トマト。

DSCF5374.jpg

トマト栽培中。


▼PLACE:【オーストラリア】カナーボン

私たちが働くトマトのパッキング工場は、この小さな田舎町・カナーボンでは
それなりに大きくて立派な工場。

約30人弱が働いていて、地元の人たちも多少いるけど
ほとんどが私たちと同じような各国から来たワーキングホリデー中のワーカーたち。

日本、台湾、韓国、イタリア、ドイツ、フランス人…などなど色んな国籍の人たちと一緒に働くのは
それぞれの文化や国民性が違っているからか人間模様もなかなかおもしろいもので。

DSCF5236.jpg

毎日カナーボン中のトマト農家から出荷されてくるトマトをひたすらパッキングする日々。
トマトのパッキングの仕事が早く終わる日には、他のファームでチェリートマト(ミニトマト)のピッキングもしてダブルワーク。

なので、トマトはイヤになるほどに見飽きてるはずなんだけど…ここ数ヶ月、トマトを育てております。

DSCF5367.jpg

滞在中のトム家のファームの一角で1本だけ私たちのトマトを栽培中。
小さな小さな"TAKU+MAI FARM"

きっかけは、"傷んだトマトを適当にその辺に投げ捨ててたら勝手に育ってきた"というただそれだけw
そんな生命力のあるトマトなのです。

DSCF5310.jpg

トマトが生えてきてるのを見つけてからは、毎日水をあげて
のびてきた部分をプルーミングして、スティックをさして、テープでとめて、とお世話を。

DSCF5254.jpg

次第にポコポコとトマトの実が!
毎日成長を見守るのがささやかな楽しみに。

次々新しい実が増加中。

DSCF5297.jpg

赤くなったトマトを初収穫したときは、2人で大事に大事に食べました(笑)

現在もニョキニョキ順調に成長を続ける私たちのトマト。
すでに20個ほど収穫しました。

DSCF5360.jpg

たったひとつの投げ捨てたトマトがこんな形になるとは…自分たちが一番びっくりしてるというw


もともとトマトは好きだったけど、オーストラリアに来てこんなにもトマトな毎日を送るとは思っておりませんでした。
ここ一年は人生で一番トマトを食べ、トマトに触れ合ったに違いない。

そんな"トマトな毎日"もあと1週間ほどになりました!
そろそろ旅、再開します**



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】(作成中)




関連記事

1Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2016/06/04 (Sat) 23:45
  • REPLY