サイクロンのあと。

DSCF5171.jpg

ニョキニョキ。


▼PLACE:【オーストラリア】カナーボン

そんなこんなでカナーボンに出戻った我々。
田舎でのファーム生活が再び始まりました。

DSCF5178.jpg

帰ってきたばかりの頃のカナーボンは以前と少し違ってました。
その大きな原因は"サイクロン"

私たちがカナーボンを去った少しあと、大型のサイクロンが直撃。
農作物や畑や家など大きな被害をもたらしたよう…。

その頃マーガレットリバーにいた私たちだけど、
サイクロンのニュースは連日オーストラリアのテレビで取り上げられていて心配してました。

久々に戻って来たカナーボンは色んなところでサイクロンの爪痕が。

看板が吹き飛んでいたり、畑の柵や網がなぎ倒されたままになってたり…。
サイクロンの影響でやってきたと言われるハエが大量発生。
"ハエよけのアミ"を頭からかぶってないと外に出れないという状況。

DSCF5172.jpg

帰ってきてしばらくは、住んでるトム家のファームでお仕事を。

メロンの収穫したり、畑に除草剤まいたり、土をならしたり、庭のお手入れしたり。
ビーンズ(豆)とキュウリのプランティング(種植え)なんかも。

DSCF5176_201508171826567b3.jpg

ほどなく植えたビーンズとキュウリの芽がニョキニョキと。
自分たちが植えた作物が芽が出て成長していくのはなんかうれしいもの。

DSCF5174.jpg

今回はタネを植えただけじゃなくて、
元々埋まってたライムの木を撤去、その跡地の畑を掃除して、土をならして、シートはって、
というところから始まってるからなおさら。


トムのファームでは仕事はあるものの、そんなに忙しい時期ではないので
あっても週に3~4日ほどという感じ。

なので、周辺の他のファームを車で周って仕事さがしを。
でも、サイクロンの影響もあってこの頃のカナーボンはそんなに仕事がなく…。

それでも、トムのファームで仕事がない日は他のファームにトマトのプルーミングをしに行ったり、
隣人のファームのズッキーニのピッキング&パッキングをしたり、と何とか少しでもプラスになるように苦戦しておりました。
そんな感じでカナーボンに帰ってきてから1ヶ月ほどは、なかなか安定せず。

DSCF5194_20150817183550702.jpg

そんな頃、救世主のトマトが!
以前いた頃にも2人一緒に働きに行っていたトマト工場がシーズンを迎え、オープンすると。

トマト工場への潜入に成功。
またトマトのパッキングの日々が始まりました。

DSCF5139.jpg

と、同時にトマトの食べ放題もスタートw
持って帰りたい放題なのでトマトには困りません。

トム家の隣人のファームからもらったバジルをのせてカプレーゼ風を楽しんだり、
お昼の定番サンドイッチにもたっぷりはさみまくります。

DSC07711.jpg

トマトのパッキングから帰ってきた後は、たいがいおヒマを持て余すので
プシカと敷地内をおさんぽω

DSCF5244.jpg

DSCF5259.jpg





■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)



関連記事

0Comments