DSCF1685.jpg

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶景のピンクモスクで万華鏡さんぽ。 - 2016.08.06 Sat

DSCF2416.jpg

キラキラ*


▼PLACE:【IRAN】Shiraz

イランに行きたい理由のひとつだったのがピンクモスク

なんかの画像で見たそのモスクは色とりどりのステンドグラスに光が差し込んで
幻想的な光に包まれたなんとも美しいモスクで、"コレ見たい!"ってずっと思っていたやつ。

そこには神々しいほどに美しい光景がありました・・・!


◆バラの都にあるローズモスク

DSCF2441.jpg

「マスジェデ・ナスィーロル・モスク」はシラーズの中心から歩いて20分ほどのところ。

シラーズはバラの都とも言われ、バラはこの街のシンボル。
モスクの建物のタイルは薔薇づくし!たくさんの薔薇の花が描かれています。

このモスクが通称ローズモスクやピンクモスクとも言われているのはそのため。


◆光が差し込むのは朝

"朝日が差し込む朝早い時間帯がヨイ"という調査結果だったので
早起きしてモスクへ。

到着するなり早速お目当てのモスクへ入ってみると、それっぽい光が!

が、・・・・早すぎた。
張り切りすぎたため、時間が早かったようでまだ光の角度が高いw

DSCF2297.jpg

ペルシャ絨毯に光が差し込む角度になるまでモスクでのんびり光待ち。

すでにこれはこれでキレイ!
期待が高まりますな。

DSCF2318.jpg

モスクの中の壁のタイルもバラ模様。
やんわりと光に包まれて幻想的なコーラン。

DSCF2316.jpg

早起きしてきたため、一番乗り。
他に誰もいない朝の静かなモスクを2人占めとは贅沢な気分。

絨毯に座って待機。
光が絨毯に差し込む角度になるまでにしばし、いやかなり待つw

DSCF2324.jpg

徐々に絨毯に光が差し込んできた・・・!



◆光輝くステンドグラス

どんどん光の角度が下がってきて
いよいよピンクモスクがその実力を発揮し始めます。

輝きが増してゆくステンドグラスとペルシャ絨毯*

DSCF2338.jpg

柱も色とりどりの光に包まれて
浮かび上がるくっきり模様がステキ。

DSCF2346.jpg

一番良い時間帯になってくるとギャラリーも増えてきて
人が入り込まないように写真撮るのが難しや。

それだけ人気があるってことやね。
こんだけ綺麗な場所やもん。納得。

DSCF2388-2.jpg


世界中からやって来る者たちを惹きつけるその美しさ。
ただただまばゆい!

DSCF2390.jpg

ずーっと眺めていれそう。
無心でボーっとタイム。

DSC00946.jpg

こんなに光が差し込むのは冬だけなんだとか。
この光景が見れただけでもイランに真冬に来た意味はあったと思ふわけです。

美しや。

DSCF2328_201608031129329bf.jpg



◆別角度からもこれまたステキ

ずいぶんモスクの入り口側からの眺めに見とれていたけど
ふと向きを変えて今度は奥から入り口側を見てみると、こっちからの光景もヨイことにきづく。

DSCF2402_2016080311343648e.jpg

なぜか奥の2枚と入り口の1枚だけは外側のカーテンが全部オープンされていて
絨毯の一番手前まで光が差し込んでて一番キレイに映ってました。

DSC00951.jpg

真ん中あたりのガラスはモスクの外側にかかってるカーテンに覆われて
絨毯の2列目までしか光が当たってなかったのが、ちょっと残念。

DSCF2418.jpg

それでも、どこを切り取ってもやっぱり絵になる場所です。

DSCF2419.jpg

が、実際なかなかうまく写真に納まりきらないw
普段はめったに使わない横長のワイドサイズで撮ってみたり…試行錯誤。

DSCF2413-2.jpg




◆万華鏡さんぽ

離れて光を見る方が全景が見えていいのだけど
なんしか光ってる部分に入りたくなる。

DSC00918-2.jpg

万華鏡の中にいるみたい。
七色の光を浴びてモスクをさんぽ。

DSC00933-2.jpg

観光スポットになってて人気がある場所だけど、やっぱりモスクはモスク。
お祈りに来てる方々も。

DSCF2442.jpg

イスラム教の服装を身にまとった人たち。
モスクの雰囲気とすごくよく合っていて、より一層神秘的な場所に感じてくる。

DSCF2443.jpg

花畑みたいなモスクの入り口のステンドグラス。

DSCF2420.jpg

光の差し加減でちょっとずつ変わるからいつまでも離れられず
結局4時間近く飽きもせずモスクに居座った我々。

DSC00955.jpg

そこは神々しく美しい光の世界でした*








関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://neko7112.blog135.fc2.com/tb.php/455-4891b95a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カシャーンで寄り道。癒しの中庭ホテルに泊まる! «  | BLOG TOP |  » 古代遺跡とおじさんぽ。@シラーズ

Profile

TAKUYA+MAI

Author:TAKUYA+MAI
■■【TAKUYA】■■
海とBBQが大好き
趣味はご当地ビールキャップ収集
夢は離島でのんびり島暮らし

■■【MAI】■■
旅とネコが大好き
主なヨリミチ先はカフェとパン屋さん

CASA de SEMA SAMPO

旅のキロク帳。安宿情報まとめ*

Recent Entry

Now

世界を旅する2人のつぶやきはコチラ*↓↓Plese click↓↓

Category

◆掲載・出演など (3)
*ライター記事 (2)
*ラジオ出演 (1)
■【世界一周編】 (328)
*準備(出発前) (17)
*はじめに (1)
*出発 (1)
*ハワイ (4)
*アメリカ (12)
*メキシコ (16)
*グアテマラ (11)
*キューバ (7)
*ペルー (3)
*ボリビア (8)
*チリ (3)
*アルゼンチン (10)
*ブラジル (3)
*イギリス (2)
*リトアニア (3)
*ラトビア (1)
*エストニア (1)
*フィンランド (1)
*ノルウェー (1)
*モロッコ (9)
*スペイン (6)
*ポルトガル (4)
*クロアチア (3)
*モンテネグロ (1)
*アルバニア (2)
*コソボ (1)
*マケドニア (1)
*ブルガリア (6)
*トルコ (9)
*グルジア (7)
*アルメニア (2)
*UAE (1)
*インド (15)
*タイ (6)
*マレーシア (8)
*シンガポール (2)
*オーストラリア (44)
*インドネシア (10)
*マダガスカル (21)
*南アフリカ (4)
*ナミビア (8)
*ボツワナ (2)
*ジンバブエ (3)
*ドイツ (3)
*オーストリア (1)
*チェコ (6)
*ポーランド (2)
*スロバキア (3)
*ハンガリー (2)
*ルーマニア (7)
*ウクライナ (1)
*イラン (13)
*トルクメニスタン (2)
*ウズベキスタン (6)
*カザフスタン (1)
*帰国 (1)
◆帰国後の日々 (5)
■【日常編(世界一周前)】 (91)
*Re:スタート (2)
*ゆらりな日常 (32)
*HoliDay (25)
*1month1trip (28)
*wedding(セマ婚) (4)
■【MAI旅(延長戦)-2010-】 (23)
・中国 (2)
・チベット (7)
・ネパール (7)
・インド (7)
未分類 (0)

Archive

Bookmark

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。