DSCF1685.jpg

2017-07

不思議な木"バオバブ"に会いに。 - 2015.10.19 Mon

DSC08346.jpg

ついに"バオバブ"とご対面**


▼PLACE:【Madagascar】Antsirabe→Morondava


Antsirabe(アンツィラベ)の次に向かうのはMorondava(モロンダバ)。
あの有名な"バオバブ並木道"のある町。

DSCF6183.jpg

アンツィラベのタクシーブルース乗り場。

前日に調査したところ、16:00発って聞いてたから15:30に行ったけど、
何事もなかったかのように普通に18:30に出発。
マダガスカルじゃコレ普通。

【荷物積み係のおじちゃん】
DSC08327.jpg

屋根に荷物積めるだけ積む。
荷物だけじゃないですよ!家具やらニワトリやら木材やら…なんでもアリ。

この荷物積むという作業に1~2時間待つのが日常。
そんな国・マダガスカル。ステキなお国柄です。

DSCF6187.jpg

<移動>
アンツィラベ→(タクシーブルース/35,000アリアリ/所要12時間半)→モロンダバ


最前列の比較的前が広めの席を確保してたとは言え、
タクシーブルースはイスなんて倒れるわけもなく、シートはボロくて硬いわでお尻が痛い。

"果たして一晩これで大丈夫なんだろうか"といささか不安になる我々。
でも心配ご無用。
どこでも寝れるという荒業で乗り切ることに成功。

朝起きたらもうモロンダバ。

DSCF6191.jpg

目星を付けてた宿のある海の方のエリア"Nosy Kely(ヌシ・ケリー)"へ。
ちょっと遠いし荷物も重いからプスプスに乗って移動。

モロンダバのお宿は"TRECICONG" 
1泊1部屋ダブル利用 29,000アリアリ(1,160円)
色んな部屋タイプがあって設備によって料金が違うモヨウ。

DSCF6188.jpg

バンガロー風な木の造りとすぐ横はマングローブが茂ってて雰囲気良さげ。
なのでここに決定。

壁にかかってた絵がバオバブでテンション上がる。

DSCF6195.jpg

部屋番号が好きな数字でちょっと嬉しくなりニヤける。


移動で疲れてたうえに腹ペコだったからホテルのレストランで遅めの朝ごはんでひと息。
マングローブビュー。

DSCF6203.jpg

たまに船が通ったりもする。
この辺りは漁業で暮らすヴェズ(Vezo)族も多い。

DSC08332.jpg


この町に来たメインイベント"バオバブ並木道"
早速ミッション遂行。

バオバブ街道へはツアーで行くのが一般的。
サンライズやサンセット、その周辺にある他のバオバブや近郊のキリンディー森林保護区と組み合わせたものなど。

我々が興味があったのは"バオバブ並木道のサンセット"それだけ。
バオバブ並木道で夕陽が見れたらいいとだけ思ってたから、
ガイドも要らないしツアーも高いし自分たちで行けないかな、と。

手始めにその辺にいたトゥクトゥクのお兄ちゃんに"バオバブ並木道行ける?"って聞いてみた。
数秒の沈黙の末、彼は答えた。"ウィ(うん)"と。

メモとペンで必死に交渉。(フランス語)
"行く。バオバブ見る。夕陽。3~4時間待つ。帰る。OK??"

DSCF6207_20151021040426c65.jpg

交渉成立。

トゥクトゥクに乗り込みバオバブ街道へ走り出す我々。
TURKEYと書かれた帽子をかぶる彼を"ターキー"と呼ぶことにした。(安易)

ターキーくんの言い値は50,000アリアリ(1,800円)だった。
見てたツアー代金の相場より大分安めだったし、1人1,000円もしないで行けるならまぁいいかと思って特に値切らなかった。
(値切ればもう少々安くなるかも)

実際、モロンダバの町からバオバブ並木道まで片道1時間弱かかるうえ途中から未舗装のガタガタ道。
途中の道でも気になる場所で停めてくれて写真も撮れたし、なかなか気遣いのできるナイスガイだったし
彼にお願いして我々は大満足でした。

DSCF6208.jpg

牛の横を通り過ぎ、いくつかの小さな村の集落を通り
ガッタンガッタンと揺れるトゥクトゥクにしがみつき、お目当てのバオバブ並木道を目指す。

次第に景色がそれっぽくなってきて…ついに。
憧れの光景が目の前に現れた!!!

DSCF6246.jpg

"Avenue du Baobab"(バオバブの並木道)

DSCF6215.jpg

DSC08356.jpg


ついに来た !! バオバブ**
つづく。




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】



関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neko7112.blog135.fc2.com/tb.php/379-a67a5cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

"Avenue du Baobab"バオバブと夕陽。 «  | BLOG TOP |  » プスプス。

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (328)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム