DSCF1685.jpg

2014-05

カスバ街道をゆく。 - 2014.05.29 Thu

DSCF2915.jpg

迫りくる崖の迫力がもの凄い。

深い深い渓谷・トドラは圧巻!



▼PLACE:マラケシュ→カスバ街道

DSC03617.jpg

マラケシュで日本から遊びに来てくれた植田さんと合流した我々。

ここから一緒にモロッコを南下してカスバ街道を通りサハラ砂漠を目指します。

まずは、アイトベンハッドゥ。

“クサル” と呼ばれる要塞の村。

DSCF2786.jpg

『アラビアのロレンス』『グラディエーター』など数々の映画の舞台となった場所。

異国感がすごい。

DSCF2801.jpg

照り付ける太陽が痛いくらい。

村人の人が木の板に虫眼鏡で光を集めるとみるみる立ち込める煙。

燃えた!恐るべし灼熱の太陽。

DSCF2803.jpg

マラケシュで買った日よけ用のストールをぐるぐる巻きにして

照り付ける日差しの暑さと戦いながら、村が見渡せる高台へ登ります。

上から見た村の全景もこれまた良い。

砂砂したこういう景色好きなのです。

DSCF2790.jpg

タジン鍋型のワラで編まれた入れ物。

欲しいけど、この手の形はかさ張りすぎるため却下。

何故かいつも欲しくなるものは、陶器とかの割れ物かかさ張るものばかりω

DSCF2852.jpg

マラケシュからけっこう南下して、この日はここで1泊。

渓谷に囲まれた素敵な立地のお宿。

DSCF2856.jpg

モロッコのランプはやはり可愛い。

部屋に1つ飾るだけでステキ空間になりそう。

エキゾチックで神秘的な光を放っております。

DSCF2881.jpg

カスバ街道をゆく2日目。

この日も砂砂した荒涼と景色を進みます。

乾燥した砂漠地帯にナツメヤシ。

異国情緒を感じるモロッコの景色。

DSCF2817.jpg

少し立ち寄った小さな町で見せてもらった絨毯。

ベルベル人のお兄さんがあの手この手で熱心に色々説明してくれるのだけど、絨毯なんて買えませぬ。。

それにしてもモロッコって色使いや模様が可愛いですな。

DSCF2890.jpg

ボリビアのスクレでしばらく織物を習ってた私たち。

興味があるので、ここでも少しだけ体験。

DSCF2905.jpg

引き続きカスバ街道を進んでゆき、辿り着いたのはアトラス山脈の中にあるトドラ渓谷。

砂砂した同じような景色に慣れてきてたけど、ここは違う。

DSCF2914.jpg

両側が岩肌に囲まれたド迫力の景観!岩が大きすぎて見上げるのも首がいたくなるくらい。

どんだけ引いてもしゃがんでもなかなか1枚の写真には収まりきらない。

DSCF2928.jpg

そんな迫力満点の渓谷を流れる静かな川がこれまたいい。

水遊びしたり洗濯したりと地元の人がたくさん。

DSCF2936.jpg

壮観のトドラ渓谷でした!

DSCF2952.jpg

アトラス山脈を越えるカスバ街道には見どころたくさん。

モロッコの魅力が詰まったルート。

お目当てのサハラ砂漠まであともう少し。



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


スポンサーサイト

魅惑の迷宮都市・マラケシュ - 2014.05.27 Tue

DSCF2665.jpg

活気と熱気が溢れるマラケシュの夜。

フナ広場の夜は長い。


▼PLACE:オスロ(ノルウェー)→マラケシュ(モロッコ)

モロッコ・マラケシュからアッサラーム・アライクム(=こんにちは)!

北欧・オスロから北アフリカのモロッコ・マラケシュへひとっ飛び。

飛行機の上空からアフリカ大陸が見えてきた時は、わくわくセンサーが過剰反応しました。

DSCF2641.jpg

<移動>
オスロ(ノルウェー)→(飛行機/所要約4時間/ノルウェジアン航空)→マラケシュ(モロッコ)

