バルトの宝石と呼ばれる街とは。

DSCF2267.jpg

色んなお店が並んでとても華やかなリガのマーケット。

マーケットって宝探しみたいでワクワクする。


▼PLACE:リガ(ラトビア)

DSC03430.jpg

ラトビア・リガからラブディエン(こんにちは)!

バルト三国旅、リトアニアの次はその上にあるラトビア・リガへやってきました。

DSCF2206.jpg

アールヌーヴォーの首都・リガは中世の趣を残す街並みがとてもステキ。

中世の雰囲気たっぷりの旧市街とトラムが行き交う現代的な新市街。

そのバランスがうまく溶け合う街。

カモメが飛び交う美しい港町でもあります。

DSCF2285.jpg

お店の前にさりげなく飾られたオブジェが可愛い。

街歩きがとても楽しいバルト三国。

DSCF2194.jpg

旧市街の中心の広場では観光客がオープンテラス席で食事を楽しみとても賑やかな雰囲気。

外国人ってこういうオープンテラス大好きですな。そして似合う。

暑くても寒くても日差し強くても、なんだかすごく楽しそうに過ごしてる。

DSCF2277.jpg

そんな賑やかで華やかなところもあるし、ちょっと行くと運河が流れる静かなエリアもあったり。

リガなかなか好きな街です。


旧市街散策。

猫の家。

三角屋根のとんがりのてっぺんにご注目!ちょこんと座っておられます。

DSC03441.jpg

リガはなんだかネコモチーフのものが多い。

でもリアル猫はあまりいらっしゃらない・・・ω

DSCF2227.jpg

家に飾っておきたくなるような可愛いお土産がたくさん売られてるんだけど

どれもなかなかお高いんです。

ちなみに行くまで知らなかったんだけど、ラトビアは今年の1月からユーロを導入したばかり。

バルト三国はヨーロッパに比べても物価が安いと聞いていてそのつもりで来たけど、今年に入ってユーロになったせいもあってかそれほど物価は安くはありませぬ。

安かったのはユーロじゃなかったリトアニアだけ。

DSCF2276.jpg

ラトビアでの唯一の収穫物。

控え目に小さな猫のマグネットひとつだけご購入。

DSCF2219.jpg

中世の街並みがそのまま保存されたかのような旧市街。

衣装を来た人もいてますます中世の空気が漂います。

DSCF2222.jpg

ブラックヘッドの会館。

修復されたものらしけどレリーフが細かくて繊細。

DSCF2287.jpg

DSCF2238.jpg

ちょうどイースターの時期で、マーケットにはイースターをお祝いする食べ物や飾り物がたくさん売られてました。

リガのマーケットは大きくて食べ物、服、花、野菜、果物と色とりどりのものが並んで見てるだけでも楽しい。

自然の材料を使ったライ麦パンやハチミツなど地球にやさしいエコフード。

新鮮なお魚もズラリ。

ちょこちょこ買い食いしながら食べ歩き。

DSCF2266.jpg

リガのお宿。

ドミトリーなんだけど、可愛い部屋で居心地良かった。

IKEAの売り場の子供部屋みたいな雰囲気でした。

バルト三国はドミでも宿のクオリティ高くてきれいだしちょっとオシャレ感もあるし、1泊1000円ほどで泊まれるのがいい。

DSC03425.jpg

【リガ宿情報】 *各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)

ホテル名 :Mr. Hostel(ミスター ホステル)
住所(行き方):Marijas iela 9,Riga
宿泊日 :2014年4月18日~20日
金額(1泊) :8ユーロ(1,132円) 
部屋タイプ :ドミトリー
バスルーム :共有
WIFI :あり
キッチン :あり(コンロなし)
洗濯 :不可
評価 :★★★★☆
コメント  :バスターミナル、駅から徒歩10分以内。スーパーも近くで自炊に便利(コンロないけど・・)旧市街にも歩いて行けるので色々と便利でした。そして、新しくてキレイで良かった。



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

1Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2015/12/14 (Mon) 08:00
  • REPLY