出戻りました。と、ネコ好きなあなたへ。

DSC07763.jpg

久しぶりω


▼PLACE:【オーストラリア】フリーマントル→カナーボン

フリーマントルから一気に北上。
約900㎞以上走り続け、たどり着いたのはココ。


カナーボン、アゲインw
出戻りました。

DSC07762.jpg

出て行った時にはもう戻ってくるつもりはなくて、泣く泣くお別れしたはずなのに…(笑)
まさかその数か月後に再びここに戻ってくることになるとは。

ただいま、プシカ♡(&トム)

DSC07637.jpg

カナーボンを出てからも "元気か?今どこにいるんだ?" とトム(住んでたファームの家主)は頻繁に電話をくれ続けておりました。

"もうすぐしたらメイとタクヤたちが植えたメロンの収穫が始まるよ" (帰ってきて欲しそう)
"他にも仕事は色々あるし" (手伝ってほしそう)
"プシカ(トム家の飼い猫)がさみしそうにキャラバンで待ってるよ" (…涙)

と、度重なるトムの怒涛の帰って来て欲しそうアピールの電話に少しづつ心が揺らぎ始める我々。

マーガレットリバーの近くの町のブロッコリーファームでの仕事も決まっていたし、
なんせまた900㎞以上の道のりを戻るのは遠すぎる…。

でも決め手は"プシカが待ってるよ"
猫に会いたくて900㎞以上もの道のりを再び戻るっていうねw

DSC07821.jpg

久々のプシカは以前の夏仕様の毛から冬毛仕様になられたからか
前以上にモフっとなってパワーアップされておられました。モッフモフω


久々に帰ってきた我々を夜遅いのに玄関先で待って出迎えてくれるという優秀な歓迎っぷり。
すぐさまキャラバンにもトコトコついてきて、おくつろぎになられ
あっという間に私たちの買って来たばっかりの赤い毛布も占領され…。

DSCF5143.jpg

元気でなによりですω

ということで、再びカナーボンでの田舎暮らしが始まりました。
残りのオーストラリア生活はここで過ごすことに決めました。

DSC07677.jpg

DSC07723.jpg

なーんにもない所だけど、住み慣れた快適なキャラバンと可愛いプシカがいる。
キャラバンの前は畑が広がってて、ここから見る夕暮れ時の空は相変わらずキレイで好き。

DSCF5113_201508171748448ab.jpg

DSCF5149.jpg

帰ってきてから初めてのお仕事はハニーデュー(メロン)の収穫。
以前いた時に我々が真夏の50度近い暑さの中でタネ植えしたメロンたちが育っておりました。

DSCF5097.jpg

しばらくはメロン食べ放題。
朝食にもおやつにもメロンな日々なのでした。

DSCF5128_2015081717485327a.jpg

ここでの唯一のエンターテイメントは"猫のプシカ"
なので、しばらくは猫ブログになりそうです。



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)






関連記事

0Comments