DSCF1685.jpg

2014-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リアルタイム】バックパッカーお休みします。 - 2014.09.30 Tue

DSC06942.jpg


オーストラリアからHELLOω

オーストラリアに来て早2週間。
リアルタイムでは今、オーストラリアのカナーボンという町に滞在中。


昨年11月に日本を出発してちょうど10ヶ月旅を続けてきたけど、ここオーストラリアにてしばらく旅をお休みします!
30歳最後のチャンスということで

ワーホリすることに決めました。

DSCF3204.jpg


そもそもワーホリは30歳までと思い込んでおり、すでに30歳になっている我々には無縁の話だと思ってて
当初の予定通り1年間旅して日本へ帰るつもりで進んできたワケだけど、

『30歳までにビザを取れば31歳になってもビザの取得日から1年有効』という事実を旅中に知ってしまったのです。


思った以上に時間の流れも早く、それと同時にお金の減りも早くw、
10ヶ月旅をしてきて私たちが出した結論は『もう少し旅したい』でした。


大人しく予定通りこのままアジアを旅して帰れば、予算的にも期間的にも問題ないんだけど・・・

旅してて日に日に感じるのは
世界はイヤになるくらいに広くて、まだまだ行きたい場所が尽きなくて困る、ということ。

まだ行っておきたい国を残したままこの旅を終えてしまうと、
日本に戻ってまた数年以内に“旅立ちたい病”という病気の再発の恐れがあるのでw

DSCF3215.jpg


それに

転々と各地を移動してきたけども、一度くらい海外で住んで暮らして仕事して生活してみたいなと。

そして

拓ちゃんの10年越しのリベンジ。

というのも、10年ほど前に大学に行かずにワーホリに行きたかったんだけど
その時は日本での普通の大学生活を選択したんだと。
10年前に選ばなかった道。今回またそのチャンスが巡ってきたので今回こそ行ってみたいと。

つまりは

今後の旅資金の出稼ぎ 兼 海外生活体験 です!


高校時代の担任の児玉先生が黒板に書いてた『迷ったらやれ』という言葉はどうやら今でも私の中に根付いてる模様。

そんなこんなで

現在ブログはアルメニア編を更新中だけど、その後UAE→インド→タイ→マレーシア→シンガポールと進み
シンガポールからオーストラリアのパースへ飛んでまいりました!

しばらく日本に近いアジアを旅してたから久々の異国感。

DSCF3211.jpg


世界一住みやすい街とも噂されるパースの街並みは綺麗で、
都会なんだけど中心から少し行くと緑豊かな公園や海があったり自然いっぱいでいい街。

夕暮れ時は特に美しや。

DSC06945.jpg


カンガルーの前で写真撮ってただけなのに・・・

DSCF3217.jpg


5秒後、こんなことに。

通りすがりのおじちゃん乱入。
陽気なオージーの国民性、好きです。

DSCF3218.jpg


パースにゃん。
宿の近くのモフモフにゃんこ。

DSCF3240.jpg


取りあえずパース来てみたものの、ワーホリって何から始めればいいのか、右も左もわからずw

携帯電話を買ったり、オーストラリアの銀行口座を作りに行ったり、仕事探しの情報収集してみたりと
オーストラリアでの生活をスタートさせる準備をしておりました。


そんなパースには3日間いただけで、すぐに移動。
元々、ファーム(農場)の仕事狙いでオーストラリアに来た我々は北上してファーム探しの旅へ。

パースからバスで13時間、約900キロ離れたカナーボンという町へやってきました。

DSCF3275.jpg


ほんとに何にもない田舎町。メインロードにスーパーと数軒のお店があるだけ。
町を囲むように農場地帯が広がってて、野菜やフルーツの畑がちょろちょろある感じ。

ちょっと行くと湾になってて海にもつながってます。

DSCF3260.jpg



DSCF3256.jpg



幸運すぎることに、到着したその日に私は仕事が見つかり、早速すでに働き始めてます。

お仕事はトマトのパッキング!
バックパッカー改めトマトパッカーになりました。

DSCF3253.jpg


大量に流れてくるトマトの中から傷があるのを取り除いたり、
色や形ごとに分けられてパックされたトマトの箱を運んで積み上げたりって作業をひたすらに。

トマトの箱が1箱10㎏あってそれを8段以上積み上げるのはなかなか大変。
重い!(手にガングリオンの持病がある私にとっては特にw)

手が段ボールで擦れて傷だらけ、アザだらけ(゚Д゚;) 体中、絶賛筋肉痛!

