聖地マシュハド!イラン旅最後の街へ。

DSC01179.jpg

圧巻のお祈り! @マシュハド


▼PLACE:【IRAN】Rasht→Tehran→Mashhad

カスピ海近くの町・ラシュトから再びテヘランへ戻り、ついにトルクメニスタンビザの受け取り成功!
トルクメニスタンへ向かうべく、国境近くの街"マシュハド"へと移動したのでありました。


◆聖地!マシュハド

DSC01168.jpg

マシュハドはイスラム教シーア派の聖地。
イスラム教の宗教色がこゆーい街。


◆ハラムへ潜入

そんなマシュハドの最大の見どころは「ハラム」。
街の中心にある大型の宗教施設みたいなところ。

DSC01189.jpg

広場にものすごい数のイスラム教徒の人々が集まって一斉にお祈りする風景、を写真で見たことがあって
その光景が見たかったんだけれども・・・

あいにくの吹雪。
外の広場でのお祈りはこの日はやっておりませんでした。

DSC01194.jpg

さすが聖地だけあって、色々と厳しい(-ω-)
中に入るだけでも、所持品から服装・髪型いちいちチェックが念入りで厳しめ。

DSC01187.jpg

泊まってた宿のお母ちゃんに借りてきたヒジャブ(イスラム圏の女性の服装)で黒づくめになり
この時ばかりはスカーフに前髪もインした。髪の毛も見えたらダメらしい。

イスラム仕様になっていざハラムの内部へ。


◆圧巻のお祈り

入口から男女別々に分かれててスゴイ人の数に押されまくり、早々にはぐれた私たち。
帰りに出口で出会えることを信じてお互いハラムを見学。

DSC01173.jpg

ハラムの内部ではひたすら繰り返されるお祈り。
神聖な空間に鳴り響くアザーン。

DSC01176.jpg

観光客らしき人を全く見かけず、みんな周りは本気のお祈りモード。
一人だけお祈りしないのも変に目立つ・・・郷に入っては郷に従え。

イスラム教徒ではないのに見よう見まねでアッラーにお祈りしたよw
延々と繰り返されるエンドレスなお祈りに途中何度も退出したくなったけど、とてもそんな雰囲気じゃない(ΦωΦ)

聖地でイスラム教を肌で体感するという貴重な体験でした。


◆イラン最後の街

マシュハドは我々のイラン旅の最後の街。
この後行くトルクメニスタン・ウズベキスタンビザの取得のために、結局イランには25日間の滞在となりました。長かった…

イラン最後の夜、宿のおじちゃんたちと宿泊客の人たちとみんなでチャイタイム。

DSC01206.jpg

イランでよく見かけたヒゲのおじさんティーポット。

最後まで買おうか迷ったけど、最後まで拓ちゃんの許可下りず。
絶対にいらん・・・と( ゚Д゚)

またの機会に(!?)
いや、イランに再び来ることはもうないかな。
気軽に行ける国ではないし。アメリカに行きにくくなったし。

今まで行ったどの国よりも宗教を身近に感じるインパクトの強い国でした。
旅をするにはなかなか気力と時間が必要。美しい建造物と人の優しさは忘れませぬ。

イスファハンのバザールで買ったペルシャ絨毯風のラグとモザイク柄のタイルが
今でも我が家を彩ってくれていてイランを思い出させてくれます*
雑貨だけまた買いに行きたいー


◆未知の国・トルクメニスタンへ

ついにトルクメニスタンへ!
まずは国境を目指して移動開始。


泊まってた宿・Vali's Homestayのバリさんが国境までの行き方を色々と教えてくれます。

AM6:00 朝、バリさんと一緒にマシュハドの宿を出発、市バスを2本乗り換えてMelajターミナルへ。
バリさんは2本目の市バスに乗るところまで一緒に来て見送ってくれました。

DSCF2912.jpg

AM7:00 Melajターミナルからバスでグーチャン(Ghochoun)へ。<40,000R>
途中、雪道で何回もバスがストップして時間かかる。

DSC01222.jpg

AM9:30 グーチャン(Ghochoun)でバスを降り、国境方面(バジェギラーン)へ向かうTAXI探し&交渉→出発。

DSCF2923.jpg

雪景色がキレー!
窓からの景色を楽しみながらのドライブ。

DSCF2934_20170331193327b9e.jpg

AM12:00 国境の少し手前(バジェギラーン)でTAXI下車。ここから先のエリアは国境バスが運行。

TAXIのオヤジともめるw
こういうことになるって予想してTAXI乗る前にあんなに何回もメモに書いて値段確認したのに、
違う値段言ってくる。

雪で道のコンディションが悪かったから追加料金かかるとか。
やっぱりな。あーめんどくさい(ΦωΦ)

国境の時間もこの先どれだけ時間かかるのかも未知で先を急ぎたい。
でも、この先かかるバス代を差し引いて再両替できないイランのお金を事前に相場を調べてその分だけ持ってきてるからこっちも譲れない。

少し多めにイランの残金あったし残してもすぐもうトルクメに入るし、結局1台34万Rだけ渡して国境バスに乗り込んだ。
TAXIのオヤジはもっと高い金額言って納得しなかったけどw

バジェギラーンから国境バスでイラン側のイミグレーションへ。<15,000R>

イラン出国へ。さらばイラン!
いよいよトルクメニスタンへ入国*






関連記事

0Comments