コソボで感じるおもてなし@プリズレン

DSCF6274.jpg

選挙運動の真っ最中

活気に満ちたプリズレンの街


▼PLACE:【アルバニア】ティラナ→【コソボ】プリズレン

DSCF6164.jpg

アルバニア・ティラナから我々が次に向かったのは

コソボのプリズレン!

<移動>
ティラナ→(バス/所要3時間/10€)→プリズレン


コソボと聞いて、まず思い浮かぶのは“紛争”

独立を要求するアルバニア人と、これを認めないセルビア共和国との対立。

この領土をめぐって、色々な対立が起こってきました。

ちなみにコソボの出入国スタンプがあるとセルビアには行くことができなくなります。

DSCF6137.jpg

今回私たちが訪れたプリズレンは紛争なんて全く感じさせない穏やかな街。

川沿いの街の中心にあるモスクが存在感を放ってて、

オシャレカフェやオープンテラスのお店なんかもたくさんある。

DSCF6266.jpg

私たちがプリズレンで感じたコソボは『おもてなしの国』でした。

街を歩いてると、一緒に写真撮ろう!と声をかけられ

道を聞けば、送ってくれる。

DSCF6157.jpg

丘まで送ってくれたお2人さん。

ありがとう。

DSCF6173.jpg

DSCF6170.jpg

プリズレンを一望できる丘。

眺めよし!

丘に登ると今度は握手を求められ、一緒に写真撮ろうと仲良くなり

お茶しよう!と。

で、こんなことになりましたw

DSCF6177.jpg

言葉はほぼ通じないけど、ジェスチャー&Google翻訳機能を駆使しながら一生懸命話してくれる。

Google翻訳、たまに訳おかしいけど便利。

盛り上がり、スイーツ食べに行こうと2軒目へGO。

プリズレン楽しんでね!と爽やかに去って行った彼ら。ええ人らや。

DSC04940.jpg

DSCF6214.jpg

個人的趣味のヒゲのおじさん&民族衣装の調査に博物館へ。

たくさんのヒゲのおじさん及びステキな民族衣装の数々。

小さい博物館だったけど見応えあり。

DSCF6207.jpg

DSCF6200.jpg

博物館を出て外のベンチで休憩してると、

気付いたら次から次へとどんどん若者に囲まれる。

DSCF6240.jpg

一緒に写真撮って、と行列。

なんだこの状況!!??謎すぎるコソボ。

DSCF6234.jpg

今度は翌日のバスのチケットを見にバスターミナルへ行くと

時間調べに来ただけなのに、こっちこっち!と中へ招かれ

座ってコーヒーでも飲んできな、と。

どこからともなく運ばれてくるマキアート。

明日も30分早く来てここでコーヒー飲んでから行きな、と言ってくれる。

神がかったそのお優しさ。

DSCF6278.jpg

これでもかってくらいに次から次へと

フレンドリーで陽気で親切な人が現れるプリズレン。

DSCF6283.jpg

プリズレンだけにしか行ってないし、コソボのほんの一部に触れただけなので何も言えないけど

紛争って先入観から勝手に暗いイメージを持ってたコソボだけにその意外性は強烈でした!

そのおもてなしに心がじんわりとポカポカした日でした。


次なる目的地はマケドニア。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

0Comments