DSCF3267.jpg


拓ちゃんも到着して1週間ほどでお仕事が見つかって、毎日トマトのカッティングをしております。
トマトの枝をひたすら切り続けるっていう、本人曰くトマト界のカリスマ美容師になった、とのこと。

炎天下の中、泥だらけになりながら中腰で1日中作業するのは中々辛いようで、同じく体中、絶賛筋肉痛!



そんな感じでカナーボンでの新生活がスタートし始めた今日この頃。

毎朝太陽が昇る6時頃から出かけて、朝は早い分16時くらいには仕事が終わり、
夕方は夕日を見に行ったりのんびり過ごして、22時には寝るという健康的な生活が送れてます。

DSCF3268.jpg


ちなみにこの町にWIFIという存在はほぼないらしく、ネットが全然繋がりまへん。

ネットがないならないで、まぁいいやと開き直ることにしました。
しばらくはオーストラリアの大自然の中、田舎町で暮らしてみることにします。

DSCF3280.jpg


ただでさえブログもリアルタイムから2ヵ月以上遅れてしまってるけども、
少しずつ下書きで書き溜めてはいるし
たまにネットが繋がった時にでもまとめてのんびり更新してくつもりではいるので

たまには覗きに来てやってくださいまし。


おそらく年内は音信不通になりがちかと思われますが、2人元気にやっておりますのでご心配なく!
では、また~★


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

スポンサーサイト

アルメニアの富士山・アララト山 - 2014.09.18 Thu

DSC05928.jpg


日本の富士山を思い出すような

アララト山の眺め

@ホルビラップ修道院



▼PLACE:【グルジア】トビリシ→【アルメニア】エレバン

DSCF9463.jpg


カズベキからバスでトビリシへ一度戻り、その晩の夜行列車でエレバンへ。

<移動>
カズベキ→(バス/所要3時間/10ラリ)トビリシ→(夜行列車/所要10時間/3等 32ラリ)→エレバン


*トビリシ~エレバンの寝台列車は奇数日運行

DSCF9460.jpg


一番安かった3等寝台を選んだけど、広々横になれるし快適。早々とくつろぎモード。

列車での国境越え。

場所問わず2人ともどこでも寝れる性質なため、ぐっすり寝て起きたらエレバンに降り立ってました。

DSCF9476.jpg


アルメニアの首都・エレバン。

近代的なちょっとセンスある都会。

DSC05877.jpg



DSC05874.jpg


デザイン性あるオブジェやなんじゃこりゃっていうよくわからない銅像がたくさん。

特徴的なピンクのモザイク柄の建物。

DSC05898.jpg



DSCF9721.jpg


ここは広場になっていて、毎晩噴水の前でライトアップショーが行われてます。

この噴水ショーがなかなかのクオリティの高さ。

DSCF9528.jpg


毎晩噴水を囲んで広場はたくさんの人で溢れかえってお祭りみたい。

最前列はビッショビショになる水の驚異的な威力w

DSCF9535.jpg


エレバン市内は特にこれと言って何もなかったので、連日エレバンを基点に近郊へお出かけ。


【ホルビラップ修道院】

エレバンに来る寝台列車で出会った日本人の方オススメの場所。

それまで存在を知らなかったけど、アララト山が一番近くで見えるのはココ!と聞いてやってきました。

DSCF9716.jpg


ちなみにアララト山はノアの箱舟が漂着したとも言われる聖なる山。

今ではトルコ領だけど、アララト山はアルメニア人にとっては故郷であり神聖な場所だと考えられています。

街中にも『ARARAT(アララト)』の文字がたくさん。

<移動>
エレバン駅→(ローカルバス/所要1時間/350AMD)→ホルビラップ


*駅の裏から09:00/11:00/14:00発 467番or76番バス乗車

バスを降りた所から炎天下の中、修道院までな~んにもない道をテクテク。

次第に近づいてくる富士山改めアララト山。そっくり!

