"バンスカ・シュティアヴニツァ" しっとり東欧の田舎町巡り。

DSCF0623_20160125055201398.jpg

バンスカ・シュティアヴニツァ*


▼PLACE:【SLOVAKIA】Biely Potok→Banska Stiavnica

ヴルコリニェツの次に向かうのは"バンスカ・シュティアヴニツァ"という街。
これまた言いにくい。スロバキアの地名、全く聞き慣れませぬ。

またここからの移動がややこしい。
バスを3本乗り継いで行きませう。


*Biely Potok→(BUS/所要15分/0.8€)→Liptovska Osada

*Liptovska Osada→(BUS/所要1時間/2€)→Banska Bystrica

*Bansuka Bystrica→(BUS/所要2時間/3€)→Banska Stiavnica


東ヨーロッパは地方都市に行けば行くほど交通が不便。
しかもオフシーズンで本数少なくて苦戦。言葉も英語は通じないこと多々(;゚Д゚)

マイナーどころは多いけど、ポテンシャルを秘めた東欧の田舎町の美しさに気づいてしまった。
昔はイタリアとかフランスとか王道で華やかなヨーロッパが楽しいと思ってたのに。

大人になったからか、最近は"しっとり東欧の田舎町巡り"がしっくりくる。
不思議ω


そんな交通がちょっと面倒な東欧の地方都市めぐりに我々が活用してるサイト↓↓
Rome2rio

前にアルバニア行った時に発見して以来、たまーに使ってる。
ルートに困った時・調べても交通情報が出てこない時、とりあえず検索♪
バス会社がひっかかってきたり何らかの手がかりになる。かも。


DSCF0628.jpg

Liptovska Osadaとバンスカ・ビストリカで乗り換えて、バンスカ・シュティアヴニツァ到着。
バス降りたら道凍ってて、宿まですり足でそれでもツルツルなりながら牛歩の歩みでたどり着くw

バンスカ・シュティアヴニツァはスロバキアの最古の鉱山都市で世界遺産の街。
鉱山堀り堀り風のおじちゃんオブジェいた。

DSCF0600.jpg

バスを乗り継いできたのに、びっくりするくらいの天候の悪さったらない( ;∀;)
雲ドヨーン。霧ドーン。

DSC00295.jpg

街並みはヨーロッパって感じの綺麗で整った雰囲気。
ところどころパステルカラーの可愛い色した建物。

DSCF0624_201601250601090bb.jpg

DSCF0619_20160125060107f28.jpg

ただ少しヨーロッパの同じような街並みに飽きてきてた頃だっただけに
"うわーきれい"とまではならず。コレと言った特徴が見つけられない…。

鉱山の街やから鉱山に入りに行けばよかったのかな、と今更。

DSCF0610.jpg

丘にのぼってみる。
路面ツルツル。景色ぼやーん( ゚Д゚)

丘の上の開けた場所から街が見渡せる。ハズだった。
この日はあいにくの霧ブロックにやられる。

DSCF0614_2016012506010645f.jpg

せっかく滑りながらのぼったけど写真撮るものがなく、凍った花を撮るという始末。

DSCF0611.jpg

のぼったはいいけど、下りはもっと恐怖。
道が凍っててツルツルで滑る滑る。

牛歩の歩み中。

DSC00302.jpg

"恐る恐る歩くより、滑ってった方がいいよ。スケート気分で"
雪国・新潟育ちの拓ちゃんからのアドバイス。

・・・コケる。(涙)


世界遺産なのに観光客が1人もいないというね。
イマイチ見どころがわからなく、でも一応観光ポイントっぽい丘の上の教会へ。

DSCF0625_20160125060302a6e.jpg

滑りすぎてのぼれずMAI挫折。



こうなったらもうカフェしかない。
カフェごもり(゚∀゚)

DSCF0604.jpg

泊まってた宿のおじさまのオススメかつ割引券もらったお店へ。
"GAVALIER"

DSCF0633.jpg

洞窟っぽい内装がステキでした。
コーヒーで温まり、ついでにベリーのチーズケーキも食す。

まったりしながら作戦会議。

DSCF0641.jpg

次行く街までの移動手段と時間、宿の予約。
そろそろ年末をどこで過ごすか決めて宿も探し始めとかねば。

ヨーロッパ旅は交通も宿も何通りもあって、ネット予約した方が安い場合も多い。
なかった時の金銭的な損害が大きい分、"行って探せばいっか"が通用しないし。

便利なんだけど選択肢が多い分、調べることも多くて意外と時間かかりますな(;´∀`)
スロバキアは特に地方都市のバスのルートと時間調べるのに苦戦した~

DSCF0630_20160125060823042.jpg

夜の広場。

あいにくの霧だけど、ぼんやりしててツリーのライトがホワンと幻想的に見えた。
この街で初めて霧もいいかもと思った瞬間。



この街に2泊して我々は悟った。

バンスカ・シュティアヴニツァは夏に行くべき、ということを。
夏というか、冬以外の季節に行きましょう。

別の季節の天気が良い日のこの街の写真をみた限り、同じ街とは思えぬ綺麗さやったよ。
景色霧でぼやけてないし、路面凍ってて歩けないということもないはず。

季節を間違えたため街は不発感否めなかったけど、
泊まってた宿は居心地抜群やった*

DSCF0588.jpg

<バンスカ・シュティアヴニツァ宿情報>
・Penzion Kachelman/1泊1室25euro

メゾネットタイプの2階建て。1階はシャワー室&トイレ、バルコニー。2階が寝室。
広々してて家具も充実。特に2階の部屋が屋根裏部屋風でオシャレ物件でした。




■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】






関連記事

0Comments