ブッダ生誕の地@ルンビニ

大阪からナマステω

帰国してからこの前の旅を振り返ってブログをアップしてるのだけれども

たまにはリアル更新を。

写真はネパール産フェルトアニマルのゆかいな仲間たち

行くたびに増やして行く予定。ニヤリ。

右の2匹(牛さん&ワニさん)は今回の旅で仕入れたニューカマー。

すっかり溶け込んでおります。

新作出たころにまたネパールに買いに行かないとw

ferto-doll.jpg

ブログの現在地はネパール。

タイムリーにも夏にネパールを一緒に旅してた

『けーちゃんワラー』でお馴染みのゆうこちゃんがおととい大阪に来てくれた★

9月ごろにも東京で再会してるけど今回はゆうこちゃんが大阪にω

ゆうこちゃんとは同い年・AB型同士ってこともあって出会って5分で仲良くなった仲。

お互い現在就活中。

近況報告から深い話までベラベラ、

いやベラベラベラベラベラベラしゃべりまくってたらあっという間に時間が過ぎたw

ありがとーう!!

runbini-b.jpg

ということで

再び話はネパールへ。

runbini-a.jpg

ポカラからバスに揺られ

全然知らないおじちゃんが私のバドミントンをぐゎしと握りしめる様子を観察しながら

次に私たちがやってきたのは、ブッタが生まれた地といわれる

ルンビニ。

runbini-l.jpg

ルンビニは中央ネパール。

インドとの国境にも近い。

ルンビニに来て町の雰囲気や景色もどことなく変わった気がする。

runbini-i.jpg

ルンビニは素朴で

緑と川があって自然豊か。

素朴で素朴で

何もニャイw

runbini-c.jpg

runbini-d.jpg

でもお寺がいっぱいあって

いくつか見に行きました。

熱心にお祈りをして巡礼してる人がいっぱいいた。

runbini-h.jpg

ルンビニでは寺に設けられた寄付制で泊まれる宿泊施設があるらしく

せっかく来たのでお寺に泊めてもらうことに。

runbini-f.jpg

かわいいワンコに迎えられ

そのフワフワの毛並みに癒されるω

runbini-g.jpg

うちらが泊まった部屋は・・・

かったいベットが置いてるだけの

まるで収容所のようなお部屋でしたw

布団もめっちゃ砂?ホコリっぽかったし、

置かれてた掛け布団も残念なかほりでしたとさw

runbini-e.jpg

日が落ちると真っ暗で

寺の周りには全く何もないし

ごはん食べるところすらなく

寺の横にある小さな小さな売店らしきところでチョーメン食べただけ。

ちょーストイック旅w

あまりにやることがなく、部屋でパソコンで「深夜特急」鑑賞会を★

深夜特急ずっと見てみたかったんよね。

私は早くもマレーシアあたりで寝てしまったけれども。

runbini-j.jpg

でもそんなルンビニの夕日は大きくて赤くて

とってもステキでした☆

関連記事