DSCF1685.jpg

2016-02

雑貨好きな私たちがエスファハーンのバザールで買ったもの6つ。 - 2016.02.26 Fri

DSCF1781_2016022423585791c.jpg

バザール散策*


▼PLACE:【IRAN】Esfahan

イマーム広場から続くバザールと広場を囲むアーケードにはお土産屋さんがわんさか(゚∀゚)
ステキなイランの雑貨に目移りしながら、やっぱり我慢できずに買ってしまった私たち・・・w



◆バザールさんぽ

お待ちかねのバザールへ。
"バザール"は市場を意味するペルシャ語なんだと。

バザーレ・エスファハーンの趣のある門構え。

DSCF1734.jpg

中は薄暗くて迷路の様に道が入り組んでる。

絨毯がぶら下がってたり、日常生活品があっちこっちに並んでたり。
ペルシャとかイスラムの雰囲気どっぷり。

DSCF1748.jpg

エスファハーンのバザールはイランでも指折りの歴史を持つ由緒正しい市場なんだって。

さすがかつて"世界の半分"って言われた街だけのことはありますな。

DSCF1737.jpg

香辛料の香りとか、古めかしい雰囲気とか、そこで暮らす人たちの日常が垣間見えるバザールは
やっぱり楽しい !!

DSCF1741.jpg

何か掘り出し物でもないかなぁって迷子になりそうになりながら
バザールをさまよい歩き。

DSCF1753.jpg

歩けば歩くほど、欲しいもの・気になるものが増えてく一方で困る。。
さぁ何買おうかな~*







◆欲しいものリストその1 ~金属細工~

バザールを歩いててもひときわ気になる存在。
キラキラ光るまばゆいやつら。

DSCF1808_20160225000323713.jpg

暗くなるまで店先でカンカン響く金属の音。
夜はより一層渋く見える金属細工のお店。

DSCF1800.jpg

鍋やお皿や水差し、チャイポットなどなど。
見てると色々揃えたくなるー!

DSCF1806.jpg

イランの奥様方にも人気♡

 
金や銅細工の通りは職人さんの軽快なトンカチの音が響いております。
ひとつひとつ手作りで細かい作業。

DSCF1774.jpg

金属細工もさることながら職人のおじちゃんたちのステキさに心奪われる。



◆欲しいものリストその2 ~タイル系~


DSCF1876.jpg

イランのタイルや装飾、その繊細な模様には驚愕させられっぱなし。

街を歩けばモスクやドームに建物の壁や窓の美しさに惚れ惚れ。
青と水色をベースにした何ともキレイな色づかい。

DSCF1831.jpg

イランらしい青の装飾の何かが欲しい、と思わずにいられない。

イランの伝統工芸品"ミーナー・カーリー"
お皿や壺にエナメルで彩色を施したもの。

DSCF1963_20160225000536119.jpg

秘密基地みたいな可愛いお店。
おじちゃんがステキすぎた♥

DSCF1935.jpg

青いタイルが欲しい・タイルが欲しい・・・タイルが欲しいー!

DSCF1750.jpg

またしても割れ物欲しい病が(゚Д゚;)





◆欲しいものリストその3 ~絨毯~

ペルシャって言ったらペルシャ絨毯でしょうに!

柄もまた好みのが多くて困った。
大きいのは無理だとしても、玄関マットサイズくらいなら!?と心揺らぎ始める私たち。

DSCF1961.jpg




◆買ったもの

そんなバザールを何時間もさまよい歩き物色した結果、我々が買ったものがコチラ。

DSCF1974.jpg

・ペルシャ絨毯(玄関マットに) 約1600円
・銅細工の小さな手鍋(トルココーヒーを淹れたい♡)約600円
・幾何学模様の小物入れ×2(アクセサリー入れに) 2つで約500円
・青いタイル×2(お部屋のインテリアに) 2つで約600円

以上6点お買い上げ!
合計で3,300円ほど(細かいイラン通貨での値段は忘れた・・・)