ノルウェーの航空会社のノルウェジアン航空、初めて乗ったけど機内でもWIFI使えるしシートも広めで快適。

北欧の航空会社ってだけで高そうなイメージだけど、意外にも格安でオスロ→マラケシュまでの直行便も安い。

オスロ→バンコク路線とかも直行便飛んでて約3万円しないくらい(日による)とお安め。

ルート考えてた時、アジアまでそれくらいで飛べるならタイ料理恋しさにタイ入りもありかも、と一瞬。パッタイ食べたい~

DSCF2650.jpg

でも、サハラ砂漠とミントティーとモロッコ雑貨に呼ばれてやっぱりモロッコへ。

南米から移動してしばらくヨーロッパ付近・北欧と綺麗で快適な場所を旅してたから、

モロッコのこのガヤガヤ感、混沌とししたカオス感、なんかこういうの久々。

やっかいなことに、やっぱりこういう方が好きなのです。

DSCF2739.jpg

バルト三国・北欧は人がスマートというかちょっとクールに感じてかたから

『ウザイ』『しつこい』ことで有名なモロッコ人がそうでもないという麻痺症状w

DSCF2699.jpg

マラケシュの街は細い路地が入り組んで迷路のよう。

メディナをお散歩中のニャンコ。モロッコはネコ多き国。

モロッコのおじちゃんたちもネコを可愛がってる様子でほほえましい。

DSCF2721.jpg

色とりどりの鮮やかなバブーシュ。

グラグラ湧いてくる買い物欲との戦いの始まり。

DSCF2654.jpg

マラケシュでの最大の楽しみは以前の職場の先輩・植田さんとの合流。

ゴールデンウィークと絡めた3週間の休暇を利用して、救援物資をたくさん持って日本からモロッコに遊びに来てくれました!!

有難すぎる。ありがとうございます!!

しばらくは植田さんと一緒にモロッコ旅★

新潟のお母さんにお願いしてた調味料や日本食その他いろいろも植田さん経由で受け取りに成功。

日本食、何も持って来なかった私たちには救世主。

助かりました。お母さんもありがとう!!

DSCF2623.jpg

久々の再会を果たし、同じ宿で一緒だった韓国人の男の子も一緒に4人で早速マラケシュ散策。

フナ広場には大道芸人から屋台から物売り、ヘナのおばちゃんたくさんの人がひしめき合って活気ムンムン。

植田さん、ヘナ中。

DSC03600.jpg

搾りたてのオレンジジュースの屋台。

弟子入り中。

フナ広場は日が暮れてからが本番。どんどん屋台の数も増えてますます活気づきます。

フナ広場が見渡せる眺めのいいカフェには人がたくさん。

DSCF2633.jpg

そして日が暮れてフナ広場の長い夜が始まります。

モロッコ風ランプが揺らめきマラケシュの夜をより美しく引き立てます。

屋台もどんどんと熱気を帯び、どこのお店も集客に必死。

DSCF2661.jpg

DSCF2671.jpg

日本語を話せるモロッコ人も多くてカタコトの日本語が飛び交います。

『ドコカラキタ?』

『トウキョウ?オオサカ?タカダノババ?』

何故か高田馬場がモロッコ人に流行り中。

『スゴイネ~ミヤサコデス!オッパッピー!』

そして古いギャグ攻撃w

DSCF2754.jpg

2日間連続で行ったタマゴサンドの屋台。

地元モロッコ人にも大人気で行列。

安くておいしい!

DSCF2745.jpg

翌日もやっぱり屋台で。

この日はマラケシュで知り合った他の日本人2人とも一緒に5人で串焼きやフライの屋台に。

イスラム教なモロッコではお酒がなくコーラーで乾杯。

ゴールデンウィーク真っ最中なこの時期は短期旅行の日本人の方にもたくさん会いました。

世はゴールデンウィーク、うちらはゴールデンイヤー中w

DSCF2728.jpg

マラケシュではメディナに無数のお土産屋さん。

魅力的なモロッコ雑貨がたくさんで目移りしまくります。

サハラ砂漠用にジュラバをチラっと見てたら、あれよあれよと着せられてなすがまま。

色々着せてくれて写真まで撮ってくれました。

DSCF2731.jpg

ジュラバにはフードも付いててかぶってみると

ザ・ねずみ男スタイル。

DSCF2651.jpg

メディナでモロッコ雑貨巡りして夜はフナ広場で楽しんで

マラケシュでの1日ははあっと言う間に過ぎてゆく。



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

北欧の物価の高さを思い知る。 - 2014.05.24 Sat

DSCF2559.jpg

ノルウェーの伝承に登場する妖精の一種・トロール

トロールと出会えるオスロの街角。


▼PLACE:ヘルシンキ(フィンランド)→オスロ(ノルウェー)

DSCF2521.jpg

ノルウェー・オスロからGod dag (グダーグ)=こんにちは!

