ふわり。朝日と気球と。

DSCF8070.jpg

朝日と気球と。

カッパドキアの朝は美しい。


▼PLACE:【トルコ】ギョレメ

DSCF7982.jpg

トルコ・ギョレメからメルハバ!

カッパドキアでの私たちは早起き。

連日、4時半起きという普段では考えられない時間に起きるのには理由があるのです。

まだ薄暗い中、洞窟部屋でモソモソと起き上がり岩の扉を開けて一歩外へ。

DSCF8301.jpg

目に飛び込んでくるのは、ふわりと空を漂う気球

眠い体を一瞬で起き上がらせる、鮮やかで丸っこくて可愛いヤツ。

5時過ぎくらいになると宿の上空には無数の気球が浮かび始めます。

宿からも見えるけど、すぐ裏のギョレメの町を見渡せる小高い丘からの眺めが最高。

気球を追いかけて、丘の頂上へ。

DSCF8436.jpg

DSCF7717.jpg

またひとつ、ふたつとあちらこちらからふわり。

静かに空に飛び立ってゆく気球たち。

気付けば空一面に漂う気球が!! 

DSCF7737.jpg

気球に近づきたくて追いかけてみるも

ふわりふわり、つかみどころのない気球には翻弄されるだけ。

届きそうで届かない歯がゆい関係w

ただただ幻想的な空を見上げるのでした。

DSCF7743.jpg

寝る前に翌日も自然と4時半にアラームをセットする我々。

この日は4時45分頃から丘の上でスタンバイ開始。

前日は5時過ぎに丘に来たら、すでに結構明るくて気球もすでに上がってしまってたのでリベンジ。

5時前だとまだ飛び立つ前の準備段階から気球が見れます。

DSCF7993[1]

澄んだ朝の冷たいピシっとした静かな空気の中に、聞こえてくるのは

ゴーっというガスバーナーの音。

しぼんで横たわってた気球たちが、どんどん息をし始めるように膨らんで

行ってきます!と空の旅へと出発。

DSCF8007.jpg

DSCF8433.jpg

みるみる色が変わってく朱色の空が本当に綺麗で

思わず2人で『スゴイ、スゴイ!めっちゃキレイや~』と大興奮。

DSCF8450.jpg

毎朝の常連のワンちゃん。

いつもこの時間、丘の上のこの場所で良い場所を陣取ってます。

きっとお犬様もこの美しいカッパドキアの朝の景色を眺めて、

ワンダフル!と言ってるに違いない。そう違いない

DSCF8057.jpg

『カッパドキア、ワンダフル!』 BY お犬様

DSCF8455.jpg

毎朝たくさんのバルーンツアーが催行されてて

値段等もツアー会社によって異なるみたいだけど、どこもやっぱりバックパッカーにとったらなかなかの貴族価格。

そして、いかに岩の近くまで迫って飛べるかというのもガイドさんのスキルによるんだとか。

DSCF8459.jpg

こんなに岩スレスレの近くまで飛んでる気球もありました。

スリル満点そう!これに乗りたい!

DSC05634.jpg

最終日まで乗ろうかどうしようか迷い続けたけど、我々は今回はパスしました。

4,5日間連続で毎朝丘で気球を眺めてて、それなりにその時は満足しちゃったので。

そして気軽に乗るには少々お高い・・・

でも、やっぱり乗った人は口を揃えて乗って良かった!って言うし、気球からの眺めはまた一層良いらしい。

今回は夏だったけど私たちは気球に乗るなら雪景色のカッパドキアを見てみたいっていうのもあって

次は冬に来て乗ろう、と決めたのでした。

DSCF8078.jpg

カッパドキア最後の日の朝、セマファミリーで記念撮影。

約1週間、気心の知れた旅仲間たちとのんびり過ごしたカッパドキアDAYSは楽しかった*

肝心のWカップもみんなで日本戦応援し、残念ながらの予選リーグ敗退を見届けて、またそれぞれの旅路へと。

DSCF8467.jpg

ワールドカップはまた4年後。

はて、どこで何してるんだかω


しばらく過ごしたカッパドキアを出発して、トルコを北上開始!

ここからしばらくはポッポちゃんと3人旅の始まり始まり。


■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
2301サイト中、現在35位前後。
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

関連記事

0Comments