ウブドの人気さんぽ道を歩く。

DSCF5766.jpg


チャンプアンの散歩道をゆく。


▼PLACE:【インドネシア】バリ島(ウブド)

ウブドのお散歩コースで有名な"チャンプアンの散歩道"にハイキングへ。

お散歩コースの始まりは、バリ風な寺院へ続く階段を降りて行き、
その寺院の裏手にある小道をテクテク歩いていくところからスタート。

DSCF5784.jpg

しばらく行くと山と丘、ジャングルと緑のオンパレード。
"空気が気持ちいい!"と爽やかに言いたいところだが、尋常じゃない暑さに早々にヘコたれる我々。

来る時間帯間のチョイス…。昼前の一番暑い時間やん。
朝か夕方の涼しい時間帯にこればよかったのに、と自分たちのプランニングの甘さを痛感。

しばらく歩き続け汗ばんだ体に不快感しか感じなくなっていた頃、
景色が開けて目の前には、尾根に囲まれた小高い丘にのびてく細い道が。

DSCF5747.jpg

このシチュエーションで口ずさむのはもちろんJUDY AND MARYの"散歩道"しかありません。
あの軽快で独特なメロディと可愛いYUKIちゃんの声が頭の中で何回もリピート。

"誰よりも 大切な人 手をつなごう 誇らしく前を見て
つくられた地図はいらない 私たちの 道は続く~~~~♪"


ってね。昔大好きな曲でした♥

DSCF5748.jpg

丘へと続く道を越え、田園地帯をゆき、スバリ村の方まで散歩道は続きます。
道中、気になったモノたち。

【木になる気になるパパイヤ】
DSCF5752.jpg

デカイ。シェイクにしてごくごく飲みほしたい!


【バリっぽい木彫り&石の像】
DSCF5779.jpg

玄関先におひとつどうぞ。


バリでよく見かける光景。頭の上に物を乗せて運ぶ姿。
この光景好きで見かけるとつい写真撮りたくなってしまうのです。

DSCF5755.jpg

"頭上運搬"って言葉が事典にも載っていて、東南アジアとかアフリカでよくみられる昔ながらの風習だそう。

普通に手で運ぶより楽なの?首痛くない?って思ってしまうけど、
バランス感覚崩さず凛と重いものを運搬する姿はどこか芸術的で見惚れてしまう。

DSCF5771.jpg

散歩道の終盤にある、この先っちょピョーンってなったステキな藁ぶき屋根のカフェ"karsa kafe"
可愛い建物。未来のお庭にひとつ欲しい。

DSCF5761.jpg

このkarsa cafeには併設されたスパ"karsa spa"があって、そのスパが超人気。

"雰囲気・技術・お手頃価格"どれをとっても素晴らしいと口コミが高く、
トリップアドバイザーでもウブドのスパ部門で160軒近くあるうちの2位っていう人気ぶり。

バリマッサージも1時間で1,000円ちょっとっていうステキ価格。
い、い、行きたい!予約予約・・・と前日に連絡。

も、終日フルですって・・・。
なんなら、次予約できるの5日後ですってよー(涙)
よく考えたらそんな人気店前日に空いてるわけあれへん。

またしても己のプランニングの甘さを痛感。

DSCF5764.jpg

せっかくきたし、karsa kafe&spaのまだ先にあるスバリ村の方まで歩くことに。
バリの昔ながらの伝統家屋っぽい家があって、藁ぶき屋根ハンターがとどまらず。

DSCF5781.jpg

帰りの散歩道。
来たときとは逆バージョンの丘へのびる小道もなかなか良かったです。

帰り道の鼻歌ももちろんジュディマリの"散歩道"♪



■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**

*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】




関連記事

0Comments