もう旅も終盤なので欲しいものは買おう!とお土産予算はやや多めに各国1万円までと決めたから
まだ買える!(笑) 持ち運べる限界がありますが。


DSC00784.jpg

絨毯が見た目以上にずっしり重くて取扱いに困惑。

折り曲げて形が折り目がついちゃうのも嫌やし、
巻いてもバックパックから飛び出る・・・。


後先考えずに買い物するとこうなります。
ペルシャ絨毯の追加で荷物が増量し、ますます移動が苦に(笑)



<エスファハーンの宿>

Amir Kabir Hostel
1部屋ツイン 650,000リアル(約2,100円)※朝食付

ネットは繋がらないことがしばしば。部屋は一般的なイランクオリティ。
宿の娘さんが可愛い。よく一緒に遊んでもらいました。

DSCF1911.jpg




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**



*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】








スポンサーサイト

世界新聞さんで記事が掲載されました* - 2016.02.24 Wed

サラーム!


ブログはイラン編を更新中ですが・・・別件。


世界新聞というサイトで、旅するライターとして記事をかかせてもらうことになりました*

先日UPされた初投稿の記事がコチラ↓

uzbekistan-scissors-factory-2.jpg


コチラから読めます→クリック★


今回はウズベキスタンのお話。
ウズベキスタンは雑貨が可愛くて、またしても荷物が増量中(笑)

ごはんも美味しくて安い!
街並みも雰囲気すごくステキで良い国です♡


よかったら、上の記事ものぞいてみてください(゚∀゚)









■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】






茶をしばく。イランの素敵なチャイハネ文化。 - 2016.02.23 Tue

DSC00794.jpg

チャイハネでティータイム*


▼PLACE:【IRAN】Esfahan


サラーム!
イランの人はとにかくチャイがお好き。

ポット持参で公園でピクニックしてたり、通りではチャイ売りのおじさんがいるし
MYチャイグラスを持ち歩いてる人も多数。

我々もそんなイランのチャイ文化を楽しみたいと、エスファハーンのチャイハネめぐり。
ちょっと茶をしばきに行ってきました。



◆まずは庶民派チャイハネから

ちなみにチャイはお茶、ハネは家のことで
チャイハネはいわゆる喫茶店とかカフェみたいなもの。


まずはイマーム広場のバザールの路地を少し行ったところにあるチャイハネへ。
細い路地を入って行き、お店のカーテンをペラっとめくるとそこはちょっとした異空間。

天井から無数のランプがぶら下がってて、アンティーク風の置物が飾られた独特な雰囲気。
チャイと水タバコのあまーい香り。

DSC00780.jpg

店内は男性と女性で座る席が区切られてて、こっちは男性ゾーン。


私たちは女性ゾーンに。カップルとか夫婦は一緒でOKなよう。

メニューも特にないし仕組みがよくわからずモジモジしてたら、
奥さんと一緒に来てた隣のおじちゃんが色々お世話してくれました。

DSCF1946.jpg

とりあえずはチャイを♥
ティーポットとお菓子付き(゚∀゚)

DSCF1955.jpg

イランでいうチャイは紅茶のブラックティー。
それにたっぷりの砂糖を入れて激甘で飲むのがイラン流。

熱々のチャイがおいしい !!

DSC00778.jpg

チャイハネはイラン人の人たちでにぎわってて、みんなチャイをすすりながらおしゃべりや水タバコを楽しんでる様子。
アルコールが禁止なイランではチャイハネが憩いの場。

意外だったのが、イラン女子たちが水タバコをプカプカ吸ってる光景。

DSCF1952_20160222023440af5.jpg

イランに来てみて意外だったことのひとつがイラン女子たち。

イランは厳格なイスラム教の国だからさぞ厳しいんだろうな、と思ってて
女の人はあまり外に出てなくて、出ても黒ずくめのスカーフで覆って目しか見えないくらいかと。

でもテヘランやエスファハーンで街ゆくイラン女子たちは、スカーフもカラフルで化粧もバッチリ。
鼻スラーっと高くて目鼻立ちくっきりで美人さんがめちゃめちゃ多い。

スカーフなんて軽く頭の上にのっけてるだけくらいゆるく巻いてて、前髪とかサイドの毛を出してる人も多い。
服装だって、上はお尻が隠れるくらいの長めの丈のを着てるものの、下はスキニーパンツとかレギンスだってはいてるし。