DSCF9571.jpg


あまりに暑く、その暑さは富士山柄の手拭いを泥棒風に巻いてしまうほど。

丘の上に建つ修道院とバックにそびえるアララト山が美しい。

DSCF9623.jpg


周りにはヒマワリ畑。ヒマワリ越しの修道院もこれまたいい。

近くに小さなカフェというか商店が。

帰りのバスまでまだまだ時間を持て余してたし、暑くてのどカラカラな誘惑に負け

ヒマワリ畑ビューでビールを!うまし♥

DSCF9590.jpg


帰りも本数の少ないバスを炎天下の下、ずっと待ってたら何台も車が止まって送っていってやるとのお声がけが。

意図せずにヒッチハイク成功w

アルメニア人のフレンドリーさと優しさに触れたのでありました。


【エチミアジン】

地球の歩き方によると、ここははずせない場所、との記述。

バスを乗り継ぎ、行ってみた。

DSCF9493.jpg


メインの大聖堂、絶賛修復中。

周りの修道院もほぼ工事中…滞在時間10分で終了。

この暑い中バス乗り継いでわざわざ来た甲斐なし。。

DSCF9496.jpg


何しにきたか謎だったけど、来て良かったことと言えば

バスで出会ったエチミアジンに住むNAREKと友達になったこと、と

たまたま入ったお店で食べた肉汁たっぷりの小籠包みたいな料理が劇的に安くておいしかったこと。以上。


連日40度近い真夏のエレバンは暑くて、水もすぐお湯になるほど。

どこ行くにも気力が必要なのです。


★30秒おさんぽMOVIE~カズベキ・エレバン編~★




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2301サイト中、現在30位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

行くべきカズベキ! - 2014.09.17 Wed

DSCF9385.jpg


本日のミッションは

丘の上の教会にたどり着くこと。


▼PLACE:【グルジア】トビリシ→カズベキ

DSCF9329.jpg


ガマルジョバω

今日はトビリシからカズベキへ。

日帰りで行けないこともないけど、せっかくなので泊まりで行くことにしてみました。

<移動>
トビリシ→(マルシュルートカ/所要3時間/10ラリ)→カズベキ

到着するなり大雨に見舞われるという運の悪さ。

DSCF9318.jpg


早く屋根のある所に避難したくて

宿のアテも特になかった我々は客引きのおばちゃんについて行くのでありました。

そのとたん、雨やんだ。。

DSCF9321.jpg


カズベキでは村の民家の一室を借りる民泊スタイル。

私たちがお世話になったおばちゃんの家では美猫が出迎えてくれました。

DSCF9337.jpg


庭ではたくさんのニワトリが走りまわってて

山に囲まれた小さくて素朴な田舎。

ロシアとの国境近くにある村。

DSCF9332.jpg


通りには数軒の商店とカフェがあるくらい。

すっかり晴れて山の上にある教会がチラ見え。

遠くから見るとだいぶ小さく見える教会。明日はあそこへ登るぞ。

DSCF9341.jpg


翌朝、山の上の教会を目指して登り始めます。

DSCF9346.jpg


花がたくさん咲いてる良い時期でした。

目的地はまだまだ山の上。

DSCF9349.jpg


1時間ほど山道を登ってくと

教会の姿が見える斜面までやってきた!

DSCF9370.jpg


教会見えた!と喜んだのも束の間。

教会が見えてからのこの急斜面がなかなか長かった。

DSCF9380.jpg


目ではもうちょっとに見えるんだけど、登っても登っても近づいてるんだか、という感じ。

ゼーゼーハーハー息をきらしながらラストスパート。

DSCF9391.jpg


登り切った山の上からの景色はとても綺麗でした。

ぽつんと建つ十字架。小さいけど存在感ある。

DSCF9401.jpg


グルジアに入ってから、メスティアやウシュグリ村としばらく山の景色ばっかり見てきたから

正直カズベキも似た感じで山飽きするかな~と思ってたけど

カズベキはカズベキでまた違った良さがありました。

DSCF9405.jpg


夏でも雪の残るコーカサスの高峰・カズベク山のカッコ良さに惚れ惚れ。

暑い暑いと日差しの中を汗かいて登ってきたわけですが

山の上は涼しい。ちょっと寒いくらい。

DSCF9409.jpg



DSCF9414.jpg


澄んだ涼やかな空気がおいしくて

どこか感じるすがすがしさが心地良くて

しばし山の上からこの景色を堪能するのでありました。

DSCF9442.jpg


トビリシに戻り、次はコーカサス地方2ヶ国目のアルメニアへ!



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2301サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (328)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。