DSCF1685.jpg

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の国へ。 - 2018.03.09 Fri

DSCF4685.jpg

サリタシュの忘れられない凍てつく寒い日。  




▼PLACE:【Kyrgyz】Karakol⇒Bishkek⇒SaryTash

キルギス・カラコル編 『カラコルの日曜とイシク・クル湖』 からの続き。をしれっと再開。


可愛らしい町・カラコルを出発し、一度ビシュケクへと戻る。
そしてこの旅で最後の国になる中国へ向けて移動開始。

国をまたぐ最後の大移動は簡単には終わらせてくれないなかなかの険しさで
ハードな道のりなのでした。

DSC01780.jpg

この日の目的地はサリタシュ。
タジキスタンや中国の国境に近い町。

まずはビシュケクからオシュヘ。
ここの路線は陸路とほとんど金額変わらないからLCCのペガサス航空でピューンと。
オシュからは乗り合いバスでサリタシュへと。

DSC01781_20180305233931969.jpg

オシュの乗り合いバスターミナル。

一応下調べはしてきてるけど、このあたりの交通事情がなんせアバウトで...。
しかも冬のオフシーズンで雪で山道が閉ざされてる可能性もありというあやふやな情報のまま来てしまった身。

まずオシュのバス乗り場を探すのにてこずったうえ
サリタシュ方面へ行く乗り合いを探すのにまた一苦労。

DSCF4670.jpg

その日サリタシュ方面へ行く1本しかないという乗り合いバスをなんとか見つけ確保。

バス乗り場は物乞いも多くて治安はあまりよくなさそうで一刻も早く出発したいけど、
バスが一便しかなくてかなり待つことに。

日が暮れるまでにサリタシュにたどり着けることを祈りながら、車窓からののどかな景色を何時間も眺める。

DSC01784.jpg

いい景色~って眺めてたはずが、いつのまにやら真っ白の世界に。
えっ聞いてないw

DSCF4675.jpg

サリタシュに着いたぞ、と降ろされた場所は唖然とするほど何もなく
想像してなかった雪国の出現にただただ戸惑う我々。

DSCF4677.jpg

さ、さ、さ、さ、寒し!
サリタシュ実は標高3,000メートル越え。

雪と泥でべちょべちょの地面に転がるはずもないキャリーケース(お土産運搬用)を引きずり歩く。

DSCF4679.jpg

牛も寒そう。

この時非常にドキドキしていた。もちろんときめきのほうじゃなく怯えのほうのドキドキ。
今日の寝床を確保せねばというミッションに。

DSCF4681.jpg

下調べしたのは

“有料のホームステイや民宿が数件ある。
ただし、冬場は、一部の宿しか開いていない。

という情報。
この雪の中、宿がなければ終わったなという恐怖と寒さでブルブル。

しばらく歩くと民宿を発見。
も、扉を叩くも誰も出てこず...しばらくあきらめず誰か出てきて~って呼び続けた寒空の下。

DSCF4686.jpg

なんとかこの日の寝床を無事確保に成功。

寝床があるだけで十分。
たとえ暖房器具が壊れかけの戦力にならないホットカーペットのみだったとしても。

夜通しどう頑張っても暖かくならなくて心折れた。
だって部屋の中にいるはずなのに気温は氷点下。
吐く息も白くて寒くて寝れないんですもの。。

DSCF4687.jpg

夜明け。
朝になって日が昇れば少しは暖かくなるかなぁという願いは叶わない。

この日は国境を越えて中国入りし、目的地のカシュガルへたどり着くこと。
ここから国境までの公共の交通手段はないに等しく、国境方面へ行く車をヒッチハイクする方法だけ。

DSCF4689.jpg

車を見つけるために早朝に宿を出発し、通りに出陣。
が、一台も車が見当たらないw

DSCF4693.jpg

通りすがるのはロバのみ。

DSCF4697.jpg

ロバを尾行するも解決策が見つかるあてもなく

DSCF4692_20180307002011452.jpg

ただ途方に暮れる。

DSCF4691.jpg

状況変わらず数時間経過。

数台だけ通るトラックがいたけど、荷物大量で乗れるところなし・・・
トラックが簡単にヒッチ出来ると聞いていたけど、冬の時期はほとんどないみたい。

....失敗。


ガソリンスタンド前でさらに数時間ねばったけど乗せてくれる車が見つからず、
スタンドにいたおじさんにタクシー交渉してなんとか国境へ。

DSCF4700_201803081536318af.jpg

ようやく国境に向けて移動開始。

DSCF4702.jpg

すごい雪でまばゆい。
そして運転が怖いw どうか滑らないでくれ。

DSCF4703.jpg

モフモフ横断。
もちろんモフモフ優先。

DSC01795.jpg

後進国あるある。
たいていフロントガラスはヒビ割れている。
そしてちっとも気にしない。

DSC01800.jpg

サクッとキルギス出国手続きをして、中国国境①で荷物チェック。
念入りにいろいろ、開けられる。
ねっとりしつこく長い嫌な時間。

やっと解放されたと思ったら、検査官に渡したパスポートが返ってこない。
タクシー運転手が決まったら返してくれるというけど、検査官とタクシー運転手がグルになってボッタくってくる。

全然、思ってた金額と違う。。
かなり粘って、100歩譲って妥協出来る金額に。

中国国境②(入国管理)へ
中国国境①と②はキルギスとの緩衝地帯でかなり距離がある。
途中、お昼をとったり入国側のお昼時間で国境が開くまで数時間足止めくったり....。

中国国境②で無事入国手続き終了!
も、ここからもまた同じ感じで、人も車もほぼいないし移動の選択肢がない。

国境越えてくる人がいないか長らくねばって待って、中国の方と4人で1台をシェア。
それでも思ってたよりも高いタクシーでカシュガルへ。

DSCF4710.jpg

そして、ようやくカシュガル到着!

朝早く出たのに、結局カシュガルに着いたのは夜。
大変な国境でした。

DSCF4713_20180308161936e57.jpg

カシュガルはイスラムっぽくて中国感はまだ全然なくて中央アジアの延長という感じだけど、
雰囲気のある町でなかなかいい。

DSCF4714_20180308161937fef.jpg

1日ががりの移動で体力的にも精神的にもハードな移動に疲れたこの日。
とにかく腹ごしらえ。

夜市にわくわく。

DSCF4717.jpg

めぐりめぐってようやくこの旅最後の国にやってきた。
日本はもうお隣。

楽しみにしてた中央アジア旅も終わって、
失礼ながら正直中国はサラッと流すくらいにしか考えてなかったし

最後の国かぁってしんみりするかと思いきや、
カシュガルのステキさに心躍る*

旅はあと少しだけ続く。




スポンサーサイト

カラコルの日曜日とイシク・クル湖。 - 2017.11.15 Wed

DSCF4557_2017111313534884b.jpg

カラコルの日曜の朝。  



▼PLACE:【Kyrgyz】Karakol

カラコルの日曜の朝は少し慌ただしい。
日曜の早朝のみ開かれるアニマルマーケットがあるから。

DSCF4570.jpg

カラコルの町の中心辺りからマルシュに乗ってほどなく行った所
どんどん増える車の量。

いつのまにやら大渋滞。
進めないほどに。

DSCF4522.jpg

積み上げられた牧草を乗せた車がわんさか出現。

荷台の牧草のてっぺんに座るお兄さん。
いいな~その場所。一度座ってみたい(ΦωΦ)

DSCF4523_20171113140208726.jpg

会場に近づくにつれて増す人々の熱気。
と、ますます強まるなんらかの動物臭w

DSCF4579_20171113140237aa6.jpg

そう、ここはアニマルマーケット。
しかも世界第2位の規模を誇る巨大な動物マーケット!

DSCF4533_20171113141356b5a.jpg

育てた動物を売りに来てる人たちと商売に使う動物を買いに来た人たち。
そして、大量の羊たちでごった返す会場はなんとも言えない雰囲気。

DSCF4540.jpg

あっちにもこっちにもモフモフたちω

DSCF4535.jpg

も。
羊が一番見たけど他にも牛やらいろんな動物が。

DSCF4542_201711131414010d7.jpg

売り手も買い手も真剣そのもの。
至る所で気に入った子を見定めては必至の料金交渉が繰り広げられておりました。

DSCF4558_20171113141421f5f.jpg

日曜の朝、ちょっと市場に野菜を買いに...というノリで
ここでは日曜の朝ちょっと市場に動物を買いに...という日常。

当たり前だけどその土地にはその土地の暮らしがあるのですな。

DSCF4568.jpg

リアルなドナドナの世界。

"ヴェ~~"と鳴きながら引っ張られて連れていかれる動物たちの姿は...どこかせつない。
可愛そうだけど誰だって肉や魚も食べるし、普段目にしてないだけで生きるということはそういうこと。

DSCF4534_20171113141357bea.jpg

熱気立ち込める朝のアニマルマーケットは
少し複雑な気持ちになったけど良い社会勉強になった場所。

現地語がわからないから聞けなかったけど、羊1匹いくらくらいで取引されてるんだろうかω



カラコル滞在中に行っておきたかった場所がもうひとつ。
イシク・クル湖へ。

DSCF4605.jpg

カラコルの町からマルシュに乗り込んで約1時間。
町を離れて車は大自然の道を進み湖へ。

DSCF4644.jpg

周りには雪が覆ったカッコイイ雄大な山々・天山山脈。
そんな山々を背景に広がる大きくて美しい湖。

DSCF4616.jpg

緑の草原やユルタでのキャンプも山のトレッキングも真冬でできなかったけど
せっかくキルギスに来たからせめて湖だけでも味わっておこう(ΦωΦ)

