DSCF1685.jpg

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラン旅始めました。 - 2016.02.18 Thu

DSCF1832_2016021815333831c.jpg

48ヶ国目はイラン*


▼PLACE:【IRAN】Tehran→Esfahan

サラーム(゚∀゚)
48ヶ国目のイラン旅が始まります。

イランと言えば・・・

石油の国だったり
イスラム教の中でもシーア派の国だったり
アメリカと仲が悪かったり
サウジアラビアと突然国交断絶したり

映画『アルゴ』(ARGO)を何度も何度も見ては、前々から気にはなっていた国。
一体どんな国なのかなぁと不安と期待が入り混じった気分で向かったのでした。



◆イラン入り

ブカレストからイスタンブール乗継でテヘランに到着。

テヘランの空港にてアライバルビザ取得。
50€(ビザ代)+15€(保険)=1人65€お支払い。高し(゚Д゚;)


海外旅行保険の証券(原本)を提示すれば、この保険は入らなくても大丈夫。

我々は日本から加入してきた海外旅行保険を何度か延長してるため、契約期間と証券番号が変わった分はPDFデータしか持ってなくてパソコン画面見せたけど原本じゃないとダメって入らされた・・・。

アライバルだと2週間のビザになるって話を聞いてたけど、30日有効のビザが発給されました。
2週間以上はいる予定で延長手続きをしないと、と思ってたからやったー♡



◆都会なテヘラン

イランの首都・テヘランはそこそこな都会。
だけど、これと言った見どころもなく。

強いて言えばバザールくらい。

DSCF1699.jpg

人も車も多くてガヤガヤしてて落ち着かきませぬ。
癒しスポットもあまりなく・・・。

DSCF1696_201602181538149c5.jpg

イランは警察国家。

道端にも駅にも至るところに警察が立っててなんかおっかない。
テヘランでは公共施設の撮影には厳しくて、警察も監視カメラもあっちこっちにいるわあるわでカメラは控えめに。


そして車の運転がはちゃめちゃ!!
道路渡るときはそれなりの勇気とタイミングを見計る時間を必要とします。



◆周辺国ビザ取得への道のり

そんなテヘランは一刻も早く出て他の町へ向かいたいところ。
テヘランで唯一やることと言えば"周辺国のビザ取り"

ミッションはウズベキスタンビザとトルクメニスタンビザの取得。

①ウズベキスタンビザ取得のために日本領事館にレターをもらいにいく。
②ウズベキスタン大使館にウズベキスタンビザの申請をしにいく。
③ウズベキスタン大使館に出来上がったウズベキスタンビザを受領しにいく。
④トルクメニスタン大使館にトルクメニスタンビザの申請をしにいく。
⑤トルクメニスタン大使館に出来上がったトルクメニスタンビザを受領しにいく。

まずは、①②から!
到着したその日から早速、大使館周り始動。

ビザ取得への長い道のりが始まりました。

DSCF1695.jpg

地下鉄に乗って大使館まわり。

イランの地下鉄はラッシュが激しい!
東京での通勤の満員電車を久しぶりに思い出しました。ギューギュー(´Д`)



◆文字が読めない

イランはペルシャ語の国。
アラビア語と一緒だと思ってたけど、ペルシャ語はまた違うらしい。

読めやしない・・・。
何味があって一体いくらなの?w

DSCF1704_20160218153819bf1.jpg

やっかいなのが数字でさえもペルシャ語表記というね。
苦戦しながら買ったフルーツジュース。

通貨もリアルとトマンと2種類あって、しかも0が多くて桁数が大きくて混乱。
どこまでもややこしや、イラン。


◆イランごはん

・・・残念ながらお口に合いませんw

イランでは本当においしい!ってものになかなか出会えず苦戦。
それゆえサンドイッチにばかり食べることになります。


テヘランで食べたごはんたち*

①ケバブ

素材そのまんまの味を追及した一品。
焼いただけ。味付けなし、という究極のシンプル料理。

DSCF1691.jpg


②チキン

焼いただけ。ついてきた豆のスープも味薄め。

DSCF1680.jpg


③ガーセミ

焼き茄子のトマト煮・ポテトのせ。我々がイランで抵抗なく食べれる唯一の料理。
イラン料理の中ではこれが一番食べやすい一品。

DSCF2665_2016021815391767d.jpg



◆エスファハーンへ

テヘランでのミッション

①ウズベキスタンビザ取得のために日本領事館にレターをもらいにいく。
②ウズベキスタン大使館にウズベキスタンビザの申請をしにいく。

まずは①②が、完了。

ウズベキスタンビザの取得日数は8営業日(金土は大使館休みのため実質10日間)
10日後のウズベクビザの出来上がりまで他の街をまわってくることに。

DSC00689.jpg

マシュハドホテルの看板ネコ・バブリーに"また10日後に戻ってくるね"と言い、テヘランを出発。
エスファハンに行くことにしました。

エスファハンへはテヘラン南ターミナルからバスで。

ひろーいターミナル内にはたっくさんのバス会社が。
すぐ出るのがあるってことで入ってすぐ右にある1番の会社でチケットを購入。

DSCF1710.jpg

イランのバス初乗車。
数百円程度しか値段は変わらないから、ノーマルじゃなくてVIPバスにて。

"VIP" なんとも良い響き♥

*テヘラン→<バス・VIPクラス/所要6時間/270,000リアル(870円)>→エスファハーン

DSCF1712.jpg

イランのバスのクオリティ高し !!
それでいて長距離走るわりには値段も安め。

VIPバスは横3列シートで広々。リクライニング&フットレスト完備。
お菓子と軽食&飲み物が入ったランチボックス付き。

助手席のお兄さんが"チャイ飲むか"って入れてくれたり至れり尽くせりの快適バスで楽々移動。
6時間ぐーっすり寝倒したのでした。





■■ブログランキング参加中■■

押してもらえると順位がUPして励みになります*
↓↓1日1クリック♪ポニョ!っと応援宜しくお願いしますω
ブログランキング・にほんブログ村へ

**リアルタイムなつぶやきはWORLD*HONEYMOOOOONでも更新中**


*各国の宿情報ページはコチラ→★【CASA de SEMA SAMPO】






関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neko7112.blog135.fc2.com/tb.php/441-b2c31309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

"世界の半分"って?イマーム広場でエスファハーンを知る。 «  | BLOG TOP |  » 東欧編終了→イラン入り。

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (328)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。