フィンランド・ヘルシンキから飛行機でノルウェー・オスロに移動。

せっかくフィンランドに来たから、そのままの勢いでもうちょこっとだけ北欧を見ようとノルウェーのオスロへやってきました。

DSCF2593.jpg

オスロは何もかも、さすが北欧クオリティ。

シンプルだけど洗練されててモダンなデザインに目が行きます。

空港も駅も街も南米みたいにそこら辺にゴミとか散乱してないし、非常にキレイ。

DSCF2547.jpg

トラムが行き交う近代的な街並み。

オスロに行くって決めてから宿をチラホラ見てたけど、どこもかしこも高い。

安いとこでも1人5000円ほど。諦めて予約。

でも部屋はさすがの北欧クオリティで綺麗でモダンで快適。

荷物掛けとか机のライトとかさりげなくシンプルなデザインなのに使い勝手が良くてステキ。

DSC03535.jpg

【オスロ宿情報】 *各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)

ホテル名 :Citybox Oslo(シティボックスオスロ)
住所(行き方):Prinsens gate 6, Oslo(中央駅から徒歩5分)
宿泊日 :2014年4月23日~24日
金額(1泊) :1部屋 600NOK(約10,200円)
部屋タイプ :ダブル
バスルーム :プライベート
WIFI :あり
キッチン :なし(ロビーに電子レンジだけあり)
洗濯 :不可
評価 :★★★★☆
予約サイト :エクスペディア
コメント   :おしゃれなビジネスホテル。500mlのペットボトルが400円もするオスロではこの金額は安い方。ロビー周りのリビングが広くてGOOD!


DSCF2588.jpg

北欧の物価の高さは有名でもちろん知ってたけども

500mlのペットボトルが約400円する街・オスロ。

最初は信じたくなくてこの店が高いのだと思い込もうとしたけど、どこ探しても水でも400円近い事実に驚愕。

高くて買えるものなし。

2人でオスロではラマダン(断食)をそっと決意w

でもお腹は空くので、バルト三国で買い込んだ残りの非常食で何とか過ごします。

ちなみに同じ北欧のフィンランドはユーロだったけど、ノルウェーはクローネ。

DSCF2527.jpg

オスロ散策。

まずはオスロ大聖堂。

DSCF2530.jpg

DSCF2532.jpg

厳かな雰囲気。

お祈りに来てる人の姿も見られます。

カテドラルとか大聖堂とか教会ってどの国でもあるけど、それぞれ中の造りが違ってて装飾も華やかで

見るの楽しい。ステンドグラスとかあるところ最高ですな。

DSCF2537.jpg

広場では花の市がたって、可愛い北欧のおばあちゃんたちがお買い物してる姿にほっこり。

たくさんの草木や花が並べられてました。

DSCF2549.jpg

ムンク美術館。

あの有名なムンクの叫びのやつです。

毎年ノーベル平和賞の授賞式が行われてるオスロ市庁舎。

広くて豪華なスペース。この建物の奥には海が見えるステキな立地。

DSCF2560.jpg

歩いて港の方もお散歩。

ノルウェーといったらノルウェーサーモン。フィヨルド。

オスロは港もあるけどけっこうな都会。だけど、ノルウェーの本当の魅力は大自然。

ノルウェーに来たのなら絶景の大パノラマ・フィヨルドに行かねば。

その大自然の迫力を味わいに行くのはまた別の機会にとっておきます。

DSCF2568.jpg

王宮での衛兵交代式。

港から時間に合わせて猛ダッシュ。

少々スタートしてたけど、間に合った!

DSCF2577.jpg

ロンドンで見た衛兵交代式がカッコよくて、ここでも見たいと思ってました。

乱れぬ美しい動きやっぱりカッコイイ。

DSC03569.jpg

ロンドンの衛兵さんは黒いモフモフ帽子だったけど、オスロの衛兵さんはこれまた違ったスタイル。

馬のタテガミのようなサラサラ毛並み付きヘルメットをお召しになられてました。

風によくなびくサラサラ毛並。気になってしかたない。

DSCF2591.jpg

弾丸北欧旅。ノルウェーでの長居も不可能なのでオスロは2日間で脱出。

北欧と言ってもフィンランドとノルウェーを少々かすった程度ですが、

行ったことなかった北欧文化圏に足を踏み入れることができて良かった。

フィヨルド、オーロラ、サンタクロース村・・・北欧にはまだまだ行ってみたい場所がゴロゴロ。

物価が高すぎるから今回の旅ではパス。いつか短期旅行で大人旅したい場所であります。

DSCF2600.jpg

オスロ空港。ここから次の目的地へまた飛びます!

ホテルも空港もそうだったけど、オスロでのチェックインは機械式。

フロントには人がおらずタッチパネル式の画面を操作して自分で行います。

荷物預けも自分で番号入力して重さ図ってタグ付けてボタンひとつで完了。

無駄を省いたスタイリッシュなシステムが斬新!


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (325)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (4)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム