとても広くてスケールが大きい。
近づきすぎると大きすぎてなかなか写真に納まりませぬ。

全景を入れるにはちょっと離れたところからが◎

DSCF4049.jpg

すごく整備されていて、警備員もいっぱいいて目を光らせております。
ちょっとでもロープ張ってる箇所に近づいたりするとすぐさま厳重注意をくらうw

DSCF4197.jpg

夜はライトアップされていて、これまたキレイ。
浮かび上がる感じが幻想的。

DSC01581.jpg

DSCF4117.jpg

昼と夜と違った魅力があって、両方楽しめる。
でもやっぱり、個人的には空の青×タイルの青のサマルカンド・ブルーが映える昼派かな。

レギスタン広場も良いけど、サマルカンドの建物で好きだったのがグリ・アミール廟。
ひときわ丸っこい屋根が可愛くて、門のタイルの装飾が素晴らしい*

DSC01573.jpg

グリ・アミール廟は滞在していた宿のすぐ近くだったから、
外出する時は必ずこの前を通るたびに惚れ惚れと眺めておりました。

DSCF4126_20170619150941854.jpg

煌びやかな青玉ねぎ♡



◆シヨブ・バザール

サマルカンド最大のバザールがこの"シヨブ・バザール"
めっちゃ広い巨大バザール!

DSCF4061.jpg

活気ムンムン。
サマルカンドの日常風景が見える巨大市場には肉・野菜・日用品などあらゆるものが売られてる。

DSCF4175.jpg

サマルカンドの台所ってやつですな。
いつ行ってもたくさんの人で賑わっております。

DSCF4172.jpg

スパイス入れ?よくわからんけどなんか欲しくて買おうか迷ったモノ。
マトリョーシカっぽい形と柄がユニーク。

DSCF4067.jpg

食べ物だけじゃなくて靴屋さんなんかもあったり。

ドイツで買ったビルケンの靴が少々大きくて、底じきを買ってみました。
末端冷え性で寒くて足先が常に冷えてたのもあって、羊?素材のモコモコのあったかい底じきをオーダー。

DSC01561.jpg

おじちゃんが靴に合わせ生地をジョキジョキ。あっという間に完成。
楽しそうに話しながらやってるから大丈夫かなーとは思ったけど、切り方おおざっぱすぎて案の定ガッタガタ。笑

そのゆるさ、さすがです。。宿に帰って自分でチョキチョキ切って微調整したよw
100円程度で激安やったし、寒さはしのげたからまぁいっか。


◆名物!「サマルカンド・ナン」

他の街でもナンはよく見かけるけど、どうやら"サマルカンドのナンは格別らしい"といふ噂。
パン好きとしてはサマルカンドのナンを楽しみにしておりました。

DSCF4078.jpg

バザールでもナンコーナーがあって、美味しそうなナンが並びます。

サマルカンドのナンは厚くてやや小さめ、表面がツヤっとしてるのが特徴。
ちょっとベーグルっぽい感じ。

DSCF4076.jpg

ウズベキスタンではおなじみナンの模様をつける型も種類豊富。
バザールにもたくさん売られています。

DSCF4187_20170619154340e6e.jpg

他の街では見なかったカラフルバージョンも!

DSCF4062.jpg

食堂で何気に出てくるナンもアツアツでふわふわ。
サマルカンド・ナンうまし。

同じ材料を使ってもサマルカンドで作らないとその味にはならないっていう話。
ナンの世界も意外と奥深いのですな。


◆サマルカンド宿情報


サマルカンドに到着した日、宿探しに苦戦しました。
4,5軒見たけどなかなか料金と内容がビミョーだったり、ココっていうのがなくウロウロ。

そんな時にたどり着いたのがココ。

B&B EMIR(エミール)



アミール廟のすぐ近くで主要な観光スポットにも徒歩圏内。
部屋も新しめでキレイ。

DSCF4037.jpg

宿のおじちゃんあんまり英語できなかったけど、
オフシーズンだったこともあって連泊するからって値引きもしてくれた。

値段は残念ながら忘れ去ったけどw朝食付きで我々でも泊まれるお手頃価格でした。

DSCF4021.jpg

なんせ伝統的なウズベキスタンっぽい可愛い内装がステキ。
帰国後の我が家はエミール風にスザニ(ウズベキスタンの伝統的な刺繍布)を壁にディスプレイしております。

DSCF4029_20170619155910c22.jpg

サマルカンド滞在にオススメなお宿。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (328)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。