オーストラリアな休日。

DSCF3678.jpg

(今更ながら・・・・。)
Merry Chiristmas

でした。


▼PLACE:【オーストラリア】カナーボン

ちょうどクリスマスの前日に
怒涛のマンゴーdaysが終了。


トマト工場の後半も全然休みがなく、そのままマンゴーの仕事に突入したから
気が付けば2ヵ月ぶりの休み。

クリスマス&年末年始と1週間ほど久々の休みをのんびり過ごします。

DSCF3636.jpg

クリスマスだからどこかへ出かけようとビーチを目指すことに。
カナーボンから車で30分ほどのBLOWHOLEへ。

オーストラリアの道路はカンガルーやエミューや牛と野生の動物盛りだくさんの
アニマル道路。
大自然のドライブ。

DSCF3642.jpg

BLOWHOLE。

波が岩にあたってバシャーンと打ち付けられるのが見どころの場所。
暑いから霧状の水がミストみたいで涼やか。

DSCF3645_20150326164327933.jpg

少し先へ行くとビーチ。

南半球は日本と季節が真逆なので、真夏のクリスマス。
クリスマスにビーチって違和感あるけど、これはこれでオーストラリアっぽくていい。

DSCF3654.jpg

都会の方のビーチではサンタが来たりクリスマスイベントがあったりもするらしいけど
ここは西オーストラリアの片隅の田舎町。
そんなこともなく、至って穏やかな時間が流れておりました。

DSCF3720.jpg

車で30分ほどでこんなキレイなビーチに来れる環境っていいな。
久々の休日をのんびり過ごしたクリスマスでした。


プシカもクリスマス仕様。

DSCF3723_20150326164544601.jpg

トム家は毎年、クリスマスには豚の丸焼きを食べるそうで
今年は我々もごちそうに。
そのお返しに手巻き寿司を作ってみました。


この頃のトムの家は帰省中の息子夫婦、孫が来ていて賑やかな日々。
トムの息子夫婦たちとクリスマスパーティに行ったりと、久々の休みを満喫。

DSCF3743.jpg

トムの孫たちが庭の木にデコレーション。



この頃のカナーボンは連日40度を越える暑さ。
そして仕事が休みだと、この田舎町ではすることがない(笑)

唯一とも言える楽しみは、週に1回ほどの町のスーパーマーケット・WOOLWORTHSへのお出かけ。
毎週水曜にセール品が変わるから1週間の内で水曜は一番の楽しみ。
もしくは、WIFIがつながる希少な場所OUTBACKでのコーヒータイム。

DSC07349.jpg

暑い日や仕事が忙しくない日は、この町にいるワーホリワーカーたちはみんなスーパーかOUTBACKしか
行く場所がないようで、必ず顔見知りに会うっていう。
小さな小さな町。


休みに入って数日。
本格的に暇を持て余し、手作りうどん作りにはまる(笑)
小麦粉・塩・水だけで讃岐うどんみたいなコシのある麺が作れて意外と簡単。

DSC07063.jpg

小麦粉の可能性を感じた我々は色んなうどんバリエーションを広げたり、お好み焼き焼いたりと
手に入る材料でできる久々の日本食を探求するのでありました。

DSCF3750.jpg

夕涼みタイム。
いつしか日課になった夕方のマンゴー畑をさんぽタイム。

デザート(マンゴー)を獲りに&カンガルーを見にいつものコースを。
毎度プシカがトコトコ後をついて来てくれます。

DSCF3792.jpg

トム家には息子夫婦が連れてきた犬がいて、すっかり犬に怯えたプシカは
1日のほとんどを私たちのキャラバン周辺で過ごすように。
トムにもプシカをよろしく、とキャットフードまで預かってまるで私たちの飼い猫のよう。
すっかり仲良し。

キャラバンの中にこっそりプシカが入ってくることもしばしば(いや毎日)あることは
トムには内緒です。

DSCF3734.jpg

収穫物。
相変わらずマンゴー食べ放題な日々。

朝、昼、晩、おやつにと毎日5個以上は食べてるというのに飽きないから不思議。
豊富なので色んなバリエーションでマンゴーを楽しみ中。

フローズンマンゴー◎
アイスクリーム◎
ヨーグルト○
ドライマンゴー△

トムが魂こめて世話して育てられたマンゴーは、甘くて濃厚でほんとうに美味しい。




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)




関連記事

0Comments