"Nature's Window"@カルバリー国立公園

DSCF4248.jpg

自然がつくり出す景観美 "Nature's Window"

@カルバリー国立公園



▼PLACE:【オーストラリア】カルバリー

カルバリーに来た一番の目的。
カルバリー国立公園。

未舗装なガタガタ道を進んでゆきます。

DSCF4216.jpg

アメリカのグランドサークルを周った時に、その圧倒的な自然美に魅了された我々。

その頃はまだ旅が始まったばかりで、その後もたくさんの国や場所を訪れたけど
アメリカの国立公園巡りは私たちの旅の中でずっと"良かった場所"上位をキープし続けてる。

それがあったから、オーストラリアでも国立公園巡りをしてみたいと企んでいた私たち。
でも国立公園たるもの、やはり入場料がそれなりにかかるわけで・・・。
いくつも気軽には行けないので、厳選。

そして選んだのがここ、カルバリー国立公園。

DSCF4218.jpg

早速、潜入開始。
暑い・・・。

DSC07385.jpg

インフォメーションセンターにも国立公園の案内にも、
夏は暑くて気温50度を越えることもあり危険なため十分な水分を持参するようにとの記載が。

内陸部の乾燥したこみ上げるような暑さとジリジリ焼き付ける日差し。
少々、心折れそうになりながらも歩き進めます。

DSC07391.jpg

この赤土の岩々しい感じ、アメリカ振りの懐かしい光景。
やっぱりこういう景色は迫力があってカッコイイ。

DSCF4240.jpg

DSC07393.jpg

もう少し歩き進めると、お目当ての"Nature's Window"が!
その名の通り岩をくりぬいたような"窓"が出現。

DSCF4246.jpg

その"窓"に腰かけて、しばしこの特等席から景観美を堪能。
いい眺め~!

DSC07405.jpg

今度は反対側に回り込んで見ると
こちらからの方が、"窓"から川と大地が映えて見えてステキ。

DSC07395.jpg

この"不揃いなギザギザ"のフレームが自然でできた窓の"Nature"な雰囲気を
漂わせてて味がある。

DSCF4250.jpg

赤土の大地と緑、そして川。
雄大な自然がそこには溢れてました。

DSCF4258.jpg

まだ先に進むトレイルもあったけど、Nature's Windowに大満足なうえ
暑すぎたためご遠慮しときました。

そそくさと日陰へと逃げ込むのでした。



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)



関連記事

0Comments