洞窟生活始めました@ギョレメ

DSCF7916.jpg

洞窟。

それは秘密基地みたいでワクワクする空間


▼PLACE:【トルコ】イスタンブール→カッパドキア(ギョレメ)

DSC05426.jpg

キノコみたいな不思議な岩に囲まれた町・ギョレメ。

屋上のテラスでキノコビューで食べる朝食タイムは気持ち良い~

イスタンブールから移動!旅仲間たちとの待ち合わせの地・ギョレメに到着。

<移動>
イスタンブール→(バス/所要11時間/METRO社 70リラ)→ネブシェヒル経由→ギョレメ


DSCF8115.jpg

ギョレメはカッパドキア観光の拠点となる町。

洞窟をくりぬいたようなユニークな洞窟ホテルがたくさんあって町の景観がとてもステキ。

DSCF8113.jpg

お土産屋さんもたくさん。

バルーンのボテっとした丸い感じが可愛い。

カッパドキアの朝は空一面に気球が浮かびます!

夕暮れ時の空も、赤く染まる岩も綺麗。

DSCF7956.jpg

DSCF7954.jpg

ここギョレメでは、タカナナ夫婦ポッポちゃん&中東の父こと通称パパと集合。

この時期は今更ながら世はワールドカップの真っ最中。

そもそもこのメンバーは4年前、旅先の中東で出会いその頃からのご縁。

ちょうど4年前の当時も南アフリカワールドカップをエジプト辺りでずっと一緒に見て過ごしておりました。

みんなそれぞれのルートで再び旅に出ているわけですが、

今回のワールドカップもみんなで観たいね!ってことで今回は日本戦の日程に合わせてカッパドキアに集結。

ギョレメに1週間ほど滞在してワールドカップ観つつ、観光しつつ、みんなでのんびりとカッパドキアDAYSを過ごします。

DSCF7566.jpg

待ち合わせの1泊目の宿だけ予約して行った我々。

屋上からの眺めもいい感じの宿だったけど、翌日以降空いてないってことで宿をお引越し。

お引越し先は・・・ムフフな洞窟ホテル

DSCF8402.jpg

せっかくなら少しでも洞窟っぽいとこに泊まりたいねってことでチョイスしてみたこのお宿。

すごく気に入りました!

DSCF7536.jpg

まさに洞窟。

洞窟風で可愛いインテリアと内装。

部屋の前のソファ&テーブルのゆったりスペース。

DSCF7606.jpg

朝は部屋から出るとすぐ真上に気球が飛んでるのも見えるし

昼も夜も眺め最高。

オシャレで高級な洞窟ホテルはたくさんあるけど、

我々でも手の届くお手頃価格の洞窟ホテルとしてはかなりオススメ。

DSCF7612.jpg

品数の多い朝食付!

ここのテラスで食べる朝ごはんタイムが毎朝の楽しみ。

そしてオーナーがイケメンときたら言うことなし。

1泊だけネットで予約して行ったけど、延泊し続けて結局6泊もしてしまった。

DSCF8469.jpg

【ギョレメ宿情報】 *各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)

ホテル名 :メレック・ケーブ・ホテル(Melek Cave Hotel)
住所(行き方):Gaferli Mah. Unlu Sok. No 28, 50180 Goreme
宿泊日 :2014年6月20日~6月25日
金額(1泊) :1部屋24.30ユーロ(約3,365円)※朝食付
部屋タイプ :ダブル
バスルーム :プライベート
WIFI :あり
キッチン :なし
洗濯 :可能(外干し)
評価 :★★★★★
コメント   :手頃な値段で泊まれる洞窟ホテル。朝食も中々豪華で毎日楽しみでした。部屋の前にあるアラブ風のソファーが快適。もっと長く滞在したかった位。


DSCF7964.jpg

時差的にトルコで観るワールドカップは夜。

ハラゴシラエは欠かかせません。

DSCF7981.jpg

お昼は周辺に観光に行ったり、のんびりしたりして過ごして

夜はワールドカップという日々が始まるのでありました。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

関連記事

0Comments