念願のセマー!セマーは回るよどこまでも。

DSCF7294.jpg

セマーは回るよどこまでも。

美しく神秘的なその舞いにうっとり。


▼PLACE:【トルコ】イスタンブール

DSCF7206.jpg

今日は念願の待ちに待ったセマーを見に行く日。

セマーとは、なんぞや。

ひたすらくるくると回り続ける旋回舞踊。 トルコのメヴレヴィー教団の儀式。

DSC05347.jpg

4年前トルコに来た時からセマーの不思議な魅力にハマり、

トルコ後の旅は各地でセマーの舞いをマネして写真を撮るという、セマーごっこが空前のマイブームに。

イスタンブールの街を歩いてても、なんせセマーが気になって仕方ない。

DSCF7174.jpg

街中にも溢れるセマー旋風。

これはやはり本物を見に行かねば!

DSCF7199.jpg

今回のトルコ旅では絶対に見に行こうと決めていたセマー。

本当はセマーの本場・コンヤに行きたかったんだけど、ブルガリア滞在が長引いて

このあと待ち合わせをしてるカッパドキアに全速力で向かわないと間に合わん・・・という状況だったため

イスタンブールで見ることに。

DSCF7207.jpg

イスタンブールではシルケジ駅の構内で週何回か夜にセマーの公演が行われてます。

シルケジ駅はかの有名な豪華列車・オリエント急行の終着駅。

ステンドグラスがいい感じのステキな駅。

DSC05292.jpg

この構内の美しいステンドグラスに囲まれた空間でセマーが見れると思うと・・・高まる!

構内には鉄道博物館もあります。

オリエント急行時代の写真などなども展示されてて見るのが楽しい。

DSC05288.jpg

DSC05289.jpg

ついにセマーな夜を迎えます。

朝一でチケット買いに行ったから、前列の一番いい席を確保。

確かにいい席でした

ただ、ステンドグラスが絶賛逆光&あまりに近くで踊ってくれるので距離が近すぎて写真撮りにくいという難点が。

でも写真は撮りにくいけど肉眼で見るには最高のベスポジだったかなと。手が届く距離!

開演前、チャイが振る舞われます。

DSCF7212.jpg

開演。

不思議で心地の良い音楽が奏でられること約20-30分。

ついに黒マントをまとったセマーの踊り手の方々のお出まし。

DSCF7245.jpg

白い衣装のイメージが強かったけど、このシックな黒バージョンの衣装・・・カッコイイ

より神秘的に見えてしまうんですけど。

特に左から2人目の方が好みなんですけど、どうしましょう。

隣で見てる旦那さんが引くくらい、1人でニヤニヤし続ける嫁。

DSC05364.jpg

幻想的な静寂がその場の空気を包みます。

セマーはくるくる回るイメージだけだったけど、回るまでに祈りをささげたり、黒マントを脱いだりと

色々な儀式があって、くるくるするまでの過程も見応えあり。

DSCF7317.jpg

ゆっくりと、そしてしなやかに回り始めるセマー。

次第に加速していく回転。

う、う、う、美しい

DSCF7277.jpg

くるくる回ることで神との一体化を図るんだとか。

あまりにも目の前で踊ってくれるので、回るスカートから伝わる風がまるで扇風機のよう。

神秘的な音楽と回り続ける舞いにただただ魅了され、引き込まれていく私たち。

DSCF7401.jpg

DSCF7385.jpg

セマーは素晴らしかった。

一見の価値あり!

ますますセマーが好きになった夜でした。

イスタンブールに未練なし。さぁカッパドキアへダッシュ。


★イスタンブール30秒お散歩MOVIE★
イスタンブールの見どころ凝縮




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

関連記事

0Comments