古都ブハラでのんびりDAYS

DSCF3846.jpg


ブハラでロングステイ*


▼PLACE:【Uzbekistan】Xiva→Bukhara

ヒヴァの町を出発。
ウズベキスタンで2都市目のブハラへ。

ヒヴァからシェアタクシーを乗り継ぎ経由地のウルゲンチを経て約7時間。
次なる目的地ブハラへ到着。

ちょうどいいサイズ感でのんびりした雰囲気が気に入って、1週間ほどゆっくり過ごしたブハラの町。


◆古き良き旧市街

古い町並みがステキなブハラ。
特に旧市街は世界遺産にもなっていて、日干しレンガの色あせた建物がとっても味がある。

DSCF3825.jpg

民芸品の雑貨屋さんや小さな工房を兼ねたお店も多く、
職人さんたちの手仕事してる姿もよく見かける。

DSCF3592.jpg

ド平日の真昼間からチャイとカードゲーム。
イスラム圏のおじちゃんたち特有のゆるーい空気が流れてる。

DSCF3589.jpg

モフモフ帽子店。
ウズベキスタンの男性は帽子率高し。

ウズベク族の短めの"ドッピ"から毛むくじゃらのモジャモジャ帽まで種類豊富。

DSCF3620.jpg

ヒヴァに引き続いてブハラにも可愛いウズベキスタン雑貨がいっぱいで大変。
飽きもせずブハラの町を歩いては雑貨を見てまわるのが楽しいのでした。

DSCF3577.jpg


◆ブハラさんぽ

古都ブハラは貴重なイスラム建築の宝庫とも名高い場所。
ブハラ歴史地区には水色の美しい玉ねぎいっぱい!

DSCF3611.jpg

一番の見どころはカラーンの大ミナレット。
高くて立派なミナレットがそびえたちます。

DSCF3822.jpg

青い空にもよく映えて綺麗。
だけど夕暮れ時の時間もすごく幻想的で、よく夕方にこの辺りをウロついておりました。

4本の水色玉ねぎミナレットが特徴的な"チャハル・ミナール"

DSCF3712.jpg

丸っこくてフォルムが可愛らしい。

ここは旧市街からは少し離れた場所にあって住宅街を歩いて行くのだけど、
道中や周辺には細い道とか生活感ある家が多くて路地裏さんぽが面白い。

DSCF3681.jpg

ブハラでも毎日のように色んな食堂でウズベキスタン料理を食べ歩いてたけど、
お気に入りがここのプロフ。にんじんの甘さ神業!

旧市街の端っこで遠かったのにランチはほとんどここに通って食べてました。
おばちゃんのプロフ最高です。


◆ハサミづくりにチャレンジ

ブハラは小さな町なので1週間もいる人はほとんどいないはず。
何をしてたかというと、ハサミづくり!

DSC01471.jpg

ハサミづくりの詳細は以前、世界新聞さんで書いた記事で★
↓↓CLICK↓↓
<コウノトリ型ハサミ>ウズベキスタンの凄腕職人に弟子入りしてみた

DSCF3750_20170519161438dfc.jpg

おじちゃんに教えてもらいながらトントン&カンカン奮闘。

DSC01452.jpg

コウノトリらしき形がだんだんそれっぽくなってきて

DSCF3778_201705191614412b8.jpg

思い出つまった1品が仕上がりました*
おじちゃんありがとう!


◆ブハラおすすめ宿

サラフォン B & B


ブハラの中心リャビ・ハウズの近く。50メートルほど。

泊まらせてもらった2階の離れみたいな個室は真新しくてとてもキレイでした。
部屋のインテリアも可愛かった。

寒かったこの時期には嬉しい床暖房付き!
ブハラ滞在後半は大雪でどこにも行けなかったから居心地の良いこの部屋で宿籠りw

DSCF3544.jpg

値段はふんわりとしか覚えてないけど確か1泊1部屋22€(朝食付き)
1週間少しいたけど、毎日朝食のメニューが違ってて色々用意してくれたおかげで飽きなかった。

DSCF3661.jpg

親切で英語も話せるご主人と素敵な家族で経営してるアットホームなお宿。


◆ウズベキスタン両替事情

ウズベキスタンの通貨は桁数が大きすぎるから、ちょっと両替しただけでもこの状態w
札束手にして大金持ちになったバブリー気分が味わえる(ΦωΦ)

レートがいいところで多めに替えときたいところだけど、なんせすごい札束の量になるw
いつもはマネーベルトにお金しまったりするけどさすがに入らん・・・。

リュックの奥底に敷き詰めたり、分散させたりと管理が大変。
ウズベキスタンの人は普通にスーパーの袋とか紙袋に札束入れて持ち歩いておられます。

DSC01416.jpg

ウズベキスタンは公式レートと闇レートで2倍近くも差があったりと、何かと両替事情がグレーゾーンでややこしや。
両替する場所によってかなりレートに差があったり、騙されたりも多いみたいなので両替する時は要注意。

入国前に一番レートが良いUSドルの現金のご準備を。

我々はウズベキスタン前はトルクメ、イラン、東欧を周ってたからなかなかUSドルの現金が引き出せるATMがなく…。
それを見越してその前にいたアフリカ最後の国ジンバブエで多めに調達してきたから何とかかんとか。

でも後半は宿代の支払いをユーロにしてもらったり、換算レートの交渉したりとか
やりくりに手間がかかりました。

ウズベキスタンを旅するうえで両替と札束管理は重要な問題なのですω





関連記事

1Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2020/02/05 (Wed) 18:21
  • REPLY