美しき古都・プロヴディフの旧市街さんぽ。

DSCF6811.jpg

笑顔が可愛いおばちゃまの

情緒溢れるお土産屋さん


▼PLACE:【ブルガリア】プロヴディフ

DSCF6690.jpg

ブルガリア・プロヴディフからドバル デン(こんにちは)!

紀元前4000年に遡り、あのローマよりも古い歴史を持つ‘古き良き’プロヴディフの街並み。

DSCF6794.jpg

すっかりこの街が気に入った我々。

今日もプロヴディフの街をのんびりお散歩。

DSCF6809.jpg

DSCF6695.jpg

アンティークっぽい雰囲気の古めかしいお店がポツポツあります。

中をのぞいて見ると、これまた古い味のある家具が無造作に。

その無造作すぎるディスプレイは、果たして売り物なのかどうなのか。謎です。

DSCF6692.jpg

歩いててもやっぱり目を惹くのは

独特の張り出した窓が特徴的な建物。

あっ!こっちにも。そっちにも!、と建物探訪しながら歩くのが楽しい。

DSCF6745.jpg

建物の形もそうだけど

建物の色使いや窓のまわりに施されてるペイントや装飾もステキ。

DSCF6763.jpg

DSCF6782.jpg

パネル発見!

この手のパネルを見つけると、必ず顔を出したくなってしまう性格でして。

その度に拓ちゃんは『また、やるんですね・・・』と付き合ってくれます。

遠くからパネルがあるのを見つけた時から、あぁやらされると察して少し距離をはかろうとしますが

逃しません。

DSCF6801.jpg

DSCF6796.jpg

歩いてると、こっちこっち!と見知らぬおじさまに呼び止められる。

どうやらアンティークショップのオーナー。

何か買わされるのでは!?ドキドキ。

と思ったら、古くて珍しい紙幣コレクションやその他数々のコレクションをお披露目。

『これは~で、あれは~で』と怒涛の勢いで話してくるおじさまはこうなったら止めることもできず・・・

延々とご自慢のコレクションを披露されるのでした。ただの話好きの良いおじさん!

DSCF6780.jpg

そんなおしゃべり好きのおじさんが持って帰りな!とくれた紙幣とコイン

&プロヴディフでの収穫物。

DSCF6829.jpg

フサフサモフモフのベル。

早速、宿の扉にかけてみる。

ドアを開けるたびにチリンチリンと心地よい良い音♪

DSCF6817.jpg

今日のにゃんこ。

宿の看板アイドル猫・ゴロ。

柔らかくてモッフモフで懐こくて、中庭に足を運んではゴロと遊んでばっかり。

ゴロゴロゴロゴロゴ。喉を鳴らすその音は癒しそのものでした。

あまりの可愛さに猫に噛まれ狂犬病ワクチン接種中の身だというのに、

ワシャワシャとゴロをわしづかみにして触りまくってたのはここだけのお話。

DSCF6835.jpg


【プロヴディフ宿】 *各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)

ホテル名 :ウルピア ハウス(Ulpia House)
住所(行き方):17 Tsar Kaloyan Square, 4000 Plovdiv
宿泊日 :2014年6月9日~6月12日
金額(1泊) :1部屋19.35ユーロ(約2,679円)※朝食付
部屋タイプ :ダブル
バスルーム :共有
WIFI :あり
キッチン :あり
洗濯 :不可
評価 :★★★★☆
コメント   :IKEAデザインの快適宿。広くておしゃれ。庭には猫(ゴロ)が遊びにやってくる。朝食はクロワッサン一個なのであまり期待しないように・・・


★30秒お散歩MOVIE@プロヴディフ★

一緒に街歩きした気になれます(?)再生してみてね~





■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2190サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**
関連記事

0Comments