思ってたより自由なのかなーという感じはしたけど、街中では風紀警察みたいな私服警官がいて
髪形とかスカーフを注意されてる人の姿も。そこはやっぱりイラン。



◆次はちょっとオシャレなチャイハネに


DSCF1996.jpg

少々シャレたチャイハネにも行っちゃいましょう。

バザールの2階にあるとこ。
ここは地元の人向けというよりは観光客向けでちょい高め。

入口から雰囲気がステキ。

DSCF1994_20160222030331c68.jpg

お茶しようと思ったら、ここはレストランも兼用してるからか店員さんがお茶だけはダメだと(゚Д゚;)
すでにランチ食べちゃってたから、夜ご飯に出直すことに。

DSCF1979.jpg

店内はこんな感じ♪

この座敷スタイルのんびりできて好きですな。
飲み食いしにくいけどw

DSCF1982_20160222030322c11.jpg

何がステキってステンドグラス!

ただね、残念なのが昼に見に来た時は明るくて光が入ってもっとキラキラしててキレイやったこと。
ココはランチの時間帯のが断然良いと思ふ。

DSCF1986.jpg

雰囲気は良かったけど、ごはんが・・・。
我々のチョイスが悪かったからかは定かじゃないけど、やっぱりイラン料理の味がどうも口に合わず・・・。

それでも空間は素敵で癒された♡

DSC00795 - コピー




◆橋のほとりで

DSCF1816.jpg

川にかかる橋の下にも野外チャイハネがあってお茶が楽しめるとのことで、スィー・オ・セ橋にも行ってみた。

1月半ばのイランはそれほど寒さが厳しくなくて、むしろ心地良い気候。
-14℃のルーマニアから来たから、6℃ほどのイランはだいぶ暖かい。

DSCF1817_20160222032110f5b.jpg

外でお茶もいいなぁって思ってたのに

チャイハネなかった(゚Д゚;) ガーン。

DSCF1822.jpg

夏だけなのかな?
ライトアップもしてて夜もお茶できるって書いてて楽しみにしてたのに。



◆チャイのお供に

チャイハネばっかりじゃなくて、露店とか商店の店先にいるチャイ屋さんでチャイを買って
イマーム広場や公園でティータイムすることも。

ランチとか小腹が空いた時、チャイのお供にはコレ。

DSCF1916_201602220330453d2.jpg

イラン風パン "バルバリ"

パリパリさくさくモチモチ。お店によって特徴あり。
ナンみたいで美味? クリームチーズが良く合う。

DSC00764.jpg

イランの人は毎朝焼きたてのバルバリを買いにきて10枚くらい大量購入してくから、いつもバルバリ屋さんは並んでる。

大きいし私たちには1枚で十分なのでいつも1枚だけ買いに行くけども、
1枚だけならあげるわよ!っておごって頂くこともしばしばw

DSC00766.jpg

この日も後ろに写ってるおばちゃんにおごってもらった。
ついでに折りたたみ方も教えてもらう(´∀`) 親切♡



◆お酒が飲めないイランでは

チャイばっかり飲んでるけども、やっぱりたまにはビールが飲みたくなる。

けど、ここはイラン。
イスラムの国でお酒も売ってない。

DSCF1801.jpg

なのでノンアルコール・ビール。

レモンにグレープ、チェリー、りんご味とかよくどのお店にでも売られてる。
味は普通の炭酸ジュース・・・。

各国のビールキャップコレクターの拓ちゃんもイランではしょうがないから
ノンアルコールビールのキャップで手を打つことにw

イランのコレクションにはレモン味のノンアルコールビールの蓋を回収。






■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】






NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (317)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (11)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (4)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム