止まらぬ物欲。スザニを求めて@ウルグット

DSCF4238.jpg


ウルグットのスザニ市へ*



▼PLACE:【Uzbekistan】Samarkand

青の都・サマルカンド滞在中、ウズベキスタン雑貨を色々と物色。
市内のシヨブ・バザールの民芸品のお店もたくさん見て回ったけど、郊外にもお買い物に出かけました。

帰国まで残り少なくなってきた我々の物欲に火が付く…w


◆伝統工芸"サマルカンド・ペーパー"

サマルカンドペーパーの工芸品が買いたくて、サマルカンド郊外にある工房へ。
市内からミニバスに乗ってお出かけ。

DSCF4134.jpg

サマルカンド市内から車で15分ほど走り下車。

里山の緑と小川が流れる穏やかな景色の中にある「コニギル・メロス紙すき工房」。
紙すき風の可愛らしい看板が目印。

DSCF4137.jpg

工房とショップを兼ねていて、紙漉き体験をすることも。
中を見学してみることに。

DSCF4158.jpg

工房ではこんな風に作ってるんだよ~っていうのを見せながら説明してくれます。

DSCF4142.jpg

木の皮をコトコト煮て
型に入れてすいて…

サマルカンドペーパーは丁寧な手仕事で作られてゆきます。

DSCF4151.jpg

出来上がったサマルカンドペーパー。
手作り感溢れる味のある質感。だけど触るととっても丈夫。

DSCF4156.jpg

昔は王宮の人が手紙を書くのにも使われていたそうな。
歴史あるサマルカンドの大切な工芸品・サマルカンドペーパー。

渋くてカッコイイ紙。

DSCF4155.jpg

工房と併設されてるショップ。
サマルカンドペーパーの絵葉書とか雑貨やらが並びます。

DSCF4163.jpg

サマルカンドペーパーでできたしおりを大人買い(ΦωΦ)♡
ウズベキスタンっぽい柄や形が可愛かった。

DSC01600.jpg



◆ウルグットのスザニ市

ウズベキスタンに入ってからというものずっと狙っていたもの、スザニ。
刺繍をほどこされた色鮮やかで伝統的な織物布。

ブハラでも小さめのはすでにいくつか買っていたけど、大物狙いでスザニのバザールで有名なウルグットの市へ買い出しに。

DSCF4229.jpg

ウルグットはサマルカンド市内から40分くらいの郊外。
乗り合いバスで。

到着すると巨大なバザールが。
お目当てのスザニが売られてる市場の奥へ奥へと進みます。

DSCF4226.jpg

待ち構えるスザニ売りがズラリ登場。
噂通りのアピール合戦スタート!w

DSCF4222.jpg

みんな自分のご自慢のスザニを広げて必死にアピールしてくる。
特におばちゃんたちの勢いがすさまじい。笑

DSCF4224.jpg

完全なる包囲網に取り囲まれるカモな我々w
ゆっくり見たいし色々選びたいのにそれどころじゃないくらいにもみくちゃ。

勢いには圧倒されるけど、こっちも気に入ったスザニを手に入れるのに必死の攻防。

DSCF4217.jpg

ひとつひとつ手作りで模様も色も違ってて、次々に目移りしてしまう。
ウルグットのスザニの特徴でもあるティーポットのモチーフが入ったのが欲しくてティーポット大捜索。

DSCF4220.jpg

結局このウルグットのバザールでは狙ってた大きいサイズのスザニ2点をお買い上げ。

オフシーズンで全然他の観光客もおらず、売り手も1枚でも買ってもらうのに必死そうだったからか
値段交渉したらかなり下がったし大満足。

DSC01605.jpg

ウルグットのバザールで満足して帰ろうとしたところ、
帰りに乗り合わせたおじちゃんが家がスザニ屋だから見においでって。

怪しいかもと警戒心は持ちつつ、今買ったばっかりだから見るだけねって話でおじちゃん宅へ立ち寄り。

DSCF4234.jpg

おじちゃん宅へ着くと、そこには無数のスザニが!
期待してなかったけど…意外と種類も豊富っていう思わぬ展開。

スザニへの物欲はまだ終わらず、買い物2回戦へと突入。

DSCF4233.jpg

おじちゃんの所にはウズベキスタンだけじゃなくて、
タジキスタンやカザフスタンなど他の中央アジアの国々のスザニもたくさん。

中には100年以上も前のアンティーク布だったり。
こちらでも目移りが止まらず。。

DSCF4236.jpg

全然押し売りとかしてこないおじちゃんの人柄にも好感が持てたし、
旅も終盤ですっかり財布の紐がゆるんだ私たちはここでも追加で何点かお買い上げ。チャリーン!

ちゃっかりお昼をごちそうになる。


サマルカンドの宿に戻って、宿のおじちゃんに買ったスザニを見てもらってると
良いのが安く買えたな!そりゃ良い買い物だ!って言ってもらえて大満足のスザニ・ショッピングでした。


◆絨毯工場

スザニやウズベキスタンの布に興味深々だった私たちはサマルカンド市内にある絨毯工場にも行ってみた。

DSCF4241.jpg

立派な工場内には作業中の女の子たちが。
ひとつひとつ手で織り上げる緻密な作業中。

DSCF4258_201706281706335a4.jpg

トライしてみようと頑張ったけど、複雑かつ細かすぎる作業に心…バッキバキ。
恐ろしく私には不向きであろう繊細なお仕事。

DSC01614.jpg

仕上がった絨毯は手織りとは思えないクオリティの高さ。
艶やかで高級感ある美しい絨毯が並んでおりました。

DSCF4262.jpg

DSCF4263.jpg

絨毯をはじめ、ここで売られてる製品は私たちに買える値段のものは何一つ存在せずw
絨毯工場は買い物目的ではなく作業の見学目的なら楽しめる場所。



買った大きいスザニは折りたたんでもなかなかのかさ張り具合。
そして、ずっしりと重い。

またしても荷物の重量を大きく増やしたサマルカンド滞在でした。




関連記事

2Comments

竜太  

お久しぶりです☆

まいちゃんご無沙汰してます! 2010年にカッパドキアで少し一緒だったりゅうたです(分かるかな?)。
9月にウズベキスタン旅行を計画していて、情報収集していたら偶然ハサミ職人に弟子入りの記事を見つけ、ここに久しぶりに辿り着きました。
ウルグッドも工房も知らなかったので情報ありがたかったです。しおり絶対欲しい!
素敵な写真と文章にもさらに磨きがかかったようで、しばらくブログ読みふけってしまいました。
世界中の雑貨に囲まれた自然の中での暮らし、憧れます。

  • 2018/06/11 (Mon) 12:16
  • REPLY
TAKUYA+MAI

TAKUYA+MAI  

Re: お久しぶりです☆

りゅうたさん

お久しぶりです!もちろん分かる!笑 カッパドキアで一緒だったのがめちゃ懐かしいなぁ
だいぶ放置してるうえに気まぐれなブログにたどり着いて読んでくれてありがとうw
そしてメッセージもらえて嬉しいです。

ウズベキスタン行くのね!うらやましい!また私も行きたい国です。
ぜひ可愛いしおりたくさんゲットしてきてください*
今は兵庫でのんびり暮らしてます~また関西に来る機会があればお声がけください(^^)

  • 2018/06/13 (Wed) 23:04
  • REPLY