DSCF4612.jpg

透明感...!
近くで見るとすごく透き通ってた。



先客。
放牧中のモフモフたち。

DSCF4627_20171114134929791.jpg

良い景色と良い天候のもとで日向ぼっこして
みな気持ち良さげ。

DSCF4629.jpg

DSCF4639.jpg

モフモフの毛皮、天日干し中。

DSCF4633.jpg

冬でも凍らない湖・イシククル湖。
蒼く美しい場所でした。とても。

DSCF4635_201711141349356ca.jpg

キルギスの大自然はどこかとても癒される。
良いところだなぁ







カラコルでほのぼの。 - 2017.11.02 Thu

DSCF4501.jpg

カフェ(Karakol Coffee)の看板にゃんこ  @カラコル



▼PLACE:【Kyrgyz】Bishkek⇒Karakol

都会なビシュケクを出発し、
次はのどかな高原都市カラコルへとやってきた。

ビシュケクからカラコルへはマルシュで約7時間。350ソムなり。

DSC01709.jpg

カラコルっていう町の名前が可愛い響き。
ここはそんな名前にぴったりの町だった。

ほのぼのした空気が漂う。

DSCF4479.jpg

カラコルに並ぶ家は可愛らしい。

DSCF4601.jpg

ステキな窓の家が多め。
水色の出窓がとっても好み。

DSCF4512.jpg

小川が流れていて
後ろにそびえる雪山が雄大。

DSCF4519.jpg

歩いていると自転車感覚で普通に馬に乗っている人に出くわす。
ほのぼの。


そんなカラコル
の町をてくてくウロウロ歩き回る。
カラコルさんぽ。



市場
カラフルな野菜や果物がズラリ。

DSC01738.jpg



パン屋さん
小ぶりな食パンがズラリ。

DSC01734.jpg



教会
とんがり屋根のロシアっぽい玉ねぎスタイル。

DSCF4490_20171102153538947.jpg



薬局
看板がめがねヒゲおじさん。

DSCF4491.jpg



ワニ(?)
珍妙なオブジェw

DSCF4488.jpg

目をひくものが度々出現するから町歩きが楽しい。
雪でぐちょぐちょでめっちゃ歩きにくいけども。

写真に写りこんでいる大量の雪を見ればお察しの通り....真冬のカラコル。
ベストシーズンが夏って...知ってる?w

緑豊かな草原も
大自然の中でのゲルやユルトでのキャンプも
山へのトレッキングも

どれもやってなかったよ(ΦωΦ)ガーン
雪でどれもこれもシーズンオフですって。



そんな悲しみに暮れる中に見つけたささやかな出会い。
カフェ“Karakol Coffee”の看板にゃんこ。

DSCF4494.jpg

偶然お店の前を通り過ぎた時、カフェの窓際にちょこんと座るにゃんこと目があいまして...
迷わず入るよね。

DSCF4496_20171102155351442.jpg

定位置は窓際。
業務は招き猫。客引きなど。

人懐っこくて、柔らかくてフワフワ。

DSC01779.jpg

そりゃ通うよね。
毎日毎日Karakol Coffeeでネコとカフェω

DSC01721_20171102155348df3.jpg


もう一軒の行きつけの食堂。
こことKarakol Coffeeの往復がルーティン。

DSC01747_2017110215534960b.jpg

いつも地元の人で混んでるお店。他のお店でも食べたけどここのラグマンうまし!
今でも時たま思い出して無性に食べたくなるのです。


カラコルのお宿。
Riverside Guesthouse


DSCF4598.jpg

居心地よくて当初の予定よりも延泊。

しばらくここに泊まりながらカラコルでのんびりしてました。
シーズンオフの恩恵を受けまくり、ほぼ貸し切り状態。

DSCF4520_20171102160831551.jpg

宿のダイニングスペースで温かい飲み物淹れながら
窓から見える雪山に染まる夕日を眺める時間が好きでした。

朝ごはん付き。
キルギス名物の白いハチミツも◎

DSCF4653_20171102160836a15.jpg




カラコルのお買い物*

民芸品店で鍋敷き・ポーチ・アイマスク。

DSCF4600.jpg


フェルトのラクダとマット×2。
メイン通りのお店とKarakol Coffeeでも一部売ってたけど、これは無印×JICAとのコラボ商品。

DSC01775.jpg

日本でもFound MUJIで買えるらしい。(今もあるかは不明)
日本の無印で買うとカラコルで買う何倍も高いけどw

マットとかもっと買えばよかった~
今家で使ってるけど気に入っててもっと欲しい一品。

現地のお店には他にも商品もっと種類いっぱいあったし、
また買い物しにカラコルに行きたい。


次は地面が見えてて緑に覆われてて
雪に覆いつくされてなくて
山登りとかゲル宿泊できる季節に!w
きっと。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (334)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*キルギス (4)
*中国 (2)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (8)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。